快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧



50代女性のお客様Aさん。ご来院の際、お友達についてのご相談を受けました。最近骨折され、病院に通院中とのこと。「均整法的に、何かできることはあるでしょうか?」

「はい、ここ胸椎2番は体内のカルシウムの状態が現れますので、骨折のときに歪みが出やすく、整えるとよいですよ」とお伝えしました。
位置を示すため、Aさんの胸椎2番を押さえると、左側がコリコリと硬くなっていました。

もちろんAさんに骨折はありません。何か別の理由かもと、本日ご来院の理由を伺うと、左腕をバンザイしようとすると、二の腕(上腕)が痛むとのことでした。

水平くらいのところで痛むようです。そっと触らせていただくと、右の二の腕と比べて凝っている箇所がありました。胸椎2番左側の凝りも、この辺りに関係がありそうです。

そう推測しながら仰向けになっていただくと、長い髪で隠れていてわからなかったのですが、右の目尻に絆創膏が。

伺うと、病院で「面疔(メンチョウ)」と言われた、とのこと。ちょっとしたできものができてしまったようです。

これで二の腕の凝りの原因が分かりました。二の腕には、できものや虫刺されその他、要するに体にとって毒になるものがある状態のときに反応の出やすいツボ「奪命(ダツメイ)」が位置しているのです。

奪命(ダツメイ)は、大腸経ラインのそばにありますが、ラインから少しはずれた「奇穴」と呼ばれるツボ。
もうひとつ、足にも同じように解毒(デトックス)に作用する「築賓(チクヒン)」というツボがあります。こちらは腎経ライン上に。
観させていただくと、右足の築賓に凝りがあり、押さえると「痛いですねーっ」と。

左腕と右足、ちょうど対角線の凝り同士で引っぱり合うかたちで、全体として体が捻れています。

築賓をメインに体の捻れをとる「回旋型(捻れ型)」調整により、お帰りになる頃には、上までバンザイができるようになりました。

ちなみに、胸椎2番はカルシウム吸収の他、デトックスとしても用いることができ、奪命との合せ技に最適です。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


身体均整法「講座集復刻版」をお持ちの方は、第6集の「救急均整操縦法」をご覧下さい。胸椎2番と奪命との合せ技が掲載されています。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。



※均整法では「回旋型」「左右型」「前後型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



11月28日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-10-29 08:23 | 腕の痛み

【2016年】

◯12月3日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、「息切れしやすいと感じたら」との見出しで、呼吸筋の衰えについて、記事が掲載されていました。「姿勢で特に注意したいのが、パソコンやスマートフォンに向かう時の猫背」「背中が丸まった姿勢では横隔膜が常に上っ…もっと見る


1210日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、「おなかの張り・ガス抑えたい」との見出しで、おなかの張り解消についての記事が掲載されていました。腸内にたまるガスのもとは大きく2つ「口から飲み込んだ空気」「腸内で発生するガス」とのこと。ガスは軽くて肛門まで下りにくいため、就寝前と起床時に寝た姿勢のまま左右にゴロゴロ転がり、腸を動かす体操も紹介されていました…もっと見る


12月4日(日)の日経新聞に、「長引く便秘 侮るなかれ」との見出しで、便秘解消ついての記事が掲載されていました。12月6日(火)の産経新聞には、「ぎっくり腰を予防」との記事が。便秘とぎっくり腰。なぜ並べたかと申しますと…もっと見る


11月20日(日)の読売新聞に、「影響し合う脳と腸」の見出しで「脳腸相関」についての記事が掲載されていました。脳腸相関とは「脳と腸は互いに影響し合い、腸が健康だと脳も健康になる考え方」とのこと…もっと見る


1113日(日)の日経新聞に、「冬の鬱病(季節性情動障害)」についての記事が掲載されていました。「冬に日が短くなるとセロトニン(感情を制御し精神を安定させる神経伝達物質)が不足し、気分が落ち込んだり、体がだるくなったりする」とのこと。「日が長…もっと見る


