人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

四十肩五十肩のもと 〜ある日の施術より〜


70代女性。ここ1ヶ月ほど、エプロンや帯を結ぼうとすると、右肩の前側が痛くて、右手が後ろに回らない。

肩にはいくつかの関節があり、そのうちのひとつに、鎖骨と肩甲骨をつなぐ「肩鎖関節(けんさかんせつ)」があります。

左右の肩鎖関節の動きを比べてみると、右がガッチリ固まって動かなくなっていました。

このようなとき、背骨と各関節の関係を使って調整します。

肘関節ならC6(頚椎6番)、股関節ならL5(腰椎5番)など、各関節に対して、関連の深い椎骨があるのです。

肩鎖関節と深く関わる椎骨はC3(頚椎3番)。観させていただくと、左側に大きく歪んでいます。

C3を整えれば肩は何とかなりそうですが、そのC3もガチガチに固まっており、直接施術しても動いてくれそうにありません。

そんなとき、均整法では背骨を4つおき、あるいは5つおきにたどっていきます。大抵の場合、4つか5つおきに椎骨が固くなっています。

その中でも、一番歪みが少なくて整いやすそうな椎骨を探して整えます。

すると連動して、今回の場合であればC3もある程度やわらかくなり、直接施術ができそうな状態になるのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


その他、手先、足先などからもC3と連動する部位を整えて、よりC3をやわらかくしてから、直接C3をじんわりと整えると、エプロン動作もスムーズにできるようになりました。


※C3から4つおきに背骨の歪みのある場合、均整法12種体型では「骨盤型」に分類されます。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


by naotknet | 2011-08-06 08:01 | 肩痛