快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

季節による不調、よらない不調の見分け方(その2)〜ある日の施術より〜


前回のブログでは、「暑」から「寒」に向かう今、自律神経の切り替えがうまくいかないときに現れやすい不調の例をお話ししました。


今回も一例追加致します。

40代女性Kさん。ときどき右の踵が痛くなっていましたが、最近はずっと調子よく過ごされていたそうです。

それが今回、なぜか左が痛いとのこと。

詳しく伺うと、痛む箇所は左の踵の内側でした。

右のときは外側が痛み、整形外科では以前、骨棘ができていると診断されたそうです。

度合いにもよりますが、全体の重心がそこにかかりすぎないように体のバランスを調整すれば、たとえ骨棘があっても乗らずに済み、楽に過ごすことができます。

Kさんは以前の何度かの均整施術により、その状況を保たれていました。

重心バランスには、それぞれの癖があります。Kさんには「後ろ重心+右捻じれ」の姿勢がよく現れます。

真似していただくと分かりやすいです。

立った姿勢で踵に体重をかけて、そのまま上半身を右に捻ってみて下さい。右の踵の外側に体重がかかってきます。

e0073240_05410867.jpg

今度はそのままの姿勢で左足に体重を移していくと、左踵の内側に体重がかかってきます。

e0073240_05412176.jpg


この「左内踵」重心の状態で日常の立ったり歩いたりを続けているうちに、左の内側を使いすぎたご様子。

仰向けで両膝を立て左右に倒してみると、左にはペニャッと倒れますが、右には左への半分くらいしか倒れません。

e0073240_05110481.jpg

前回のブログでお話しした、「暑」用の副交感神経から「寒」用の交感神経への切り替わりがうまくいかず、左重心が強くなりすぎて、左半身全体が固まっているのです。

こんなとき、均整施術で左右半身のバランスをとるためには、様々な方法があります。

今回は「奇脈応用」を用いました。

左右の手足にあるツボ「外関(がいかん)」「臨泣(りんきゅう)」「内関(ないかん)」「公孫(こうそん)」をそれぞれ探ってみると、張っていたりへこんでフニャッとしていたりと、左右差があってバランスをくずしています。

それらをすべて同じ手触りになるように整えていきます。


施術の最初、Kさんのように捻じれの左右差が大きい方に用いることが多いので、まだ手足の4点しか触っていないのに(しかもごく軽く)、膝の倒れ方が左右同じになってしまうことから、みなさんよくびっくりされます。

ちなみに私の母校「身体均整法学園」では、経絡操縦法などの授業で勉強します。


Kさんの「後重心+右捻じれ」のようなそれぞれの姿勢の癖は、許容範囲であれば、その人がいちばん動きやすい、いうなれば「構え」として働きます。

ボクサーの右構え、左構えのようなものです。

季節の影響など、自律神経の切り替えがうまくいかずに重心が偏り、体が構えの許容範囲を超えると、Kさんのよう踵に乗りすぎたり、他には腰を捻りすぎたり、どちらかの肩を巻き込ませすぎたりして、腰痛、肩痛、踵痛、膝痛etc.につながってしまいます。

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


『身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『全国の均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


奇脈を用いてなぜ捻れが整うか、様々な考え方があります。

ひとつには全身の伸筋と屈筋のバランスが、この操法により整うからともいえます。


伸筋は交感神経と、屈筋は副交感神経との連動が強いため、この時期、自律神経の切り替えがうまくいっていない方にはピッタリな調整方法なのです。

拙著『がんばらないストレッチ』内にも「プチうつストレッチ」として、伸筋と屈筋のバランスをとって自律神経を整えるストレッチを紹介しています。


『がんばらないストレッチ』
(田川直樹著・主婦の友インフォス刊)

e0073240_07162709.jpg

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。


快風身体均整院 田川直樹)

※均整法では「回旋型(ねじれ型)」「前後型」「左右型」「骨盤型」「肋骨型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


1)「身体均整法学園」平成31年度受講生募集説明会を毎月1回開催しています。詳細は「身体均整法学園」説明会ページをご覧下さい。私も担当の一人として毎回会場におりますので、学園のこと均整のこと、何でも聞いて下さいね。


2)10月22日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、8月29日に発売しました。


『がんばらないストレッチ』
(田川直樹著・主婦の友インフォス刊)

e0073240_07162709.jpg


4)日常生活の中での歩き方を通じて、伸筋と屈筋のバランスをとることのできる本がこちらです。電子書籍版も発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg


5)気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



[PR]
by naotknet | 2018-10-20 06:10 | 足の痛み