人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

生理痛と横座り〜ある日の施術より〜


30代女性。生理痛がとてもひどい。

股関節の左右バランス、仙骨の歪み(弾力があるかないか)がポイントです。

横座りや足組みのくせのある方は、股関節を検査してみると、例えば今回の女性では、右の股関節は内側に、左は外側にそれぞれ捻りやすくなっていました。

両足先を右に流した横座りのかたち通りに、股関節がくせづいているということです。

お尻の左が接地した状態で座り続けることになりますから、上半身の体重を左側ばかりにかけ続けられた骨盤は徐々に歪み始めます。

ひどくなってくると、左右の寛骨(かんこつ。下図のピンク色部分の上側。下側も含めて全体では腸骨と呼ばれます)に挟まれた仙骨はガチガチに、身動きがとれなくなってしまいます。

e0073240_7401998.gif

イラストby「アイリス・アイリスの作業現場」

また、向きが左右逆の股関節で普段歩くわけですから、歩けば歩くほど、骨盤を歪ませることに。

今回の場合であれば、骨盤の左を開き、右を閉じるためのウォーキングを普段からわざわざ続けてしまっているようなものです。

また、腰椎と股関節は、太くて大きな筋肉「大腰筋」によってつながっています。

股関節のバランスが悪いと、この大腰筋の左右のテンションが釣り合わず、腰椎も歪ませます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
〜東京校24年度生(夜間コース・土日コース)募集中〜

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


背骨の胸椎下部や腰椎上部、そしてその下の仙骨から伸びる神経により、子宮や卵巣は働いています。

「横座り」「捻れた歩き方」によって腰椎、骨盤を歪ませてしまうと、子宮・卵巣の神経にとってはダブルパンチ。

小さい頃からの習慣によって横座りをしてしまう人、また体質的に内臓が弱くて、下腹をかばうような姿勢を無意識にとってしまい、それがたまたま横座りになってしまう人。理由は様々です。

例えば今回の女性であれば「骨盤型」調整に加え、肝臓調整によりお腹の中をかばった姿勢をとらずに済むようにした後、股関節のくせを時間をかけて整えさせていただきました。

生理痛は骨盤の歪みのみを論じるだけでは不十分。

胃腸など他の臓器と子宮・卵巣が自律神経的にシーソー関係になっているため、胃腸の調整も必要なこと。立ち方・歩き方など、日常生活動作も改善していかなければならないことなど、いくつもの方向から、その方に応じた調整方法を探っていくとよいでしょう。

過去の関連記事も参考にして下さいね。
股関節と歩き方について
胃腸と子宮・卵巣のシーソー関係について


※骨盤型など12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

by naotknet | 2011-11-05 08:08 | 生理痛