快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

しりもちによる寝違え、食べ過ぎによる寝違え


内臓と首は、迷走神経という自律神経を通じて密接に結ばれています。

そのため、寝違えなど首の痛みの多くは、暴飲暴食、お腹の冷えなど内臓疲れからくるということを、これまで何度かお話ししてきました(具体例はこちら、過去の記事「寝違え」「首が回しにくい」をご覧下さい)。

今回は、別の例として、外からの衝撃で、寝違え的な痛みにつながってしまった例を見てみましょう。

30代女性。何日か前、自宅で転倒した際に尻もちをつき、床で右のお尻を打撲。それ以後、首を動かすと右側が痛く、口も開きにくくなってしまったとのこと。

観させていただくと、首の右側は胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という筋肉を中心に強く張りが出ており、さらに右の下腹が左と比べて硬くなっています。

ここで、再度「迷走神経図(神経ネットワーク図)」をご覧下さい。

赤い色で区分けしてある神経「右迷走神経」が、首の右側から、右の下腹、大腸などに向かって伸びています。この神経により、右の下腹と首の右側は結ばれているのです。

暴飲暴食など、胃腸疲れもこの神経を伝わって首のコリとして現れますが、今回の女性の場合は、右のお尻を打った衝撃が、右迷走神経経由で首に送られてしまったようでした。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)

札幌校(2009.10〜開講中)


下腹の左右の硬さが違うため、全体としての姿勢も捻れてしまいます。

施術としては12種体型「回旋型」調整により、下腹を左右ともに同じやわらかさにすることで、姿勢の捻れを整えていきました。

捻れが整うに従い、右迷走神経経由で衝撃が伝わったルートを通じて、今度は首を整えるための心地よい刺激が伝わっていきます。


※「回旋型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-11-14 06:15 | 寝違え