人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

年末年始の内臓疲労からくる肩や膝の痛み〜ある日の施術より〜


60代女性。最近、右腕をバンザイすると右肩が痛くて、最後まで挙がらない。

70代男性。最近、右膝を痛めて、階段の上り下りがつらい。

体はすべてがつながっています。

体をテーブルクロスに見立てての例えが、手技療法の世界ではよく使われます。

テーブルクロスのどこか一ヶ所をつまんで捻ると、そこを中心に全体にシワができます。

そのシワの行く先々に、何かが起こりやすいのです。

つまんで捻られた状態になりやすい箇所が、胃と十二指腸のつなぎ目、十二指腸と小腸のつなぎ目、小腸と大腸のつなぎ目など、それぞれが連結されている部分(下図参照)。
e0073240_1042764.gif

(内臓図by「アイリス・アイリスの作業現場」)


そしてシワの先には、肩や膝、腰などがあります。

今回の女性は胃と十二指腸のつなぎ目の位置にあたる、みぞおちから少し右側の部分にコリがあり、それを軽く押さえたまま右腕をバンザイしていただくと最後まで挙がりました。

均整法の勉強会でもこのようにして、肩や膝の動きに左右差がある人をモデルに、どこで捻って引っ張っているかを探す練習をします。

70代男性では、小腸と大腸のつなぎ目に同じくコリがあり、そこを中心に施術を進めました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~東京校25年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


忘年会のシーズンは終わろうとしていますが、これからはお正月休みや新年会などで、やはり胃腸を疲れさせる日々は続きます。

飲み過ぎ食べ過ぎがテーブルクロスのどこかを捻る大きな原因のひとつである、と頭の隅に置いて、無理せずに、楽しい年末年始をお過ごしくださいね。


※均整法では回旋型、左右型など、テーブルクロスの捻れを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


by naotknet | 2012-12-29 10:50 | 肩痛