人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

夏風邪による歪みはこうして整えます 〜ある日の施術より〜



この時期、夏の疲れからの風邪をひかれている方、多いです。どんな歪みとして現れ、どのように整えたらよいでしょうか。

まずは「腰痛」と「足がつる」についてのお話から。夏風邪と関係がないようで、実はとても深いつながりがあるのです。

40代女性。先週、朝起きたら左腰が痛かった。おじぎをすると痛い。

そっと試していただくと、前にほとんど曲がりません。

骨盤の左側、仙腸関節付近がガチガチに固まっていました。同じく左の肩甲骨もガチガチに。


骨盤と肩甲骨は連動して動いたり固まったりしますので、この左肩甲骨が動くようになれば大丈夫そうです。

頭のてっぺん付近を指先でしばらく押さえてから、再度おじぎをしていただくと、30度くらいはおじぎができるようになりました。

その後、仰向けでお腹側の何点かをしばらく押さえてから、再度おじぎをしていただくと、45度を超え、びっくりなさっていました。

頭のてっぺんの調整とお腹調整には共通点があります。それは「膀胱経」。

夏風邪による歪みはこうして整えます 〜ある日の施術より〜_e0073240_07564872.jpg

こちらの女性は、背中側を上から下まで走る膀胱経ラインが固まって、肩甲骨や骨盤の動きがとれなくなっていたため、頭のてっぺんとお腹で解除したのです。

お腹には「中極(チュウギョク)」という、膀胱経にとっての大事なツボがあります。


動きが固まっているところや痛いところを骨格・筋肉的、あるいは神経的に把握するのはまず大切です。

その後、全身の連動として調整する場合には、経絡ライン調整がとても役に立ちます。

直感で膀胱経に目をつけたわけではありません。

今年は8月7日から立秋となり、毎年ブログ上で繰り返しお伝えしている「秋は肺の季節」がやってきたからです。

肺? 膀胱ではなくて?

実は、肺と膀胱がシーソーのような関係になるのです。

たとえば今月、生まれて初めてふくらはぎがつったとおっしゃる40代女性。

ベッドに仰向けになっていただくと、つま先が天井ではなく、壁のほうを向いていました。

立てば「つま先立ち」のかたちということです。
夏風邪による歪みはこうして整えます 〜ある日の施術より〜_e0073240_07250219.jpg

頭を触らせていただくと、カチカチに緊張していました。普段よりパソコン作業が増えたらしく、とても頭が疲れてしまっているご様子。

頭の疲れは、様々なルートを通って、全身へ伝わります。

こちらの女性は、先述の膀胱経ラインを伝わっていました。

頭の緊張感が膀胱経を通じて、背中側からつま先をピーンと引っ張り、ライン上のふくらはぎも緊張しっぱなしだったのです。


ルートさえ見つければ、あとはゆるめればいいだけ。ただ、パンパンに張りすぎているときには、直接ゆるめようとしても、歯が立ちません。

そんなときに、均整法では、先ほどのシーソーを用います。

膀胱経とシーソーになる肺経。膀胱経がパンパンな分だけ、肺経は力を取られてヘニャッとなったり、また、その逆が起こったりするのです。

うつ伏せで、「肺兪(ハイユ)」に近い胸椎3番を中心に、12種体型「回旋型」調整。回旋型には「膀胱兪(ボウコウユ)」に近い仙椎2番も含まれます。

仰向けになっていただくと、つま先は天井を向いていました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

季節の変わり目である立秋を境に、夏の疲れから夏風邪をひかれて長引いている方、多いです。ある50代男性もそうでした。

こんなときのお体も、肺経と膀胱経のシーソーとして歪みが現れています。

仰向けの姿勢で、胸の高さがずいぶんと違っていました。左側が高く、右側が低くなっています。

肺経の主要なツボ「中府(チュウフ)」付近の高さです。

こんなときも、中極を用いて骨盤全体のかたちを整えると、シーソとして肩や胸周りのかたちが整い、高さもそろってきます。

夏風邪による歪みはこうして整えます 〜ある日の施術より〜_e0073240_07421627.jpg

こうしておかないと、風邪を治す力を、体がいつまでも発揮できないのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「回旋型」「左右型」「前後型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
夏風邪による歪みはこうして整えます 〜ある日の施術より〜_e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



8月22日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

夏風邪による歪みはこうして整えます 〜ある日の施術より〜_e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)




※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

夏風邪による歪みはこうして整えます 〜ある日の施術より〜_e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


by naotknet | 2016-08-20 08:06 | 風邪