人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

背中がガチガチで痛い 〜ある日の施術より〜


30代女性。製図台に向かう、製図のお仕事。背中が常にガチガチになり、痛かったり凝ったり、とてもつらい。

背中を観させていただくと、確かにガチガチで、少々のことでは弛みそうにもありません。

製図台は仕事がしやすいように斜めになってはいるものの、体を前に傾けたまま毎日過ごす長い時間は、かなり体の負担になっているようです。

こんなときの施術の手がかりは、毎日とっている姿勢。今回の女性では、もちろん「体を前に傾けたまま」が鍵になります。

逆に、例えば天井に照明を取り付けるような作業を毎日繰り返すお仕事の方であれば、「体を後ろに反らしたまま」でしょう。

これらは前後どちらかに偏った姿勢の例といえます。

均整法では姿勢と動きを12種類に分けて考えます。

体を前や後ろ、あるいは横などに傾けるときには、背骨が動きに合わせて体を支えます。

そのとき、背骨(椎骨)の一個一個が均等に体重を支えるわけではなく、「前へ体を傾けるときには頚椎4番と胸椎5番と腰椎1番」「右へ体を傾けるときには頚椎5番と胸椎6番と腰椎2番」など、動きを支える中心となる椎骨が決まっているのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~24年度大阪校10月開講~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


よって、背中の筋肉をなんとかしようとしたり、背骨や骨盤すべてを整えたりしなくてもOK。

今回の女性であれば、前への動きの中心となってがんばりすぎて疲れていた3~4個の椎骨を、整えてあげるだけでよいのです。

偏ったまま固まり続けていたいくつかの椎骨が解放されれば、再びしなやかな背骨と筋肉を取り戻し、新たな気分で翌週からの仕事に向かうことができますよ。


※均整法では前屈型(F1)と後屈型(F2)をはじめ、左屈型(F3)と右屈型(F4)、右回旋型(F5)と左回旋型(F6)、など、正反対の動きやかたちを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


by naotknet | 2012-09-15 08:03 | 背中