快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

外反母趾予防体操〜ある日の施術より〜


それほど先の尖った靴やハイヒールを履くわけでもないのに、足の親指付け根が痛くて「外反母趾かもしれない」と来院される女性が多いです。

例えばある30代女性は、右の親指付け根痛でした。痛いときもあれば、それほど気にならないときもあるそうです。

立った姿勢での動きを観させていただくと、左にはよく捻れるのに、右には捻りにくいという特徴がありました。

親指の状態はというと、目立った変形はありませんが、左右の親指つけ根を比べると、明らかに右の関節の動きや手触りが硬くなっています。


真似をしていただくと分かりやすいですが、立った姿勢で身体を左にどんどん捻っていくと、右足は親指側、左足は小指側に体重がかかっていきます。

この状態がふだんからわずかにあり、疲れがひどいときなどはより強調されるため、少しずつ右の親指つけ根や、左小指つけ根が痛んでしまったようです。

ちなみに、この方の左小指つけ根には、痛くはないものの、大きなマメができていました。

施術としては12種体型のうちの「回旋型」調整で進めていきます。加えて、毎日続けていただきたい、簡単な体操をお伝えしました。


均整法では、均整師がお客様に対して行う施術を「他動法」、自分で行う体操を「自動法」と分けています。

自動法の中には、12種類の体型をそれぞれ整える体操、背骨をひとつずつ整えるC1(頚椎1番)〜S5(仙椎5番)体操、自律神経を整えるA〜G体操などがあり、それぞれを必要に応じて組み合わせたり、応用したりします。

外反母趾予防には、このうちの「G体操」が有用。うつ伏せになり、片側ずつかかとをお尻につける動作をしたときに、つきにくかったり、やりにくかったり、重たく感じる側の足を見つけたら、そのかかとを、すばやくお尻にぶつけるようにしてつける動作を2〜3回繰り返します(※腰や膝を痛めている方は、G体操は避けて下さいね)。

G体操を行う前に、立った姿勢でどちらに捻りにくいかを調べておいて、体操後に再度確認すると、左右差がなくなっているか、かなり軽減しているはずです。

今回のようなお悩みで来院された方には、手順の説明を兼ねて、施術の最初に行っていただき、全身の捻れを整えています。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

完全に変形した状態であれば、テーピングでの固定など、整形外科的な治療も必要でしょう。

しかし、今回の女性のように目立った変形がなく、まだ重心の偏りから親指つけ根に負担がかかって痛い段階では、このG体操で重心を整えていくことが、外反母趾予防につながります。

A〜G体操を始めとした各体操、及び均整法全体について、さらに詳しく知りたい方はこちら、「身体均整法」をご参照下さい。



G体操はもともと、骨盤を整え、自律神経を安定させるための体操なので、自律神経疲労を翌日に持ち越さないために、また美容的にはヒップアップにも、30秒でできる、毎日のG体操をお勧めします。


※「回旋型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』



※下の画像は2018年5月23日、フェイスブックへの投稿用に追加しました。

e0073240_21190434.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」より



※下の画像は2016年9月21日、フェイスブックへの投稿用

に追加しました。

e0073240_11051389.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

[PR]
by naotknet | 2009-09-05 05:56 | 外反母趾