人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

眠れない原因を歪みから観ると〜ある日の施術より〜


50代男性。海外出張が多く、先月、あまり間を空けずに2回出張してからこちら、よく眠れなくなり困っている。

時差の影響により、自律神経に負担がかかり、交感神経過敏状態になっていることが想像できます。

均整師には、お客様のお悩みが例えば「膝が…」であれば腰椎3番、「肩が…」であれば頚椎5番など、反射的に思い浮かべなければならない椎骨があります。

同じように「眠れない」であれば、腰椎1番と胸椎9番をまずは観てみることになっています。

このふたつ、均整法12種体型では「頭脳型(前後型)」に当てはまる椎骨であり、頭の疲れ、自律神経の疲れがあるときに歪みやすい性質を持ちます。

今回の男性もまず最初に腰椎1番と胸椎9番を観させていただいたところ、迷うことなくこの2ヶ所の調整が決定しました。

両方ともガチガチに固まって、動かなくなっていたのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~24年度大阪校10月開講~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


さらに観察点として加えたのは「百会(ひゃくえ)」と呼ばれる、頭のてっぺんのツボ。

正確には百会の位置を目安にして、その辺りに硬くなっている点はないか探します。

頭蓋骨の上の部分、左右から2枚合わさっている「頭頂骨(下図参照)」が、ギュッと合わさりすぎて盛り上がり、硬くなっている点がありました。

e0073240_17115189.gif

(頭蓋骨図by「アイリス・アイリスの作業現場」)


この点も交感神経の過敏状態のときに反応として現れやすいのです。

頭脳型調整により、腰椎1番と胸椎9番をよく動くように整えさせていただいたあとには、百会付近に盛り上がった点も、おだやかに平らになっていました。


※均整法では「頭脳型(前後型)」「消化器型(左右型)」「生殖器型(骨盤型)」など、動きやかたちを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


by naotknet | 2012-07-07 00:03 | 自律神経