人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

胃の不調からくる、ウォーキング時の足の痛み〜ある日の施術より〜


20代女性。ウォーキングを始めたが、少し歩くと、右足が痛くなる。

立った姿勢で動きを観させていただくと、体が左に捻りやすくなっています。仰向けで両膝を立てて左右に倒してみると、こちらも左に倒しやすくなっています。

「胃の調子はよろしいですか?」と伺うと、以前は痛くなったり、かなり不調が続いていて、タバコとお酒とコーヒーをやめてからは、症状はなくなった、とのこと。

なぜ胃の調子を伺ったかというと、先ほど検査した動きが、立った姿勢でも、仰向けの姿勢でも、胃のある左側へ向かって、動きやすくなっていたからです。逆に言うと、緊張した胃が引っ張るために、右側には動きにくくなっているのです。


仰向けで立てた両膝を右に倒したとき、左股関節、左腰、左肋骨など、どこが硬くて倒れにくいかを観ていくと、その倒れにくくなっている箇所から、その方の歪みの中心が分かります。

この女性の場合、腰や股関節まではやわらかいのですが、その上の肋骨でひっかかり、右側に倒れにくくなっていました。

肋骨の中には胃や心臓、肺などが収まっていますので、背中や首にある各臓器の反応点や、ご本人への質問などと総合して、どこにいちばん負担がかかっているのかをしぼりこんでいきます。

また椅子に座って左足を上にして組むクセなども大切な情報です。実際に試していただくと解りますが、左足を上にすると、胃をかばうポーズをとることができるのです。ちなみに、右を上にすると肝臓をかばえます。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

今回、ご本人はまっすぐ立っているつもりでも、実は、胃に引っ張られた左捻れの姿勢を無意識にとったまま、右足はつま先内側、左足はかかと外側へと、不均等に体重をかけてウォーキングを続けていたことが主な原因と考えられました。

そこで、施術の最初に、右足裏にある胃の反射点を調整することで、まず左右動作の差をなくし、その後、背中の反射点、お腹へと、少しずつ胃を深くゆるめ、左捻れの姿勢を整えていきました。

※捻れの姿勢は、12種体型の一種です。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

by naotknet | 2009-08-08 06:23 |