人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ストレスによる胃痛を、自律神経以外の視点から眺めると 〜ある日の施術より〜


20代女性。最近、胃の痛みや不快感が続いている。

背中を観させていただくと、普段の生活の中で、無意識に体重を後ろにかけがちな方に多い歪み(胸椎1・9番、腰椎5番を中心とした歪み。下図参照)が現れていました。
e0073240_7365849.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


例えば「達成すべき目標」「急には解決しない問題」などに、前向きにがんばっているうちは、姿勢は常にわずかに前傾となり、体重は体の前側にかかります。

目標がなかなか達成しなかったり、問題解決が予想以上に長引いたりと、ストレスが長期間に渡ると、徐々に積み重なった脳疲労により、姿勢は後傾に移り、体重は後ろにかかり始めます。

もともとの性格として、何事にもポジティブな人は前傾、逆にネガティブな人は後傾が姿勢の基本となりますが、ストレスの状況によっては、前傾と後傾を揺れ動くのです。

今回の女性は、背骨の様子から、一時的に後傾に偏ってしまった様子。

「ここしばらく、何か持続的に抱えているお悩みなどはありませんか?」と伺うと、職場に新人が入り(しかも二名)、その指導と自分の担当業務とで、何ヶ月か、心身ともにあまり休まっていないとのことでした。

体重を後ろにかけすぎると、そのままでは倒れてしまうため、体は自動的に顔をうつむけたり、肩を丸めたりして、倒れないようにバランスをとります。

その姿勢をとってみると分かりますが、胸を力ませるかたちになりませんか?

胸には心包経と呼ばれる経絡ラインが通っています(下図参照)。
e0073240_23364637.gif

「経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂」


心包経は胃経(下図参照)とのつながりが強く、心包経を力ませ、詰めるような姿勢は、胃経の通りも滞らせてしまうのです。

今回の胃の不快感は、このような流れの中にありました。
e0073240_23374957.gif

「経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂」


後傾姿勢で一時的に歪んだ椎骨を均整法12種体型のうち「前後型」調整で整えると、胸の詰まり=心包経の詰まりがとれ、連動して胃経も解放されました。

「ストレスで胃が痛い・重い」場合に、それがなぜなのかは、自律神経の視点から解説されることも多いですが、他にこのような視点もあると、ぜひ覚えておいて下さい。

まだしばらく新人指導は続くそうなので、セルフケアとして、心包経の通る前腕(パンパンに張っていました)を、ご自身でよく揉みほぐして下さいねとお伝えしました。

健やかに乗りきることができますように。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

※均整法では前後型、左右型など、歪みを12種類に分けて調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館


by naotknet | 2013-11-02 05:22 |