人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

胃から腰へ、脳へ 〜ある日の施術より〜


40代男性。先週から腰が全体的に痛いような重いような……とのこと。

忘年会時期に多い不調です。毎夜の食べすぎ飲みすぎにより、胃腸にとってのアクセル「副交感神経」ががんばりすぎて、仙骨の上側がガチガチなのです。

仙骨の上側は副交感神経、下側は交感神経の反応が現れやすい性質があります。

このしくみについては過去に書いていますので、こちらをご参照下さい。

冷たい物の食べ飲みすぎによる、仙骨ロックのギックリ腰

今回の施術の流れとしては、胃経ラインの滞りをすっきりさせていただきました。

たとえていうなら「溝(みぞ)掃除」です。

特に、むこうずねの骨(脛骨)と筋肉の間が、実際に目づまりしていますので、ゴシゴシゴシと、通りをよくします。
胃から腰へ、脳へ 〜ある日の施術より〜_e0073240_043049.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


施術後、「腰のつまっていた感がとれました」とのこと。

胃の調整により副交感神経が整い、仙骨の上側がゆるんで、腰痛の調整となる例でした。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


50代女性。ストレスから、食欲が抑えられないそうです。

先の男性とは逆に、仙骨の下側がガチガチです。

冒頭でお話しした通り、仙骨の下側は「交感神経」のがんばりすぎの姿が現れやすいのです。

男性と同じく、ゴシゴシと胃経の溝をこすりながら胃の調整。

胃と脳に関係する「胸椎5番」もガチガチでしたので、胃を通して胸椎5番を整えるイメージです。

胃から腰へ、脳へ 〜ある日の施術より〜_e0073240_7451098.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


胃の調整により胸椎5番がゆるんで脳に届き、脳疲労調整となる例でした。

このように、同じ操作で同じ臓器をねらいながら、その先で整えたいところを、様々なルートを通じて選び分けられることも、均整法の特色のひとつです。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「消化器型」「頭脳型」「泌尿器型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

by naotknet | 2015-12-26 07:51 |