快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

冬の肩こりは夏の肩こりと違うの? 〜ある日の施術より〜


40代女性Jさん。2回目の施術の際に、こんなことをお話しして下さいました。

「前回の施術後から2、3日、首のつけ根がポカポカしてとても気持ちがよかったです。今回もそれが楽しみです」

これまで歪んで固まっていたところが急に解放されると、血流その他、体には部分的にも全体的にも、様々な変化が現れます。

施術を重ね、整って解放されている状態が普通になれば、いい意味で、極端な変化は起こらなくなります。

このことをお伝えすると、ポカポカがなくなることを少し残念がりつつも、日々おだやかに過ごせる体調になるのであれば、と喜んで下さいました。

Jさんのお悩みは、ときどき起こる頭痛でした。

病院にももちろん通い、様々な手技療法も試したそうですが、それでも長年お悩みの様子でした。

今回ポカポカしたところは、よくスマホ姿勢で負担がかかるといわれるところです。


ここをスマホや、パソコンその他のデスクワークなどで固めて使い続けていると、頭部への血流をコントロールする胸椎1番(下図参照)にとても負担をかけます。


また、上図からは「椎骨動脈」と呼ばれる、脳へ血液を送る血管が、頸椎から頭蓋骨に入るところで急カーブを描いているのが分かります。

アゴが上がった姿勢や、いつもテレビやパソコンのモニターを右か左に置いて眺めている人は、ここにもかなりの負担をかけています。

よって、頭と首、首と肩、それぞれのつなぎ目を解放することは、頭痛を始め、様々な不調の予防・解消につながります。

再び先述のポカポカゾーンに話を戻します。

このゾーンは、冬の肩こり解消にも大切な場所。

当ブログによく登場する「星状神経節」に近いからです(下図では向かって右側のみ示していますが、実際には左右にあります)。


胸椎1番の歪みは、この星状神経節にダイレクトに影響を与えます。

20代女性Kさん「普段、肩こりを感じないのですが、ここのところ、この辺が(とポカポカゾーンを手で押さえながら)凝るんですよ」

30代女性Lさん「最近、首のつけ根の奥の方(とポカポカゾーンの奥を指で差しながら)が凝ります」

交感神経に含まれる星状神経節。

1年を大きく寒い時期と暑い時期に分けると、寒い時期には交感神経優位に、暑い時期には副交感神経優位に体が傾きます。

これらが傾きすぎると、その季節特有の不調につながります。

KさんもLさんもときどきご来院されますので、体の変化がよく分かります。

前回、冬の時期でない頃にいらしたときと比べて、お二人とも微妙に「いかり肩」姿勢になっていました。

冬は寒いから肩をすぼめて縮こまるために肩が凝るとよくいわれます。

確かにそのために外側の筋肉が凝る面もありますが、こうして自律神経から眺めると、体の内側からの凝りも見えてきます。

快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


「首への施術が長いですね」とKさんやLさんをはじめ、お客様からよく言われます。

頸椎から上部胸椎(ポカポカゾーン)までの施術が長いのです。

長年この仕事を続けているうちに、自然とそうなりました。

現代人はそれだけこのあたりを中心に体に負担をかけているということでしょう。

頸椎、胸椎を通して、自律神経まで施術が届くように調整させていただきます。

もちろんさらに腰椎、骨盤そして手足まで。

施術が終われば、いかり肩もおだやかになります。

冬は漢方では「腎の季節」といわれます。

交感神経ががんばっている冬の時期。腎臓や副腎調整を通じて、交感神経に一息ついてもらう時間をとりましょう。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」「骨盤型(生殖器型)」「肋骨型(呼吸器型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


)東京校の来年度受講生募集説明会が始まっています。次回は1月13日(土)開催。私も担当の一人として毎回参加しています。説明会後は授業見学も可能です。下記リンク先より日程をご確認の上、ぜひいらして下さいね(平日夜間コース、土日コースともに、受講希望願書が届き始めました。4月にお会いできることを楽しみにしています)。

「身体均整法学園」東京校説明会日程


昨年度説明会に参加して下さった方々のご感想はこちらです。




2)1月22日開催:均整センター「施術モデル」募集



3)8月4日、内臓疲労解消ウォーキングの本が発売されました。施術後のお客様へのアドバイスをまとめ、生まれた本です


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg

4)輪ゴム均整の本、好評発売中です。発売から2ヶ月、増刷も決定しました。ご購入下さった皆様、ありがとうございます。より多くの皆様のお役に立ちますように。


e0073240_10004077.jpg

[PR]
by naotknet | 2017-12-30 09:03 | 肩こり