人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

股関節の痛みと心臓疲労 〜ある日の施術より〜


40代女性。しばらく前から右の股関節が痛い。特に、和式トイレにしゃがむようなポーズが、痛くて途中までしかできない。

仰向けで立てた両膝をこちらが持ち、徐々に胸のほうへと押しつけてみました。

しゃがみポーズに近いかたちを仰向けで再現したわけです。すると両膝が、痛い側の右股関節のほうへ流れていきます。

こちらが無理にまっすぐ胸に押しつけようとすると、途中で右股関節が痛くなり、できません。

ここから考えてみると、膝を右に流しながらであれば、痛くなくしゃがめるはず。

変なしゃがみ方になりますが、実際にやってみると、今回の不調の手がかりがつかめます。

つまり、下半身を右に捻じり、上半身は左に捻じりながらしゃがむと痛くないわけです。

実際に彼女の上半身は左に捻じれていました。特に、アゴ先が左に向いているのが目立ちます。

均整法独特の考え方ですが、臓器の疲れているほうへ、アゴ先が向く傾向があります。右向きなら肝臓、左なら心臓など。

お話を伺うと、趣味とはいえ、フルマラソンを走り切るほど、常にトレーニングを積んでいらっしゃるとのこと。加えてお仕事も普段より忙しかった最近。アゴ先が左向きなのも頷けます。

心臓疲労調整も兼ねて、均整法12種体型「循環器型」調整により上半身と下半身の逆捻れを揃えると、両膝はまっすぐ胸につくようになりました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~東京校25年度生募集中~
※まだ若干名受講可能です。お早めに☆


『各地の身体均整院』

『取材・広報』


今回の女性のように、何かのポーズをとったときに、どこかが痛むのであれば、そこが痛くないように工夫してポーズをとってみて下さい。

痛い箇所とは別の、どの部分の疲労や歪みが痛みに影響しているのか、ご自身の最近の生活状況と考え合わせると、手がかりがつかめるかもしれませんよ。


※均整法では悪い姿勢や動作が原因する歪みばかりではなく、その方の内臓のアンバランスを「消化器型」「泌尿器型」「循環器型」など12種類に分けて考え、調整することもできます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝臓整体『肝整』™の快風身体均整院

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


※下の画像は2016年7月5日のフェイスブックへの投稿用
に追加しました。

e0073240_18564967.jpg

by naotknet | 2013-04-06 07:55 | 股関節の痛み