快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「スポーツで痛めた」「内臓疲労による」首の痛みの違いとは? 〜ある日の施術より〜


30代男性。休日のスポーツで首を痛めた。だいぶよくなってきたが、ベッドから起き上がるときに、まだ首の左側つけ根が痛む。

ベッドに横になろうとするときには痛くないそうです。起き上がるとき、頭の重さを支えると痛いとのこと。

施術では普通、まず仰向けやうつ伏せ姿勢になっていただくことが多いです。

今回の男性は、その際のポジションを変えるときに辛そうですから、まずはベッドの端に腰かけていただいたまま施術開始。

「体のどこかに痛いところがあるときには、まず捻れをとる」

均整施術で心がけるポイントのひとつです(2015年4月18日ブログ「どこか一部が痛いときの体は、全体的にも捻れています」をご参照下さい)。

具体的には12種類の体型のうちの「回旋型(捻れ型)」調整を行います。

お顔を左右に向けていただくと、左に向いたときに、つけ根あたりがつまって向きにくいとのこと。

ここは痛めた首そのものですので病院に任せ、首をさらにその下で支えている胸椎3番(下図参照)を整えます。
均整施術はどんな姿勢でもできるのがいいところ。座ったまま、胸椎3番を用いた回旋型調整でお顔は左にも向きやすくなりました。

ここから目指すは、寝たり起きたりするときの「起きたり」動作の改善です。

「寝たり起きたり」の動作は、言い換えれば「前後」の動作。12種体型には「前後型」もあるのです。

よって、今回の男性に必要と観たのは、回旋型+前後型調整。

捻れていては前後への動きもしにくいですから、まず捻れを座ったまま解除し、その後メイン調整として、うつ伏せでの前後型調整という流れです。

最後は仰向け姿勢で首の様子をチェック。頸椎の歪みも消えていましたので、起き上がっていただくと、その動作中「あれ? 大丈夫です」とのこと。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


今回の男性はスポーツをきっかけとした歪みでしたので、筋骨格系を中心とした施術が当てはまりました。

具体的には、斜角筋や僧帽筋(下図参照)に関係する頸椎2番や6番を整えるための、胸椎3番調整でした。

寝違えでも今回の男性のような、頭を支えるのも辛い状況ってありますよね。

寝違えは多くの場合、内臓疲労から起こります。

首から各内臓に向かって、内臓を動かすための迷走神経(下図参照)が伸びているため、内臓疲労が首に直接伝わり、首の筋肉の凝りや頸椎の歪みにつながるのです。

中でも肝臓疲労からの寝違えは多いです。


先日いらした30代女性は、左を向くと右首が痛むとのことでした。

肝臓の凝りを、足の親指からほどかせていただくと、お顔をどちらに向けても大丈夫になりました。
e0073240_07373813.jpg


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。



※均整法では「回旋型」「前後型」「左右型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



10月24日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-10-01 07:58 | 首の痛み