11月6日(日)の日経新聞に、「五十肩・四十肩」についての記事が掲載されていました。「五十肩、肩関節の炎症 2年で軽快」との見出しに続き、「炎症の明確な原因は特定されていない」「やがて炎症が治まってくると、痛みは薄れるが、肩を動か…もっと見る


10月29日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、頭痛についての記事が掲載されていました。埼玉精神神経センター内「埼玉国際頭痛センター」が行った約4000人へのアンケート調査によると、もっとも多かったのが「緊張型頭痛」、次に「片頭痛」とのこと。…もっと見る


10月22日(土)の朝日新聞「be on Saturday」に、「しゃっくりの止め方」についての記事が掲載されていました。「しゃっくりは、肺の下にある横隔膜が収縮する(下がる)のと同時に、気管の入り口にある声帯が閉鎖して起きる」とのこと。…もっと見る


10月16日(日)の日経新聞に、顎関節症についての記事が掲載されていました。(中略)「顎関節症の治療には決定打といえるものがなく、各病院が様々な方法を手探りしている状況だ」とも。約10年前、思い出深い出来事がありましたもっと見る


◯毎年この時期には、「秋は肺の季節」をテーマにした施術例ブログを書く機会が増えます。10月9日(日)の読売新聞、お天気キャスター森田正光さんのエッセイ『晴考雨読』のテーマも、まさに「『秋は肺』体調管理ぜひ」でした…もっと見る


◯10月8日(土)の朝日新聞「be on Saturday」に、ドライアイについての記事「予防対策の要は三つの『コン』」が掲載されていました。「パソコン」はまばたきの回数減少、「エアコン」は湿度低下…もっと見る


◯本日(10月4日)の東京新聞「暮らし」面に、「就寝中の食いしばり 歯ぎしり」についての記事が掲載されていました。ブラキシズムと呼ばれ、「あごに負担がかかるため、顎関節症につながる場合もある」とのこと。…もっと見る


9月27日(火)の産経新聞に、「筋力維持に有酸素運動」とのタイトルで、筋肉についての記事が掲載されていました。「筋肉は心臓の壁を構成する『心筋』、消化管や血管など内臓の壁を構成する『平滑筋』、骨に付いている『骨格筋』の3つに大別されます」とのこと…もっと見る


9月17日(土)の日経新聞に「低血圧、あなたのタイプは?」とのタイトルで、低血圧症についての記事が掲載されていました。「『朝、なかなか目が覚めない』(中略)特に何か病気があるわけでもないのに、そんな症状が続くのは低血圧のせいかもしれない」とのこと。…もっと見る


今朝(9/13)の産経新聞に、「歩幅を広げて速足で」とのタイトルで、「腸腰筋」についての記事が掲載されていました。先日は日経新聞に、腸内環境を整えるために腸腰筋が大切とありました。腸腰筋、注目されているようです(^-^)b 「大腰筋」と「腸骨筋」を合わせて呼ぶときの名称が腸腰筋もっと見る


9月1日(木)の日経新聞夕刊に、「腸の善玉菌増やそう」とのタイトルで善玉菌を増やすための3つのコツが掲載されていました。「食物繊維多めに」「発酵食品をとる」「腸腰筋を鍛える」とあり、主に最初の2つについて詳しく書かれていました。最後の「腸腰筋」とは、…もっと見る


8月28日(日)の日経新聞に、「夜尿症 我慢せず受診」との記事が掲載されていました。夜尿症は腎臓でできる尿の量が多すぎるか、尿をぼうこうにためられないことが直接の原因、とのこと。(中略)仙腸関節が硬くなると、仙椎2番の働きにも影響しますので、仙腸関節調整がポイントになるのです…もっと見る


8月21日(日)の日経新聞に、「長引く胃もたれ、専門医に」とのタイトルで、機能性胃腸症についての記事が掲載されていました。胃の調子が悪いのに内視鏡などで調べても異変が見つからない人は、機能性胃腸症かもしれないとのこと。「若い女性に多いが理由は不明」「ストレスやそれに伴う不安がもっと見る


