快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

手首の痛みは猫背が原因?〜ある日の施術より〜


30代男性。右手首が、ある角度に曲げたときだけ痛む。

手首を曲げたり反らせたりするときには、手のひらの中にある細かな骨と骨の間が、なめらかにすべることが必要です。

今回の男性の場合、細かな骨(手根骨)の中でも、「有頭骨(ゆうとうこつ)」の‘頭’の部分の動きが、月状骨や舟状骨との間で引っかかったように硬くなっていました。

e0073240_15541131.gif

「iris-irisのフリーウェア」


動きの硬さが軽いうちは、有頭骨だけ整えれば、手首全体の動きもなめらかになります。

ただ今回、手首よりも実は、肘が硬くなっていることが原因していました。

前腕の2本の骨、尺骨と橈骨の間がつまり、結果的に有頭骨その他の手根骨をはさみこんだようにしめつけていたのです。
e0073240_1557537.gif

「iris-irisのフリーウェア」



この場合には肘に注目しないと、有頭骨の動きを取り戻すことはできません。

では肘の動きはなぜ硬くなるのか?

以前ご紹介した「水平相関」により、肝臓疲労や膵臓疲労の影響を受けていることがとても多いです(2014年12月6日の記事をご参照下さい)。
e0073240_7225465.jpg

「無料イラスト かわいいフリー素材集 | いらすとや 」


もちろん、毎日長時間のパソコン業務や、子育て中の抱っこ疲れなどにより、肘を一定の角度で固めたまま使い続ける動作が原因することも。

「内臓疲労」と「日常の姿勢や動作からの疲労」とを、合わせて考えていく必要があります。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


また、もうひとつよく見られる状況として、頭の疲れ(脳疲労)から有頭骨の動きが硬くなっている場合が挙げられます。

手の中指から胸の中央を、経絡ラインでは「心包経」が走っています。

ストレスを抱えて頭が疲れていると、呼吸が浅くなり肩をすぼませ、胸をいつもつめた猫背姿勢をとり続けてしまいます。

胸の中央を走る心包経ラインもつめてしまうことにもなり、頭の疲れの反応として有頭骨その他、心包経ライン上の動きの硬さが現れやすいのです。
e0073240_1645238.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


‘頭’の疲れが有‘頭’骨と関係するのも興味深いですね。均整法では「同形相関」と呼びます。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※均整法では、脳疲労なら「頭脳型」、胃腸や肝臓疲労なら「消化器型」など、歪みを12種類に分けて考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

6月22日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-05-09 07:43 |