快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?(その3)~ある日の施術より~


これまでどこも調子が悪くないと思っていたのに、職場の健康診断で再検査を告げられ、あわててその内臓について調べているうちに当院を見つけ、ご来院下さる方、けっこういらっしゃいます。

再検査をクリアしてひとまず安心。でも、来年の健診に向けて何かできることはないか。

そんなとき、内臓そのものばかりにとらわれず、内臓のブレーキとアクセルである自律神経に注目してみませんか?

例えば視力に左右差があって、知らず知らずのうちによい側の目を酷使しながら、パソコン業務を毎日がんばって何年も過ごせば、その側の首が凝り、頸椎にも歪みが現れます。

すると、頸椎の間から各内臓へ伸び、胃腸や肝臓のアクセルとなる自律神経「迷走神経(下図、首から下の神経)」の働きがうまくいかず、結果的に内臓にブレーキばかりかけ続けることに。
e0073240_4333779.gif


「肝臓と整体の情報館」より


自転車のブレーキを握りしめながら、「タイヤが動かないのはなぜだろう?」と言っているようなものです。

ブレーキから手を放さず、チェーンやタイヤにいくら油をさしても、自転車は動きません。そのうちどこかが壊れます。「自転車のブレーキから手を放す」が、体でいえば「頸椎を整える」なのです。

別の例。「うなづく」よりも「天井を見上げる」動作が得意な人は、後ろ重心であることが多いです。

後ろに倒れてしまわないよう、無意識に首の前、「胸鎖乳突筋(下図参照)」に力を込めて支え続けます。
e0073240_16141977.png

(「ウィキペディア」より)


コリコリになった胸鎖乳突筋が、近くの迷走神経を通して、やはり胃や肝臓のブレーキ・アクセルを乱すのです。

せっかく再検査を受けるのであれば、生活習慣を見直すことと合わせ、体の歪みを整えて、内臓のブレーキ・アクセルを整備しましょう。

視力でいえば、肩の下がっている側の悪いことが多いです。胸鎖乳突筋のコリコリは、後ろ重心になりすぎないよう、全体のバランスを調整します。

1年に1度、均整法からの健康チェックにいらっしゃる、ある50代男性に、「今回は膵臓に凝りがみられました(悪いという意味ではなく、その方のどこに疲れが集まりやすいかという視点です)」とお伝えしました。

すると、「実は半年前の健康診断で膵臓に関して再検査となり、大さわぎだったのです! 事なきを得たので今日の施術前にはお話ししませんでした」と。

自律神経と膵臓の関係をお伝えすると、「へえーっ」と納得され、最近はチェックだけではなく予防のため、ご来院の回数を増やして下さいました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで10年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


さらに自律神経のアクセル・ブレーキに大切なポイントは尾骨。

……長くなりそうですので、過去ブログ「尾骨の歪み」を参照して下さいね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※均整法では胃腸、肝臓、膵臓、心臓など、その人のどこに無理がかかっているかを「消化器型」「循環器型」など12種類に分けて考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

4月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-03-28 07:13 | 自律神経