先月、7月26日(火)の東京新聞に、「しつこい肩こり、腰痛解消」のタイトルで、「筋膜リリース」についての記事が掲載されていました。筋肉を覆っている筋膜のよじれをほぐすことで、しつこい肩こりや腰痛などを解消する「筋膜リリース」が注目されているとのこと。もっと見る


7月28日(木)の日経新聞夕刊に、「『未病』の改善、県が挑む」とのタイトルで、神奈川県が乗り出した、未病改善への試みについての記事が掲載されていました。(中略)記事内「健康長寿の10ヶ条」には、腹八分目、快眠、快便、会話のある生活などの他に「正しい姿勢」も入っていました。均整法の…もっと見る


7月30日(土)の朝日新聞 be on Saturday「続・元気のひけつ」に、「あせも」についての記事が掲載されていました。「汗を急激に大量にかくことで、汗の通り道である『汗管(かんかん)』が詰まり、汗が皮膚の内側にたまることが主な原因」とのこと。また、汗でかゆくなるもの全てがあせもというもっと見る


◯7月23日(土)の朝日新聞、広告特集ページ「ボンマルシェ」に、「夏こそ、『胃腸ケア』を!」のタイトルで、ツボを押して健やかな胃腸をキープする方法が掲載されていました。中脘(チュウカン)、天枢(テンスウ)、太衝(タイショウ)など胃腸や肝臓のツボとともに、神門(シンモン)、内関…もっと見る


◯7月5日(火)の東京新聞に「リオ五輪 時差12時間と戦う」のタイトルで、医科学からの体内時計サポートについての記事が掲載されていました。スポーツの試合ではなくビジネスですが、快風院には、海外出張が多くて疲れが抜けない方もご来院されます。ときには月に何度もいったりきたりして、時差にもっと見る



◯6月26日(日)の日経新聞に、「股関節痛っ!! 減る軟骨 中年女性ご用心」とのタイトルで股関節の痛みについて、記事が掲載されていました。「軽い運動で筋力をつけて股関節の負担を減らすことは効果的とされる」とのこと。「例えばあおむけに寝た状態で、膝を立てて骨盤をねじったり、足を開閉し…もっと見る


6月19日(日)の日経新聞に、「血管年齢知って病気の芽を摘む」とのタイトルで、動脈硬化についての記事が掲載されていました。「加齢などが原因で動脈が硬くなった状態を多くの医療機関では『血管年齢』と呼ぶ数値に変え、患者に分かりやすく伝えている」とのこと。「動脈が硬くなるのは加齢のほ…もっと見る


かなり日が経ってしまい失礼致しますが、4月16日(土)の日経新聞に「妊娠に備え、20代からできること」との記事が掲載されていました。「冷えや喫煙にも注意が必要だ」「骨盤内の血流が悪いと卵巣の働きが低下しやすい」とも。均整法視点からも、妊活のために骨盤はとても重要です。もっと見る


6月4日(土)の日経新聞に「その疲れ、『休め』のサイン」との記事が掲載されていました。「厄介なことに、体は疲れているのに疲労感を自覚できなくなることもある。(中略)自覚しにくい疲労の状態を知るため、最近は疲労を客観的に評価するバイオマーカー(生物学的指標)の開発が進む。自律神経のバランスもっと見る


5月21日(土)の日経新聞に「だるい・寒け…甲状腺が原因かも」との記事が掲載されていました。「甲状腺は、(中略)甲状腺ホルモンを作る組織だ。このホルモンが不足すればだるさや冷え、過剰になれば動悸や多汗など、様々な不調を引き起こす」とも。(中略)頸椎5番と6番に4番も加えた3つの椎…もっと見る


少し前のことですが、5月7日(土)の日経新聞に「便秘、タイプ別の解消法」との記事が掲載されていました。「ねじれ腸」というタイプの便秘があり、「対策は意外と簡単、ねじれている場所を外からマッサージする」とも。均整法では、体の歪みタイプを12種類に分けて考えます。その中に、まさに「ねじれ型(回旋型)」があります…もっと見る


