快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「内臓体壁反射による異常観察と調整テクニック概論」


e0073240_121583.jpg5月24日に身体均整師会出版部から発売された、南一夫先生(身体均整法学園「観歪法」講師)による身体均整法の本です。


学生として南先生に観歪法を習ってから、早くも8年が経ちました。

すぐに思い出されるのは、先生が毎回おっしゃっていた「間違った刺激を入れるな!」ということです。

「観歪法(かんぷほう)」というのは、文字通り「歪みを観察する」ための技術。

例えば肝臓に慢性的な負担のかかっている人は、頚椎の左側と肝臓をつなぐ左迷走神経に反応が出ていて、左肩の凝っている場合があります。

それを観歪法によって事前に観察しておくことが、その後の施術にとって非常に重要なのです。

左肩の凝っている原因を観ないで、「凝ってますね〜っ」と、左肩の筋肉をギューギューこねていったとしたら、疲れている肝臓に余計な刺激を与えて、より疲れさせてしまうかもしれません。

また、女性では生理とそうでない時期、妊娠初期と後期などで、自律神経のバランスが変わります。

それを視野に入れずに、いつもと同じ流れの施術を繰り返すと、あるときは歪みがとても整ったのに、あるときには逆に、さらに歪んでしまう、ということもあるのです。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

現在、整体を始め、各種手技療法に取り組まれている方。長年ノートに書きためている疑問を一掃するには、必携の一冊です。

整体をこれから勉強したいと思っている方。数ある整体の中から均整を選択するしないに関わらず、ぜひ一度手に取ってみて下さい。どの整体に進むにしても、将来必ず役立ちます。


合わない枕や、体の構造に沿わない体操などがその人に与える影響も、間違った刺激のひとつと言えます。

これらについても詳しく書かれた本書は、均整やその他の整体を受けている、あるいはこれから受けたい方にも、ぜひ読んでいただきたい。。とは、思いますが、難解な部分も多いですので、私も含め、本書を熟読した均整師から、解りやすく話してもらって下さいね。


※それでも欲しいという方に:一般向けにも販売の予定です。もうすぐこちら身体均整師会事務局ホームページ内「均整法の書籍がほしい」コーナーに、詳細が掲載されると思います。

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-05-30 01:33 | 整体って?