人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

疲れ目といかり肩の関係 ~ある日の施術より~


30代女性。最近、目と頭(おでこの辺り)がとても疲れる。

定期的に来院されているため、いつもと違う歪みはすぐに分かります。

両肩が凝って、不自然なほどいかり肩になっており、頸椎、特に一番上のC1(環椎。下図参照)と頭蓋骨との間が狭まり、硬くなっていました。

e0073240_7365849.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


何か変わったことはなかったか伺うと、先月で会社を辞め、自宅で独立開業されたとのこと。

会社時代よりも机が高く、ご自身の肩を挙げて微妙に調節し続け、肩・首周りが凝ってしまった様子。それで合点がいきました。

以前に、めまいが頻繁に起こるようになり、病院で検査をしても異常なしといわれた小柄な女性のお客様が来院されました。肩がやはり今回の女性と同じような状態です。

施術では、いかり肩をおだやかなかたちに調整。いろいろ伺っていくうちに絞り込めてきた原因は、キッチンの高さが高くて合わなかったこと。

すのこを敷いて高さを合わせてみて、とのアドバイスが、一番の解決策となりました。

そのエピソードをお話ししつつ、今回の施術は「肋骨型」調整を選択。

人には、ある姿勢や動作を行うとき、無意識に力の集中する部分があります。

高さの合わないキッチンや机に、体のほうを合わせようと、腕に力を入れる人、首を長くする人、お尻をすぼめる人、足を踏ん張る人etc.

今回の女性は、無意識に肩が力み過ぎていたのでした。

肩に力の入りやすい肋骨型タイプとしての調整がピタリとはまりましたが、一番のアドバイスは、やはり机自体の調整になりそうです。

ベッドの右側にテレビがあって首を常に右に向けていたり、パソコンのキーボードに場所を取られ、机の上にわずかに空いたスペースで手書きの書き物をしたりetc.

日常の、わずかな無理の積み重ねが姿勢に影響し、不快な状態を作ることがあります。特に仕事中の姿勢ともなれば、時間はかなりの長さに。

快適な仕事環境を得、素晴らしい仕事を通じて大きく羽ばたけるよう、これからも施術を通して応援いたします。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


※均整法では肋骨型、骨盤型など、体型を12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館


by naotknet | 2013-10-05 09:00 |