人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

心臓疲労からの肩こり、お尻こり 〜ある日の施術より〜


心臓に持病のある70代男性のお客様。ご来院の際には、左肩こりの訴えををよく伺います。

心臓の位置的に、心臓疲労は左肩甲骨の間など、左肩周辺に凝りとして現れやすいのです。
e0073240_8203128.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


この日は左肩ではなく、左のお尻が凝るとのこと。うつ伏せで触らせていただくと、いちばん凝りが強い筋肉は「梨状筋(下図の小さい赤丸)」でした。
e0073240_1623239.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


梨状筋は、坐骨神経(上図、小さい赤丸内からももの裏に伸びる黄色い太い神経)の上に位置するため、梨状筋の凝りは、坐骨神経痛の原因にもなることがあります。

今回の男性はそこまで強い凝りではありませんでしたが、坐骨神経痛予防という意味でも、この梨状筋をやわらかく保つことは必要です。

ではどのようにゆるめればよいでしょう?

同じかたち同士は関連し合うという、均整法独特の「同形相関」で観てみると、今回の男性の施術ポイントがはっきりします。

今回、左肩周辺の凝りには悩まされていなかったものの、触ってみると凝っている箇所はありました。小円筋(下図の小さい赤丸)。
e0073240_1623195.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


大きな赤丸で囲った、小円筋を含む肩周りの筋肉の配列と、梨状筋を含むお尻の筋肉の配列、なんだか似ていませんか?

そこで、均整法12種体型「循環器型」調整により、「心臓疲労を解消→小円筋の凝りがとれ→同形相関により梨状筋もゆるむ」との流れを組み立てることができます。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆
『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみに、他にもこの筋肉の配列パターンで、似ている箇所があります。
e0073240_16233573.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


左右の目の大きさが違う場合に、股関節を用いた調整法があります。

重心側の目は小さいことが多いため、左右の股関節の動きをそろえ、重心バランスを整えると、目の大きさ調整にもなるのです。

お尻の中の筋肉と、目の奥の筋肉の同形相関としても連動がありそうですね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※「循環器型」「泌尿器型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集
 6月22日開催分は、おかげさまで満員となりました。

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

by naotknet | 2015-06-20 06:18 | 心臓