快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

デスクワークと骨盤の歪み〜ある日の施術より〜


40代女性。仕事中、長く座っていた後、立ち上がるときにお尻(尾骨周辺)が痛い。

「ぶつけたわけでもないのに、どうしてか分からないのです」とおっしゃっていました。

骨盤の状態を観させていたくと、仙骨と尾骨をつなぐ「仙尾関節(下図参照)」のところで、尾骨がはねていました。
e0073240_457356.gif

「iris-irisのフリーウェア」


「尾骨がはねている??」と思われた方。犬のしっぽを想像して下さい。元気がよくてピンと立った状態です。

もちろん犬ほどはっきりとは分かりませんが、尾骨には元気のあるなし、自律神経の状態が現れます。

はねていれば「元気があってよろしい!」ではありません。状況に応じてはねたりもとに戻ったり、切り替わることが大切なのです。

年度末の時期に、これまで考えられないほどの仕事量に圧倒され、無理やり元気をふりしぼっていたとのこと。

尾骨がはねっぱなしのまま、毎日長時間のデスクワークが続き、仙尾関節に負担がかかりすぎてしまったようです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、この4月におかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


施術としては、均整法12種体型の中から「肋骨型(F8)」調整を選択しました。

F8は「フォーム8」と読み、「縮んでいる姿勢が楽」なタイプ。ちなみにF7はバンザイをしたまま寝るなど、「伸びている姿勢が楽」なタイプです。

F8は頸椎4番、胸椎5番、腰椎1番、そして仙椎4番で構成されます。
e0073240_56469.gif

「iris-irisのフリーウェア」


「座っているところから立つときに痛い」が鍵。言い換えれば「縮んだ状態から伸びるときに痛い=縮んだままが楽」なのです。

仙椎4番の近くにある仙尾関節に向けて刺激が飛ぶように胸椎5番を整えると、連動して仙尾関節にも動きが出てきました。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「縮むのが楽・伸びるのが楽」「前に曲げるのが楽・後ろに反るのが楽」「右に捻るのが楽・左に捻るのが楽」など、動きと姿勢をF1 〜F12まで12種類に分けて考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

4月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-04-11 07:26 | 腰痛