人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

均整法視点から新聞・雑誌の健康記事を読むと(2019年)


【2019年】

◯8月17日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、夏から秋にかけて、台風シーズンの「片頭痛対策について、記事が掲載されていました。片頭痛とは「頭の片側、もしくは両側が脈拍に合わせてズキズキと痛む頭痛」とのこと。「同じ頭痛でも長時間のパソコン作業などで筋肉が…続きを読む


◯8月3日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、職場での「座りすぎ」対策について、記事が掲載されていました。「日本のオフィスワーカーは勤務中の7割を座って過ごしている。世界で最も長時間、座っている」「(座りすぎは)むくみや冷え症だけでなく、高血圧症や糖尿病…続きを読む


◯今朝(7月30日 火曜)の東京新聞「健康」コーナーに、片頭痛予防体操が紹介されていました。「頭と首を支えるインナーマッスル(体の深い位置にある筋肉)をストレッチすることで、片頭痛の慢性化を防ぐ」とのこと。 約10年前、埼玉国際頭痛センター長の坂井文彦ドクターが…続きを読む


◯7月20日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、夏の冷え症への対策について、記事が掲載されていました。「ヒトの体は冷えを感じると、脳が身体を温めろという指令を送る。その際、自律神経やホルモンバランスが乱れていると、体温調整がうまくできず温まらない」「ストレ…続きを読む


◯7月13日(土)の朝日新聞「元気にキレイに」のコーナーに、「出産前後の体のケア」について、記事が掲載されていました。「腰痛や尿もれ、骨盤臓器脱……。妊娠・出産には骨盤まわりのマイナートラブルがつきもの」「高齢になって症状に悩むこともある」とのこと。「産後の…続きを読む


◯7月6日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、夏の夜に寝付けないときの対策について、記事が掲載されていました。「夏の夜になかなか眠れないのは、体温が下がりにくいことが関係する」「人は体の内部の温度が下がることで眠りにつきやすくなるという特性がある」とのこ…続きを読む


6月28日(土)の日経新聞に、「ゲーム障害」についての記事が掲載されていました。「世界保健機関(WHO)が5月、オンラインゲームなどのやり過ぎで日常生活に支障が出る『ゲーム障害』を国際疾病分類(ICD)に基づく病気として正式に認定した」とのこと。ゲーム障害とみら…続きを読む


◯6月15日(土)の朝日新聞に、「ストレス臭」についての記事が掲載されていました。「ストレスや疲労で、皮膚から出ているガスの成分が変わることが分かり、研究や応用が進んでいる」とのこと。「ストレス臭は自転車こぎなどの運動では発生しない。だが精神的なストレスを感…続きを読む


◯今朝(6月18日 火曜)の東京新聞に、「梅雨時の不調」について、記事が掲載されていました。人の体は1平方メートルあたり10トンの空気の圧力を受けていて、それを体内から同じ圧力で押し返してバランスを保っているそうです。ところが、「梅雨の時期は低気圧が次々に通過…続きを読む


◯5月21日(火)の産経新聞「暮らし」のコーナーに、「“他人が話しかけやすくなる表情”のつくり方」について、記事が掲載されていました。「あなたは1人のときや、気を抜いているときに、自分の表情を目にしたことがありますか?」「ほとんどの人は想像以上に口角が下がって…続きを読む


◯5月18日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、副腎疲労についての記事が掲載されていました。「(副腎から分泌される50種類以上のホルモンの)中でも重要なのが、心身にストレスがかかると火消し役として分泌されるコルチゾール」とのこと。続けて、「ストレス過多が続く…続きを読む


◯5月10日(金)の読売新聞「からだの質問箱」に、腰痛についての記事が掲載されていました。「41歳の息子は数年前から腰痛があり、近所の整形外科で背骨と背骨の間に小さな骨があるといわれました。神経には達しておらず(後略)」と、72歳女性読者から質問が寄せられていま…続きを読む


◯5月3日(金)の読売新聞「からだの質問箱」に、「鼻づまり」についての記事が掲載されていました。「2年前から鼻づまりで困っています。昼間は気になりません。夜寝る時、右側を下にして横向きに寝ると右、左側を下にすると左がつまります」と、81歳男性読者から質問が寄…続きを読む


◯4月20日(土)「日経新聞」夕刊に、男性の妊活についての記事が掲載されていました。男性不妊を専門とするドクターによると、「女性の不妊治療の件数は横ばいだが、男性の治療は増えている」とのこと。スマホのカメラで精子の状況(数と運動率)を測定できる検査キットもあ…続きを読む


◯4月27日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、「森林浴」についての記事が掲載されていました。「森のなかに入ると気持ちが爽快になる。(中略)自然に触れてストレスを減らすことで、健康を保ち病気の予防に役立てるのが森林浴」とのこと。「景色を楽しむ視覚、草木の香…続きを読む


◯4月19日(金)の読売新聞「医療ルネサンス」に、顎関節症の治療についての記事が掲載されていました。専門のドクターによると、顎関節症の代表的な症状のひとつ「開口障害」について、「指3本を縦にそろえて入るかどうか」が、治療目標の目安とのこと。「症状が出て1週間…続きを読む


◯先月のことですが、3月23日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、「隠れ酸欠」についての記事が掲載されていました。「『なんだか息苦しい』と訴えて呼吸器内科を受診する人が増えている」「検査で病気は見付からず、悪い姿勢などによる呼吸の浅さが原因のことが多い。…続きを読む


