快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バンザイしにくい人は高血圧に注意!? ~ある日の施術より~


70代男性。肩の調子が前々から悪いと思っていたところ、夏に遊びに来たお孫さんを抱っこして2時間ほど歩き回ったことが最後の一押しとなり、両腕が真上まで挙がらなくなった。

右腕は水平の位置を少し越えることができますが、左腕はそれも辛いご様子。

立った姿勢を見させていただくと、両肩が極端といっていいほど、前に巻き込んでいました。
e0073240_6401576.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


ご自身でも気になさっているようで、娘さんからは姿勢をよくして、といつも指摘されるとおっしゃっていました。

もちろん2時間の抱っこだけでこうなったわけではありません。何年もかけて少しずつです。

鎖骨が‘Vの字’のように上がっているのも目立ちました。特に左が上がっています。
e0073240_755532.jpg

ビジブル・ボディ『スケルトンプレミアム』


試しに両肩をすぼめて、巻き込ませてみて下さい。鎖骨がVの字になります。

そのままバンザイは、とてもしにくいはずです。

それではと、施術でグイグイ引き下げようとしても無理です。逆に痛めてしまうでしょう。

実は、鎖骨Vの字は、心臓疲労の際に現れやすい姿勢なのです。特に心臓に近い左が上がるのは、高血圧の方に多いです。
e0073240_8203128.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑より


血圧の状況を伺うと、やはり高めのため、お薬を飲んでいるとのこと。

こんなときにぴったりなのが、均整法12種体型「循環器型」調整。

「V」が急には「一」にはなりませんが、抱っこ疲れの前の角度には戻り、バンザイしながら喜んで下さいました。

娘さんも、きっと姿勢のよさにびっくりなさっていることでしょう。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみに、息子さんには腕の挙がらなさを「年なんだから」とバッサリ切られたと、笑っていらっしゃいました。

よい姿勢とよい動きのまま年を重ねれば、それほど重大にどこかを痛めることはありません。四十肩、五十肩で何年も悩むことも防げます。

仰向けに寝っ転がってバンザイをしたときに、床とそして自分の耳に、両腕をぴったりつけることができますか?

バンザイ動作により、鎖骨周りを柔らかくしておくことは、高血圧予防にも大切。

今からでも遅くありません。ただし、長年の悪姿勢のロックが頑丈すぎると、今回の男性のように、よい姿勢を取ろうとしても取れないのです。

施術により、まずはロックを解除して、健康に年を重ねていきませんか。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。
快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「循環器型」「泌尿器型」「消化器型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

11月23日(月・祝)開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2015-10-31 07:51 | 肩の痛み