快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

股関節の痛い人には、胸椎◯番を整えます 〜ある日の施術より〜


40代女性のお客様Kさん。右股関節の前が痛い。右膝の調子も今ひとつとのこと。

うつ伏せで両膝をそっと曲げ、足先を外に開かせていただくと、右足先が外にかなり開きます。

e0073240_10470487.jpg

立った姿勢に置き換えると、このようになります。

e0073240_10445459.jpg

右の股関節が内側に回転(内旋)しているということです。

左足よりも右足のほうが、より内股になっているといってもよいでしょう。

そのために、右膝にも不自然なひねりが加わりますから、日常ただ歩いているだけでも痛める確率が上がってしまいます。

同じく立った姿勢で上半身をひねってみると、左にひねりやすくなっていました。

e0073240_10482237.jpg

どこで左にひねりやすくなっているか、背骨の1個1個をよく観てみると、いちばん影響していたのは胸椎11番。


11番を主にして背骨を整えると、左にひねりやすかった上半身が、右にも同じようにひねることができるようになりました。

うつ伏せで足先の開きを確認してみると、こちらも左右同じ開きに。

e0073240_11013893.jpg

内側に回転しすぎていた右の股関節が整いました。

施術後、「(右股関節の前こんなに解放された感じは、久しぶりですっ」とKさん。

快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


股関節の位置が正しくなっただけで解放されるということは、歪みとしてはまだまだ浅く、今のうちからケアしておけば大丈夫です。

連動して膝への負担も減るでしょう。

このまま放っておいて、さらに長年を過ごしてしまうと、股関節や膝自体の問題に進んでしまいます。

また、Kさんはランニングが趣味。マラソンの大会にも何度も出場しています。

どこに疲れがたまりやすいかという視点では、心臓疲労タイプに。

左肩と右の股関節で引っ張り合う、斜めのラインが調整ポイントとなります。

よって、普段から自力でケアするには、こちらの図が鍵になります。

e0073240_11040587.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


胸椎11番は、動作では「体のひねり」、臓器では「副腎」、また美容にも深く関わるなど様々な働きがあります。
e0073240_07021928.jpg
「Essential Anatomy 5」


胸椎11番を日常の、特に歩く動作の中でしなやかに動かすと、自力で11番を整えることができます。

ぜひ、ときどき当ブログに登場する男の子の図をイメージしながら、今日は歩いてみて下さい。

よろしければ拙著『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング』P.82「タスキ筋(タスキがけ状の筋肉の連動)」、P.131「心臓疲労姿勢」もご参照下さいね。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。


快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」「骨盤型(生殖器型)」「肋骨型(呼吸器型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


)東京校の来年度受講生募集説明会が始まっています。次回は2月10日(土)開催。私も担当の一人として毎回参加しています。説明会後は授業見学も可能です。下記リンク先より日程をご確認の上、ぜひいらして下さいね(平日夜間コース、土日コースともに、受講希望願書が届き始めました。4月にお会いできることを楽しみにしています)。

「身体均整法学園」東京校説明会日程


昨年度説明会に参加して下さった方々のご感想はこちらです。




2)2月26日開催:均整センター「施術モデル」募集(おかげさまで1月22日は満員となりました)。



3)昨年(2017年8月4日)、内臓疲労解消ウォーキングの本が発売されました。施術後のお客様へのアドバイスをまとめ、生まれた本です


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg

4)心臓疲労解消には、体のひねりやすい側の手の小指に輪ゴムを巻いて下さい。詳しくは下記拙著P.54をご覧下さいね。


e0073240_10004077.jpg


[PR]
by naotknet | 2018-01-27 07:08 | 股関節の痛み