◯4月5日(金)の読売新聞「からだの質問箱」に、顎関節症について、69歳の女性読者から質問が寄せられていました。専門のドクターによると、「顎関節症は、歯ぎしりやくいしばり、頬づえ、片側の歯ばかりでかむなど、生活習慣が原因になるといわれています」とのこと。「自…続きを読む


◯4月1日(月)の日経新聞に「慢性便秘」についての記事が掲載されていました。「便秘は腸の働きと深く関わる自律神経の乱れが原因となる」「薬での治療だけでなく、生活習慣の見直しも重要」とのこと。運動療法として「1日約20分の速歩やジョギング」なども紹介されてい…続きを読む


◯3月23日(土)の朝日新聞「続・元気のひけつ」に、耳が痛くならないマスクのかけ方について、記事が掲載されていました。「花粉症に悩まされる季節です。(中略)マスクのひもをかける耳の付け根に引っ張る力が集中しないことが大切」「マスクを口に当てて、ひもを耳にかけ…続きを読む


◯3月15日(金)読売新聞「からだの質問箱」のコーナーに、天気痛についての質問が寄せられていました。55歳の女性。低気圧が近づくと気分がすぐれず、首から上が重だるくなり、2〜3日起き上がれなくなるそうです。天気痛を長年研究されてきたドクターによ…続きを読む


○3月10日(日)の毎日新聞に、「冷え」についての記事が掲載されていました。「お花見の翌日に体調を崩す人が多いのは残念なことです。その原因は冷えにあります」「寒いと免疫機能が低下するので風邪を引きやすくなるし、胃腸の働きも低下しがちです」とのこと。「腰などの…続きを読む


○今朝(3月5日)の東京新聞「紙上診察室」に、足の冷えについて、82歳の女性読者から質問が寄せられていました。一年中、足がすごく冷え、厚手の靴下を二枚はいても冷たく、冬は夜に眠れないこともあるそうです。「手足の冷えは末端冷え性とも呼ばれ、性別や年齢に関係なく…続きを読む


○2月16日(土)の朝日新聞「ののちゃんのDO科学」に、「首の寝違えはなぜ起こるの?」と、読者からの質問が寄せられていました。専門医からの回答として、「寝違えで首が痛くなった人たちを調べた研究はないし、検査をしても、骨や筋肉に変化がないことが多くて、はっきりと…続きを読む


◯2月9日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、過敏性腸症候群についての記事が掲載されていました。過敏性腸症候群とは、「内視鏡などで調べても腸に炎症や潰瘍といった異常が見られないのに、腹痛を伴う便通異常を起こす慢性の病気」とのこと。「消化管の運動は自律神経で…続きを読む


◯1月26日(土)の日経新聞「NIKKEI プラス1」に、血流についての記事が掲載されていました。「血流が悪化すると、冷えや体の痛みといったさまざまな不調が現れて、動脈硬化などの原因になることもある」とのこと。「(血液には)ウイルスや細菌と戦う免疫細胞を必要な箇所に…続きを読む


◯今朝(1月29日)の東京新聞「健康」コーナーに、便秘や胸焼けに対する漢方薬の用い方について、記事が掲載されていました。「漢方医学は西洋医学とは異なり、『証(しょう)』と呼ばれる独特の診断概念に基づいて治療します」「同じ症状でも体格や体質によって服用する漢方…続きを読む


◯1月27日(日)の毎日新聞「心と体の調和(ハーモニー)」に、ビタミンDの健康への大切さについて、記事が掲載されていました。「以前は骨に大事なビタミンといわれていましたが、今は骨だけではなく全身の免疫や精神、脳の健康にも関連していることがわかっています」との…続きを読む


◯昨年12月11日(火)の東京新聞に、痔の改善法についての記事が掲載されていました。「痔は生活習慣病。多くの場合、運動不足や過度の飲酒、食生活の乱れなどで便秘や下痢が続くと肛門に炎症を起こす。なので、生活週間を改善すれば治ります」と、専門のドクターが話されていました…続きを読む


◎昨年12月10日(月)、日経新聞夕刊内のエッセイを読んでいて、「オヤジギャグって、前頭葉の老化が原因らしいよ」との一文が目にとまりました。11月にNHK『チコちゃんに叱られる!』で話題になっていたようですので、知っている方も多いかもしれません。若いうちはオヤジギ…続きを読む


◯年明けの1本目は、昨年12月16日の毎日新聞、年末年始の腰痛についての記事からです。寒さで筋肉が硬くなり、スムーズな動きがしにくい時期に「大掃除」「年末の買い出しでの重い荷物持ち」「帰省してきた孫の抱っこ」、年が明けての「子供との初キャッチボール」「ゴルフや…続きを読む


2015年〜2018年分は下記をご覧下さい。

均整法視点から新聞・雑誌の健康記事を読むと(2018年)

均整法視点から新聞・雑誌の健康記事を読むと(2017年)

均整法視点から新聞・雑誌の健康記事を読むと(2015年・2016年)


快風身体均整院 田川直樹)


e0073240_0233818.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」より

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「前後型」「回旋型」「左右型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


by naotknet | 2019-01-17 05:35 | 均整法視点から新聞・雑誌の健康記事を読む