快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

秋の肝臓疲労は「均整センター」で解消できます 〜ある日の施術より〜


身体均整法学園「身体均整師養成講座」を終えた後の、実践的な研修の場として「均整センター」があります。

私も月に1回(第4月曜日)、指導員として勤務しています。

先月、スタッフのO先生が50代女性のお客様Sさんの施術を担当しました。

施術後の確認の際、肋骨「ハの字」の右側(肝臓側)の狭さが気になりましたので、O先生に微調整をお願いしたのちに再確認。



きれいなハの字になりました。


Sさんも、よりスッキリされたようです。

ハの字からは、肝臓をはじめとして、内臓疲労の様子がわかります。

Sさんの場合はまだ、肝臓疲労を解消できる余地があると、ハの字ならぬ「への字」に現れていたのです。

均整施術では、骨や筋肉の歪みだけではなく、内臓も大切なチェックポイントです。

たとえば施術前、ベッドの端に座っていただくと、一見よい姿勢に見える方がいます。

上半身を左右にねじってみると、左には軸がブレずにねじれても、

e0073240_08300088.png

右にねじったときだけ、下のようになることがあります。


e0073240_08302108.jpg

肝臓疲労がたまっていると、無意識に肝臓ををよけるようにねじるのです。

座っていただいた姿勢がすでに、自分ではまっすぐに向いているつもりでも、上図の右ねじれ姿勢になってしまう人もいます。

肝臓疲労がさらに深まっているといえるでしょう。

こちらは快風院のお客様、40代男性Rさんが先日そうでした。

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


『身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『全国の均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


この初秋の時期、下記の図を用いて前回お話しした流れで、夏の疲れによる肝臓疲労の方が多いのです。


施術後のRさん、きちんとよい姿勢で座ることができるようになりました。

肝臓疲労がさらに進んで慢性化すると、一見よい姿勢に見えることもあります。

疲れた肝臓を他の臓器がサポートしているうちにあちこちの臓器が疲れ、その分増えた歪みが混ざってしまうのです。

たとえば肝臓疲労で右肩が上がり、心臓疲労で左肩も上がってしまうと、下図の向かって一番右のように、一見まっすぐに見えることがあります。


このとき、施術により肝臓疲労が先に解消されたとすると、右肩だけ下がって、心臓疲労の左肩上がりが残る場合も。

お客様がもしこの事情を知らないままでは、施術を受けたら余計に体が歪んでしまったように見えます。

慢性的な内臓疲労による体の歪みや不調には、少し気を長く持って改善に取り組む必要があるのです。

駆け出しの頃は経験不足からこのことを説明しきれず、あとで「施術をもう少し続けて下されば、さらに快調な体を感じていただけたのにっ」と悔やむこともありました。

悔しさから学んできたこと他、センター指導員としてスタッフにもお客様にも、今お伝えすべきことを、詳しくお伝えしています。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。



快風身体均整院 田川直樹)

※均整法では「回旋型(ねじれ型)」「前後型」「左右型」「骨盤型」「肋骨型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


1)「身体均整法学園」平成31年度受講生募集説明会を毎月1回開催しています。詳細は「身体均整法学園」説明会ページをご覧下さい。私も担当の一人として毎回会場におりますので、学園のこと均整のこと、何でも聞いて下さいね。


2)9月24日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、8月29日に発売しました。


『がんばらないストレッチ』
(田川直樹著・主婦の友インフォス刊)

e0073240_07162709.jpg



[PR]
by naotknet | 2018-09-15 07:49 | 肝臓