4月2日の日経新聞記事『もんでもダメな肩こり どうすれば』「ずっと座っていると、第2の心臓といわれるふくらはぎの血流が悪くなり、肩など上体へ血流が戻りにくくなる」と書かれていました。(中略)ふくらはぎの血流が悪くなる原因を均整法視点から眺めると、「副腎」もポイント…もっと見る


◯3月26日の日経新聞記事「緊張の春、呼吸法で乗り切る」。春は人事異動や新入学、進級など新しい環境への期待が高まると同時に、緊張や不安も増す季節。そんなときに役立つ、心と呼吸の関係について書かれていました。均整院にいらっしゃるお客様の中にも、「息がしにくい」とのお悩みを訴えるもっと見る


◯3月1日の日経新聞夕刊に、作家、山口恵以子さんのエッセイ『めまいと耳鳴りとアナウンサー』が掲載されていました。以前、とても悩まされたそうです。「当時開業間もなかった兄の整体院に通って、身体のバランスを整える治療を続けたら、なんとかめまいと手を切ることが出来た(本文より引用)」もっと見る



2月4日の日経新聞に「普段ほとんど笑わない人は、よく笑う人の1.5倍以上、体調不良を感じやすい」との記事が掲載されていました。お年寄り対象の調査をもとに、笑いの効用について書かれていたのです。先日、うつ伏せでの施術中、急に笑い出された女性のお客様がいらっしゃいました。施術がくすもっと見る


年末、12月26日の日経新聞に「いい初夢が見たい…」のタイトルで記事が掲載されていました。規則正しい睡眠で、悪夢予防ができるとのこと。皆さんの初夢はいかがだったでしょうか。実は均整法にも、悪夢解消調整法があるのです(^-^)b ポイントは腰椎1番。均整法12種体型「頭脳型」を構成する椎骨で…もっと見る


【2015年】

11月21日(土)の日経新聞に「女性に多い尿漏れ・頻尿」とのタイトルで記事が掲載されていました。正しく骨盤底部筋(下図参照)を動かすトレーニングを2〜3ヶ月続けると、中等度までの尿漏れなら6〜7割の人が改善するとのこと。あとの3〜4割の方々に、均整法で何かお手伝いできることはないのもっと見る

7月12日(土)の日経新聞に、「せきぜんそく 潜む危険」との記事が掲載されていました。「夜寝るときに、空ぜきがずっと続いてなかなか寝付けない」「1〜2ヶ月以上続くことが珍しくない」「花粉症などアレルギー患者が増えていることも、せきぜんそくの増加につながっている」とのこともっと見る


6月27日(土)の日経新聞(NIKKEI プラス1)に、「気象病 知っていますか」との記事が掲載されていました。天気の変化によりめまいや肩こりがしたり、片頭痛や膝痛その他の持病が悪化するなど、特にこの梅雨の時期に多いそう。記事内に「内耳」「交感神経」「副交感神経」「気圧センサー」もっと見る


6月20日のヤフーニュースに、「<鎮痛薬が効かない>第三の頭痛とは」との記事が掲載されていました。その正体は、頸椎1番と2番の間から後頭部へと伸びる神経が関わる「大後頭神経痛」とのこと。そして最大の原因が「姿勢の悪さ」とありました。例えば、正面ではなく斜め前に設置したパソコンのもっと見る


◯6月13日(土)の日経新聞(NIKKEI プラス1)に、「40歳になったら胆石にご用心」との記事が掲載されていました。予防法のひとつに「規則正しい食習慣により、胆汁の流れを滞らせないこと」とありました。均整法視点からは、胆汁が総胆管を通って十二指腸へと分泌される出口、「ファーター乳頭もっと見る


一昨日(5/2)の日経新聞に、「肩 きちんと使えてますか 〜つらいこり 脇の筋肉が原因かも〜」との記事が掲載されていました。「脇」。どこかに関連のブログを書いたことがあったはず、と探してみたら、ありました…もっと見る


