人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

疲れと肋骨・骨盤の関係 〜ある日の施術より〜


40代女性。最近疲れが抜けない。

定期的に来院されているため、いつもと違う歪みがあればすぐに分かります。

鳩尾(みぞおち)の辺り、肋骨の「ハの字(「季肋部」といいます)」型が「ヘの字」になっていました。右が急角度なのです。

体外からの原因の歪みであれば、例えば仕事の都合上、上体を右に傾けたり、左に捻じる姿勢をしばらく続けたことによる「への字」が考えられます。

季肋部の右側には肝臓が収まっていますので、「への字」状態では肝臓を圧迫してしまうことに。
e0073240_7192696.gif

(「アイリス・アイリスの作業現場」より)


体内からの歪みであれば、肝臓自体が疲労して縮こまり、肋骨を引き込んでの「への字」。

どちらにしても、肝臓の働きが低下して、体全体の疲れの処理がスムーズに進んでいない様子が伺えます。

ここしばらくの間、仕事の状況などにより、偏った姿勢をとっていなかったか伺うと、それはなかったそう。

ただ、今回の疲労感とは別の症状で通院しており、処方されたお薬を飲んでいるとのこと。

そればかりが原因とはいえませんが、肝臓疲労の一因にはなっているようでした。

どちらにしても「への字」を解消し、肝臓疲労回復に向けて、肝臓自体がのびのび動けるスペースを作ってあげなければなりません。

だからといって、肋骨を直接こじ開けようとしたら痛くて大変。もっと簡単で痛くない方法があります。

季肋部の「ハ」あるいは「へ」と、骨盤の前側のかたちは連動します。

季肋部が「ハ」なら骨盤もきれいな逆ハの字となり、全体として♢(ひし形)に。季肋部が「へ」なら、骨盤は「逆への字」。合わせて▱(←少し極端ですが)。

そこで、骨盤の捻れを解消すべく、今回は「回旋型(捻れ型)」調整を用いて骨盤のかたちを整えると、同時に季肋部も整い、♢が完成しました。

その場でもずいぶんとスッキリされた様子。肝臓疲労が解消しつつ、全身の疲労処理を終える2、3日後から、さらに快調な秋をお過ごし下さいね。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


※均整法では回旋型、骨盤型など、体型を12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館


by naotknet | 2013-10-26 08:09 | 疲れ