人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ストレートネックと手指のしびれ、痛み〜ある日の施術より〜


40代女性。右手人差し指を曲げると痛む。

長年、首こり、肩こりと右人差し指のシビレ感に悩み続け、とうとう曲げると痛みが出るようになり、整形外科を受診したところ「ストレートネック」との診断を受けたそうです。

立った状態で全体の姿勢を観させていただいたところ、下半身(骨盤)は右に、上半身は左にと、上下が逆に捻れる姿勢になっていました。

こうなると、もう一ヶ所捻れるところが出てきます。

真似をしてみるとよく分かるのですが、下半身を右に、上半身を左に捻った状態でまっすぐ前を向くと、首は結果的に右に捻れることになります。

首を右に捻ったままでいると、右の腕や指へ伸びる神経の出発点、下頚椎の右側を常にせばめてしまいます。

このまま長い年月が経つと、首こり、肩こりから始まり、指のシビレ感、痛みへと進んでいくのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~24年度大阪校10月開講~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ストレートネックは、あくまでも頚椎だけ、一部分を見た場合の状態。

多くの場合、背骨全体の自然なカーブ「生理的弯曲(下図参照)」がくずれています。

e0073240_6141176.gif

(脊柱図by「アイリス・アイリスの作業現場」)


背骨全体が整い、生理的弯曲が復活すると、頚椎も同時に整っていきます。

今回の女性の場合でしたら、均整法12種体型「左回旋型(F6。フォーム6)」調整。

まず上半身と下半身の逆捻れを整えた結果、首を右に捻っている必要のないように持っていくことが最優先なのです。


※均整法では左回旋型(F6)と右回旋型(F5)の他、右屈型(F4)と左屈型(F3)、後屈型(F2)と前屈型(F1)など、正反対の動きやかたちを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

by naotknet | 2012-07-14 00:00 |