快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

しなやかな股関節を手に入れて、内臓疲労を解消しましょう 〜ある日の施術より〜


40代女性のお客様Eさん。「先月、右の股関節がギックリ腰(?)みたいな感じになってしまって。だいぶいいのですが……」とのこと。

立った姿を見せていただくと、右肩が下がり、右腰が上がった姿勢になっていました

e0073240_05454781.jpg

肝臓疲労による‘肝臓コリによって、体内から引っ張られているときに、よく見られる姿勢です。


右胸と右骨盤を前に張り出してもいるので、右の股関節も左に比べて、少し張り出されるかたちになります。

e0073240_05451170.jpg

左は少し曲がって余裕があります。歩くときに地面からつたわるショックを、左股関節は曲げることによって「バネ」のように吸収できる状態です。

右股関節は全身の歪みの結果として張り出してしまっているので、歩くときに曲げ伸ばしのできるバネにしにくく、「つえ」で地面をガスッガスッとつつくように、ショックをまともに受け止めてしまいます。

この状況で毎日過ごすことにより、右の股関節を痛めてしまうのです。

全身のバランスを整えて、右の股関節にもバネを復活させれば、ショックによる負担が減り、自力で治る流れに乗ることができます。

Eさんの全身のバランスを整えるためには、前回もお話しした、肝経ラインをはじめとする調整により、肝臓コリを解消させればよいのです。

病院の診察で異常がないくらいの段階であれば、歩いてみると、その場で股関節がずいぶんと軽くなります

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


『身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『全国の均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


肝臓疲労のレベルによって、さまざまな操法で肝臓コリを解消していきます。

先述の肝経ライン調整をはじめ肝臓に関する背骨(椎骨)を整える、肝臓にむけて腹部から振動刺激を伝える、など。

日常生活では、歩くときの地面からのショックを、「ガスッガスッ」ではなく、よい加減で肝臓に伝えられるようになると、それだけでセルフ肝臓調整になります。

そのためにも、「つえ」ではなく「バネ」のような右股関節に作り変える必要があるのです。

Eさん以外にも、多くの方が肝臓疲労姿勢により股関節バランスをくずすことから、拙著『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング』内では、「肝臓バイブレーション」と名付けたエクササイズを取り入れています。


股関節エクササイズで「棒」から「バネ」への下地を作ったあと、「肝臓バイブレーション」で上半身と下半身がうまく連動するようにします。

歩くときや運動するとき、肝臓をはじめとする各内臓へ地面からの心地よい振動が伝わり、内臓疲労を自力で解消できる体を作っていくのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

e0073240_10054997.jpg

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(ねじれ型)」「前後型」「左右型」「骨盤型」「肋骨型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


1)「身体均整法学園」平成31年度受講生募集説明会を毎月1回開催しています詳細は「身体均整法学園」説明会ページをご覧下さい。私も担当の一人として毎回会場におりますので、学園のこと均整のこと、何でも聞いて下さいね。


2)8月27日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)自律神経バランスを整える手軽なストレッチの本『がんばらないストレッチ』、8月29日に発売決定しました。


『がんばらないストレッチ』
(田川直樹著・主婦の友社刊)

e0073240_07162709.jpg


4)日常生活の中での歩き方を通じて、大腰筋や小胸筋のコリをほどくことのできる本がこちらです。電子書籍版も発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg


45)気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



[PR]
by naotknet | 2018-08-25 05:50 | 股関節の痛み