快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

内臓疲労調整って、具体的にはどうするの?(その2)〜ある日の施術より〜


40代女性のお客様Wさん。胃の不調であまり食欲がなく、お腹も張っているとのこと。

病院でも診てもらいましたが、特に異常は見つからなかったそうです。

胃の募穴「中脘(ちゅうかん。下図参照)」付近をそっと押させていただくと、張っていて苦しそうな様子。

前回お話しした、募穴による内臓疲労調整を用いれば、中脘のペアである心包の募穴「膻中(だんちゅう)」から整えます。

ただ、Wさんの場合、膻中よりも、背中の胸椎5番がカチカチに硬くなっていることが、この日の歪みの中ではいちばん目立っていました。

e0073240_14273936.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

胸椎5番は交感神経の状態をよく表します。


伺うと、いくつかストレスを感じる出来事が継続中のご様子。

そこで、経絡視点ではなく、自律神経視点から胸椎5番を整えました。

結果的に中脘を含む、胃の付近の張りもとれ、「楽になりましたー」と、ホッとしたご様子でお帰りになりました。

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


『身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『全国の均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


40代男性のお客様Fさんは、左背中の張りでご来院。デスクワークの時間が長く、座っていると辛いそうです。

加えて、右腰や右首の凝りも、慢性的に感じるとのこと。

試しにベッドの端に座っていただくと、疲れて重たくなった肝臓を避けるような姿勢になっていました。

e0073240_06344637.jpg

以前の記事「秋の肝臓疲労は『均整センター』で解消できます」にも登場した、肝臓疲労姿勢です。

この姿勢により、上図の赤ラインに沿って、右首→左背中→右腰が辛くなってきます。

このことをお伝えすると「実は会社の健康診断でも脂肪肝と言われまして……」とFさん。

仰向けで肝の募穴「期門」を押させていただくと、冒頭のWさんと同じく苦しそう。

今度は期門とペアである小腸の募穴「関元(下図参照)」を調整。


再び座っていただくと、肝臓を避けずに、まっすぐな姿勢をとれるようになっていました。

e0073240_14144404.jpg

経絡視点、自律神経視点など、臨機応変に視点を移し、苦しいところから無理矢理に施術を進めなくてすむことが、均整法の特徴のひとつでもあります。

ちなみに胸椎5番は胃の不調の他、耳の不調、咳の出すぎetc. また、妊活サポートなどにも大事な椎骨です。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れてみて下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(ねじれ型)」「前後型」「左右型」「骨盤型」「肋骨型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


1)「身体均整法学園」平成31年度受講生募集説明会を毎月1回開催しています。12月は本日(8日)開催。飛び込み参加歓迎致しますので、直接会場にお越し下さい。詳細は「身体均整法学園」説明会ページをご覧下さい。私も担当の一人として毎回会場におりますので、学園のこと均整のこと、何でも聞いて下さいね。


2)12月24日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)「カラダのバランスの整え方」セミナー参加者募集:NHK文化センター川越教室​にて、来年1月〜3月まで月1回開催します。


4)自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です




5)電子書籍版も発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



6)気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2018-12-08 07:34 | 内臓