快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



40代男性Aさん。施術途中に「あれ? 鼻水が止まった」とのこと。

毎年、秋の花粉に悩まされるそうで、うつ伏せの施術の際、ご持参したハンカチをたたみ、鼻の下に敷かれていました。

何度か施術を受けて下さっている方はお分かりかもしれませんが、うつ伏せでの背中施術を受けた感じ、日によって違うことがあると思います。

たとえば背中の筋肉を頭や足の方向にスーッと引き伸ばされているようなときもあれば、どこかをピンポイントでポンッ、ポンッとはじかれているようなときもあります。

大きく分けると、スーッと引き伸ばす刺激は頭の疲れた方に、ポンッとはじく刺激は内臓疲労の方に用いている場合が多いです。

はじく刺激をうまく用いると、疲れた交感神経を元気づけることができます。

冒頭の「鼻水」は、副交感神経が働きすぎるとよく出ます。交感神経が元気になるとシーソーのように副交感神経がしずまるのです。

鼻水が止まったのは、内臓疲労調整の副産物だったというわけです(手前味噌ですが、拙著『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』の足首輪ゴムも、この原理を応用しています)。

快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみにAさんは胆のうを中心とした内臓疲労でした。
そのAさんと同じく胆のう疲労からの肩こり、30代女性Bさん。以前いらしたときはそんなご様子はありませんでした。

近況を伺うと、海外赴任中とのこと。休暇で帰国されているときにご来院下さったのでした。

日本にいるときと食事の内容がずいぶんと変わったそうです。全般に油っこい料理が多いとのこと。それで合点がいきました。

前回いらしたときの「スーッ」刺激よりも、「ポンッ」刺激が多めの施術となりました。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「頭脳型」「消化器型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



11月28日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集

 (来年3月まで毎月1回開催しますので、ご興味あればぜひ、ご参加下さいね。)

※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-11-26 08:06 | 施術はどんなことするの?

20代女性Aさん。最近、歩いているとだんだん左股関節が痛くなってくる。

40代男性Bさん。最近、左首や肩が凝る。

「左」で共通しています。もうひとつ共通していることがあります。「最近」です。

お二人のご来院は11月初旬のことでした。「立冬(りっとう。今年2016年は11月7日)」の前後。季節の変わり目の頃です。

1年を暑い時期と寒い時期に分けると、体は暑い時期には副交感神経が優位になります。

そこから秋を経て、寒い冬の時期に向かうにつれ、体は寒さを乗り越えるために交感神経優位になります。

この切り替わりがスムーズであればよいのですが、夏の時期に体を冷やしすぎたり、寝不足が続いたり、お仕事が忙しかったり他、夏の疲れがたまっていると、うまく切り替われない、あるいは切り替わり時の反動が大きくなりすぎることがあります。

体は交感神経優位で左重心に、副交感神経優位で右重心になることは前回(2016年11月12日)お話ししました。
冒頭のお二人を始め、お客様の不調を伺ったあとには、必ず重心側を調べます。

Aさんは座った姿勢で上半身を左右に捻っていただくと、左には捻じりやすく、右には捻じりにくくなっていました。

緊張のある左半身側にはその緊張に引っ張られて捻じりやすいのですが、右に捻ろうとすると、左半身の緊張に引っ張られて捻じりにくいのです。

Bさんは仰向け姿勢で両膝を立て左右に倒していただくと、右に倒れにくく、左に倒れやすくなっていました。
e0073240_07460844.jpg
こちらもポーズは違うものの、Aさんの場合と同じく、左半身の緊張を表しています。

不調を伺い、重心側をその場に応じたポーズで調べた後、左右同じに動くようにバランスを調整させていただき、施術終了。

左股関節や左首・肩にはほとんど触らなくて済みます。

結果的に左半身全体の緊張感が取れれば、首肩も凝ることはなく、歩いているときに左股関節に乗りすぎることもなくなるのです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

排卵後から生理が終わるくらいまで、お腹や背中が張ったり痛かったり、頭痛がしたりする40代女性Cさん。特に季節の変わり目にお辛いご様子。

排卵は交感神経が、生理は副交感神経が主に担当しますから、上記の赤文字の時期は本来、交感神経優位から副交感神経優位に切り替わるときです。

重心でいえば、体は左重心メインから右重心メインに切り替わっていかなければなりません。

Cさんの場合、この時期になっても体が左重心メインのままでしたので、AさんやBさん同様の、左→右重心への切り替え施術をさせていただきました。

AさんとBさんは副交感神経メインから交感神経メインへの切り替わり時の反動が大きすぎた例、Cさんは交感神経メインから副交感神経メインへうまく切り替われなかった例としてお話しさせていただきました。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「左右型」「前後型」「回旋型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



11月28日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集

 (来年3月まで毎月1回開催しますので、ご興味あればぜひ、ご参加下さいね。)

