快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

水分の摂りすぎ、もしくは排出の滞り〜ある日の施術より〜


30代女性。ここ最近、疲れてくると熱が出たり、頭痛がしたりといったことが多くなった。

過去に何度か観させていただいた方なので、現在の体型と比べることができました。

以前と大きく違っていたのが、まず皮膚の手触り感。足や腕、背中など、全身の皮膚がゆるゆるで、皮膚の下に水が多すぎるような手触りです。

また、体型は以前もF6(フォーム6。左回旋型)でしたが、その歪みが強くなっていました。

皮膚の手触りから、「ここ最近暑くなってきたので、水分を摂りすぎているのでは?」と伺うと、一日の仕事中、500mlのペットボトル1本くらいとのことで、それほどでもない様子。

ただ、トイレに立つ回数が極端に減ったとのこと。一日一回のこともあるそうです。

そのことから、水分を摂りすぎてはいないものの、排出がうまくいっておらず、体に不要なものをため込んでしまっていることが、今回の症状に影響していると考えられます。

F5、6の回旋型は、別名「泌尿器型」とも呼ばれます。

F6は尿、便、汗など、体から出ていくものが「出ない」、F5は逆に「出る」作用が強くなる体型。また、経絡の視点から観ると、膀胱経のラインは頭を通っており、頭に関する症状と関係しやすいのです。

腎臓や膀胱の神経と影響し合いやすいのは、もも内側の筋肉で、左足側が非常に凝っていましたので、その調整を中心にF6を整えていきました。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

今回の女性の場合は当てはまりませんでしたが、水分の摂りすぎによって排出が滞り、F6が強くなることもあります。

体によいという思いから、一日2リットルなど、多めの水分補給を心がけているのに体調がすぐれない方は、皮膚を触らせていただくと、その量がその方個人にとって適切かどうか、すぐに分かります。

ノルマとして無理に飲んでいる分は、ほとんどの場合、その方にとっては摂りすぎといえるでしょう。

特にこれから夏にかけての季節、お腹を中から冷やさないためにも、みなさんご注意下さいね。


※F1〜12に分類される「12種体型」については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-06-13 06:17 | 頭痛