先週土曜日(4/18)の日経新聞に「なぜか続く胃腸の不調」との記事が掲載されていました。胃のムカムカや、腹部の張りが続くそうです。検査では異常が見られないのに。「機能性胃腸症」と呼ぶそうです。そんなときには視点を変えて、横隔膜調整…もっと見る
快風身体均整院 田川直樹)


e0073240_0233818.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」より



全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「前後型」「回旋型」「左右型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



10月24日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-10-22 07:49 | 均整法視点から新聞の健康記事を読むと

20代女性。子育て中の疲れからか、最近夕方になると、下を向いたときに頭がフワフワする感じがして辛い。

「フワフワする」「フラフラする」「グルグル回る」などを感じる不調は、耳や脳に関わる場合もありますから、病院での受診は大切。

その上で、現在の姿勢や動きに、普段と違ったどのような不自然さがあるかを見つけます。

この日はお子さんを預けての、午前中のご来院でした。

そっと下を向いていただくと、とても向きにくそうです。アゴが胸につきません。

逆に、上を向くのは真上の天井を通りすぎるほど、どこまでも行きそうです。

均整法では、このような「前後の動き」に特徴がある体型を「前後型」として調整します。

前後型は別名「頭脳型」。頭の疲れ(脳疲労)は、前後の動きのアンバランスとして現れやすいのです。

丸一日、気を張って育児に追われ、夕方になる頃、脳疲労が増すと、さらに下を向きにくくなると考えられました。

前後の動きを支えている椎骨の中から、胸椎1番、9番、腰椎5番(下図参照)を整えると、「えっ? アゴって胸につくんですね!」とのこと。

e0073240_07471576.jpg
「iris-irisのフリーウェア」

中でも胸椎1番は脳に血液を送る「椎骨動脈(下図参照)」との関係が深く、動きが硬くなると脳への血流にも影響します。

e0073240_08230405.jpg
3D4Medical『Essential Anatomy 5』

ちなみに胸椎9番は肝臓と、腰椎5番は股関節と関係が深いです。

このように椎骨は1つひとつにも役割があり、またいくつかが連動して前後左右などの動きを担当する役割もあるのです。


『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


例えば、冒頭の女性とは逆に、上を向くと首が辛くてご来院の40代女性。甲状腺の手術経験がありました。

甲状腺(下図の赤褐色の臓器)と関係が深いのは頸椎5番や6番。甲状腺の不調により、この2つの椎骨の動きも硬くなっていたようです。

e0073240_08060811.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

特に頸椎6番でつかえて、上に向きにくいご様子。真上の天井を見ることができません。

このようなとき、頸椎6番は直接触らずに、6番と連動する役割を持つ椎骨は、胸椎3番、7番、11番……と順に整えていくとよいのです。

お帰りの際には、真上の天井を見ることができました。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「前後型」「回旋型」「左右型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



