快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「巻き肩」「肩が上がる・下がる」が気になる方へ 〜ある日の施術より〜


40代女性のお客様Kさん。施術の最初、立ったときの姿勢を見せていただきながら、「今日は右肩、辛そうですね」とお伝えすると、驚いたご様子で「どうして分かるんですか?」。


右肩がガクンと下がっていたのです。


辛い側の肩は上がっているように思われがちですが、下がって辛い場合もあるのです。


なぜ下がるかは、左と右で違います。


右の場合は肝臓疲労、左の場合は心臓疲労が多いです。


Kさんの場合は肝臓疲労からの凝りが右肩を引っ張り下げているイメージです。さらに両方が巻き肩になっていました。

e0073240_07214801.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


立ち姿勢からベッドに仰向けになっていただきました。その後、うつ伏せに。


ここまでは右肩に張りを感じていらした様子ですが、うつ伏せ施術で何ヶ所か整えて、再び仰向けに戻っていただくと「あれ? なんか楽かも?!」と。


胸椎9番など、肝臓疲労の反応が出やすい点を何ヶ所か操作させていただいたのです。


e0073240_15185573.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


終わって立っていただくと、肩の上がり下がりがそろうとともに、巻き肩も8割くらいは開いていました。


快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆






巻き肩の解放は、腕を体の横にきちんとぶら下げておくために必要です。


腕は意外と重いので、巻き肩につられて前にぶらさげてしまうと、直接的に肩や首の辛さの原因になるのです。

e0073240_834271.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑


肩周辺の微調整で、残りの2割を整えさせていただきました。


デスクワークの時間が長いKさんを始め、現代人にはどうしても起こりがちな巻き肩。


巻き肩には様々な筋肉が関わります。


たとえば脇の下の奥、肩甲骨の裏側につく「肩甲下筋」をいかに整えるかも、解放へのポイントのひとつです。

e0073240_08141574.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

巻き肩や肩の上がり下がりを、ぜひ「内臓疲労」と「日常の体使い」の両面から整えてみて下さい。


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。


快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「消化器型(左右型)」「頭脳型(前後型)」「泌尿器型(回旋型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】



3月13日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集



[PR]
by naotknet | 2017-03-04 08:26 | 肩こり