※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-11-19 07:22 | 股関節の痛み

60代女性Aさん。右手首の親指側が痛む。

40代女性Bさん。左手首の手の甲側が痛む。

手首を含め、腕の不調は「肩甲骨」が鍵のひとつ。肩甲骨の内側にコリコリが出ますから、それを整えるのです。

e0073240_07215766.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

Aさんは右内側の上のほう、Bさんは左の下のほうにコリコリがありました。

ただし、いつもお話しするように、全体とのつながりが大事です。さらにその前に病院での受診もお忘れなく。

Aさんはどうやら、家事による右手の使いすぎのようでした。

Bさんはというと、デスクワーク時のパソコン作業がひびいているものの、それだけではなさそうです。

施術をしながらお話を伺っていると、最近、職場のレイアウトチェンジがあったとのこと。

右横にとても気を遣わなければならない上司が移ってきて、常に右側からプレッシャーを受け、そのために左重心になっていたようでした。

左手首だけではなく、左腰、左肋骨、左足首など、左半身全体が固まっていました。

人は緊張して交感神経が働くと左重心になります。右側からのプレッシャーを感じ、なおさら左重心が強くなり続けていたのでしょう。

e0073240_07364784.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

手首から肩周りを整えることもできます。

50代女性Cさんは強度の肩こりでご来院。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

肩というよりも、胸から上がパンパンでした。たとえが失礼ですが、鳩やフクロウが胸を膨らませたときのような感じです。

e0073240_09271769.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

ストレス解消にタバコも吸われますので、肺疲労により肋骨が内側から押し上げられ、肩がきつかったのです。

e0073240_07524142.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

肋骨が押し上げられてふくらんだ分、シーソーのように骨盤が締まりすぎていました。

手首と骨盤が連動する性質(水平相関。下図参照)を用いて、両手首調整で骨盤を解放。いい意味で広げた骨盤に、肋骨をストンと落として差上げました。

e0073240_07553675.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。

本日(2016年11月12日)は「身体均整法学園」来年度生募集説明会です。来年3月まで毎月1回開催しますので、ご興味あればぜひ、ご参加下さいね。



※均整法では「回旋型」「左右型」「前後型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



11月28日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-11-12 08:34 | 腕の痛み

20代女性のお客様。「最近、食欲がわかなくて」と。

右肩下がりの姿勢をしていらっしゃいました。

食欲というと胃の調子を思い浮かべる人も多いと思います。

もちろん、消化器系その他に大事ないかどうか、病院への受診も視野に入れておきましょう。

その上で考えたとき、食欲をコントロールしているのは、実は肝臓。

肝臓は消化液(胆汁)を作って胆のうに溜め、脂肪の消化に使います。

肝臓が疲れて胆汁を作りにくくなったり、胆のうから出しづらくなると脂肪の消化がうまくいきません。その結果、食欲もわかなくなります。

肝臓疲労状態と連動して右肩は上がったり下がったりするため、肝臓疲労や食欲の状態を現す目安になるのです。

「なぜ肝臓が疲れるのですか? そんなにお酒も飲まないのに」とのご質問。

肝臓はアルコール以外にも、体に入ってきた様々な不要物を分解して体の外に排出する働きをしています。その仕事が忙しくなりすぎると肝臓は疲れます。

また、他の原因(打撲、同じ肩ばかりにバッグをかけたり、等)で下がった右肩に圧迫されて働きが弱まり、疲れることも。

などとお話ししながら、仰向け姿勢で季肋部の右側(下図赤丸、肋骨の「ハの字」付近)をそっと押さえさせていただくと「う……何か張っている感じがします」とのこと。
肝臓疲労を解消する「太衝(タイショウ。下図参照)」を通り、足先から右季肋部を狙って整えていると、そのうちギュルギュルギュルと、胆のうからの音が聞こえてきました。
肝臓とペアである胆のうからの音が、肝臓疲労調整がうまくいったかどうかのひとつの目安になります。

また、仰向けで両膝を立てて左右に倒したとき、肝臓疲労があると、下の写真のように、右にはよく倒れても、左には倒れにくくなります。肝臓の凝りに引っ張られるからです。

e0073240_07232292.jpg

この左右倒しの動きが同じになることも、肝臓疲労解消の目安です。


『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



秋は肺の季節。もうすぐ立冬(2016年は11月7日)が来て、季節は冬、「腎の季節」に変わります。

季節の変わり目により、肺が肝を抑える「相剋(そうこく)」の関係(下図の矢印のうち、☆型の組み合わせの部分)が強まりすぎていた面もあったようです。

体内の不要物排出を促進するため、先週(2016年10月29日)も登場したデトックスに用いるツボ「築賓(チクヒン)」を合わせて調整。


右肩下がりはすっきり上がりました。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。



※均整法では「回旋型」「左右型」「前後型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



11月28日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-11-05 07:52 | 肝臓