人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

マラソン大会に備えて(「弾発股」他への均整法的対策)〜ある日の施術より〜


30代男性。マラソン大会出場に備えて走り込みを続けていたところ、走っているうちに左脚の内側と右脚の外側が痛み出すようになり、思うように練習できない。

2ヶ月前には左股関節を動かす度にパツンパツン音がする「弾発股(だんぱつこ)」にもなり、しばらく練習を休んだこともあったそうです。それはもう治ったとのこと。

上記のふたつには、姿勢上、密接なつながりがあります。
                               
立った姿勢で上体を左に捻っていくと、脚のかたちが正面から見て「 〉〉」このように。

加えて上体を右に少し傾けると、左足内側と右脚外側に常に体重がかかり続けることになります。

さらに、左の骨盤(腸骨)が外に張り出すのも実感できるでしょうか。
e0073240_810691.gif

「iris-irisのフリーウェア」より


これでは、中にある左股関節も、外に張り出すかたちで上体を支え続けなければなりません。

このまま走ったりすれば、脚の内側外側ラインはもとより、股関節がそれ以上外に行かないよう守っている靭帯を痛め、弾発股にもつながります。

施術としては均整法12種体型「左回旋型(F6・フォーム6)」調整。これで大会まで調子よく練習を積めるはずです(ファイト!)。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


念のため、下記『身体均整法 』より、左回旋を整える体操をお伝えしました。

練習前に自分で体が左に捻りやすくなっていないかチェックし、なっていたら、この体操で捻れをとってから練習して下さいと。


これからつくば、東京、横浜など、マラソンの季節です。

毎年、いずれかの大会に出場なさるあなた。一度体を均整にしてから走ってみませんか。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

【お知らせコーナー】

11月24日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

11月24日開催、「骨盤ウォーク」受講者募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

by naotknet | 2014-11-22 07:53 | 股関節の痛み