10月24日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-10-15 08:51 | 自律神経

その1( 2015年4月15日の記事)はこちらです。


今回も捻れと、その捻れをとる方法をいくつかお話しします。捻じれとり法を身につければつけるほど、様々な不調への応用が広がります。

30代女性。自宅でストレッチをしているとき、右肩を入れ込むポーズをがんばりすぎて痛めた。整形外科に通院中。

かなりよくなってきているが、下から背中に手を回す動作が、以前よりも硬くなったとのこと。

e0073240_09355624.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

ここでは先週お話しした、胸椎3番からの「捻れとり」法が活躍しました。

先週の記事内では、胸椎3番から首を調整しました。今週は肩の調整に用います。

座ったままの姿勢で背骨を触らせていただくと、胸椎3番が捻れてガッチリ固まっていました。

胸椎3番は肩の動きの支点になるため、ここが捻れて固まると肩の動きに影響します。

肩が痛くてしばらくあまり動かさずにいたため、胸椎3番が固まり、肩がある程度治ったあとも、動きを制限してしまっているようでした。

そのまま胸椎3番調整で、最初よりも後ろ手の動きが楽になることを実感していただいてから、メイン調整に入りました。

別の30代女性。いつもは左肩が痛むのに、今日は右肩が、とのこと。

座ったままで上半身を左右に捻っていただくと、左に捻じりやすく、右には捻じりにくくなっていました。

肩ですから、先ほどと同じく胸椎3番でまずこの捻れをとろうと思ったところ、こちらの女性は3番ではなく、5番を中心に上半身が捻れていました。

時期は8月でした。夏は漢方でいうところの「心(心臓)」の季節。

胸椎5番は「心兪(しんゆ)」に近く、10番の「胆兪(たんゆ)」とシーソーのように連動します(下図参照)。

そこで、10番を整え、連動させて5番の捻れをとり、上半身の左右への捻じり動作を同じにしてからメイン施術へと進みました。

同じ夏の時期、40代男性への施術。

やはり心臓の季節からの捻れをとりたかったのですが、最初に別件で仰向けになっていただいたので、また座り直して背中を施術するのはお手数をかけてしまいます。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


そんなときには、肋骨の「ハの字」と足裏の「ハの字」の同形相関を用います(下図参照)。

同じかたち、似たかたちの部分同士も連動するのです。

「巨闕(こけつ)」と呼ばれる、心臓に関わる大事なツボを含み、肋骨ハの字を中心に捻れていましたので、足裏ハの字から操作して整え、夏の捻れをとりました。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。



※均整法では「回旋型」「前後型」「左右型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



10月24日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-10-08 08:38 | 整体って?

30代男性。休日のスポーツで首を痛めた。だいぶよくなってきたが、ベッドから起き上がるときに、まだ首の左側つけ根が痛む。

ベッドに横になろうとするときには痛くないそうです。起き上がるとき、頭の重さを支えると痛いとのこと。

施術では普通、まず仰向けやうつ伏せ姿勢になっていただくことが多いです。

今回の男性は、その際のポジションを変えるときに辛そうですから、まずはベッドの端に腰かけていただいたまま施術開始。

「体のどこかに痛いところがあるときには、まず捻れをとる」

均整施術で心がけるポイントのひとつです(2015年4月18日ブログ「どこか一部が痛いときの体は、全体的にも捻れています」をご参照下さい)。

具体的には12種類の体型のうちの「回旋型(捻れ型)」調整を行います。

お顔を左右に向けていただくと、左に向いたときに、つけ根あたりがつまって向きにくいとのこと。

ここは痛めた首そのものですので病院に任せ、首をさらにその下で支えている胸椎3番(下図参照)を整えます。
均整施術はどんな姿勢でもできるのがいいところ。座ったまま、胸椎3番を用いた回旋型調整でお顔は左にも向きやすくなりました。

ここから目指すは、寝たり起きたりするときの「起きたり」動作の改善です。

「寝たり起きたり」の動作は、言い換えれば「前後」の動作。12種体型には「前後型」もあるのです。

よって、今回の男性に必要と観たのは、回旋型+前後型調整。

捻れていては前後への動きもしにくいですから、まず捻れを座ったまま解除し、その後メイン調整として、うつ伏せでの前後型調整という流れです。

最後は仰向け姿勢で首の様子をチェック。頸椎の歪みも消えていましたので、起き上がっていただくと、その動作中「あれ? 大丈夫です」とのこと。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


今回の男性はスポーツをきっかけとした歪みでしたので、筋骨格系を中心とした施術が当てはまりました。

具体的には、斜角筋や僧帽筋(下図参照)に関係する頸椎2番や6番を整えるための、胸椎3番調整でした。

寝違えでも今回の男性のような、頭を支えるのも辛い状況ってありますよね。

寝違えは多くの場合、内臓疲労から起こります。

首から各内臓に向かって、内臓を動かすための迷走神経(下図参照)が伸びているため、内臓疲労が首に直接伝わり、首の筋肉の凝りや頸椎の歪みにつながるのです。

中でも肝臓疲労からの寝違えは多いです。


先日いらした30代女性は、左を向くと右首が痛むとのことでした。

肝臓の凝りを、足の親指からほどかせていただくと、お顔をどちらに向けても大丈夫になりました。
e0073240_07373813.jpg


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。



※均整法では「回旋型」「前後型」「左右型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



10月24日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-10-01 07:58 | 首の痛み