快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

骨盤矯正の前にしておきたいこと 〜ある日の施術より〜


40代女性のお客様Kさん。左股関節前と、右もも裏の凝りにお悩みでした。

あるダンスを習っていることから、姿勢への感覚が細やかで、立ち姿勢での、特に右もも裏が気になるそうです。

施術が終わってベッドから降りたとき、「全然違う!」と、喜んでいただくことができました。

Kさんの骨盤を詳しく観せていただくと、左側は前に、右側は後ろに回転していました。

骨盤の回転と凝りのある箇所は、このようにつながっていました。


よって、もちろん骨盤の歪みを整えることは大切です。

ただし、さらに全体から眺めたほうがよいのです。

Kさんからお話を伺うと、仕事でもプライベートでもとても忙しく、これまでの不調歴からも、常に交感神経ががんばりすぎるタイプでした。

姿勢の面からは、全体として左重心になっていました。交感神経がんばりタイプに多い状態です。

e0073240_12401877.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

左重心の立ち姿勢では、上半身は左に捻りやすくなることが多いです。Kさんもそうでした。

体は、上半身の左捻りを顔(首)を右に捻ったり、腰で右に捻ったりすることで全体のバランスをとろうとします。

Kさんは腰(骨盤)で右に捻ってバランスをとる方法を、これまでの生活の中で身につけてきたご様子でした。


ということは、骨盤の歪みだけ整えても、骨盤は全体のバランスをとるため、またすぐに右捻じれに働き始め、右もも裏にも凝りが出てくるでしょう。

このことから見えてくる、Kさんに必要な不調改善方法は、骨盤の歪みを整えるより先に、交感神経のがんばりすぎをゆるめ、左重心になりすぎないようにすることです。

交感神経のがんばりすぎをゆるめる方法はいくつもあります。そのひとつが、足先の調整。

交感神経がんばりすぎタイプの方の足指は動きが硬くなってすぼまっていたり、足甲全体もコチコチに固まっていたりします。

その中でも特に動きの硬い箇所は、全体の左重心や骨盤の歪みなどをすべて、日常生活の中で支え続けている箇所でもあります。

そこを見つけ出してゆるめることができると、全体のバランスが一気に変わり、交感神経がんばりすぎがリセットできるのです。

よく見つかる箇所は、足の人差し指と中指の間にある、ツボでいうと「内庭(ナイテイ)」と呼ばれる付近です。


内庭から伸びる経絡(上図では胃経)と重なるライン上で、日常の重心を支え続けます。

Kさんの施術の中にも用い、骨盤の歪みとともに、全体の左重心姿勢を解放することができました。

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


『身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『全国の均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


この時期、密かにしもやけにお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

いつもどの指か決まったようにしもやけになる場合、上記のように重心を支え続けて硬くなっている付近の指であることも多いです。

60代女性のお客様Sさんもそうでした。左足の薬指。「血流がわるいからだと思うのですが、直接揉むのは痛くて、揉めません」とのこと。

そんなときにお薦めするのは、指そのものではなく、そのつけ根、足甲の中にある骨「中足骨(ちゅうそくこつ)」を動かすこと。
e0073240_10100212.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑
ギザギザイラストは「かわいいフリー素材集 いらすとや」さんより

重心を受け止めている箇所の中足骨は、隣の中足骨との間がとてもせまくなっており、
血流も滞ります。

全体の施術によって足裏の一点だけで重心を受け止めなくてもすむようにした上で、ご自身で中足骨をつまんで動かすとよいですよとお伝えします。

地道に続けたSさんからは次の施術の際、「おかげさまで、しもやけが治りました」とのご報告をいただきました。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れて下さいね。
快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「骨盤型」「肋骨型」「回旋型(ねじれ型)」「前後型」「左右型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


1)「身体均整法学園」平成31年度受講生募集説明会を毎月1回開催しています(2月は9日の土曜日開催)詳細は「身体均整法学園」説明会ページをご覧下さい。私も担当の一人として毎回会場におりますので、学園のこと均整のこと、何でも聞いて下さいね。


2)2月25日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集


3)自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。




4)電子書籍版も発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



5)気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2019-02-02 07:42 | 骨盤