人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

どこかが痛いとき、全体の姿勢を整えることが大切な理由(足首編)〜ある日の施術より〜


20代女性のお客様Mさん。右足首の外くるぶし側が痛い。

特に、朝起きてベッドから降りたときの一歩目が辛く、日中は痛くないこともあるそうです。

全体の姿勢は、前回記事(2019年6月29日)Fさんと似ていました。

ただ、巻き肩はありませんでした。

Fさんは右後ろ重心を、右肩を前に持っていくことでバランスをとっていました。


今回のMさんは右肩ではなく、右のかかとで、ギリギリのところで踏ん張ってバランスをとっていたのです。

e0073240_09424263.jpg

その持続的な疲れが足首に出た様子。

特に足首をひねったわけでもなく、病院での受診で異常がなければ、無意識に右足首にかかる体重を分散できるよう、全体の姿勢を整えていきます。

ポイントは、やはりFさんと同じく肝臓疲労調整でした。

e0073240_09460939.jpg

肝臓は「かわいいフリー素材集 いらすとや」さんより

その後、Fさんとは逆にねじれていた骨盤調整。

Fさんは右肩の巻き込みと同じ方向に、Mさんは右の足首に乗る方向に骨盤がねじれていました。

e0073240_09543025.jpg

ここからもお二人の、右足首にかかる負担の違いが分かります。

施術後のMさん、立って快調に足踏みをして下さいました。

快風院『均整日記』、おかげさまで15年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆

また、普段ストレッチをするときに、仰向けで右膝を胸につける動作がしにくかったのも、しやすくなったそうです。

右足首から右腰にかけて体重をかけ続けていたことで骨盤の右側も硬くなり、前に回転した状態でくせづき、膝を胸につける動きをじゃましていたのです。


健康のためにストレッチやヨガなどに取り組んでいる方。やりにくいポーズがあれば、全体の姿勢がかかわっていることも多いです。一度均整施術でチェックをしてみませんか? 

今日はこれから「身体均整法学園」 大阪校の担当授業へ。下記リンクは前回4月の授業風景です。


もうすぐ受講生の皆さんは卒業の時期。熱い2日間になりそうです。

すべての不調を均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れて下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(ねじれ型・泌尿器型)」「肋骨型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※当ブログ更新の通知を、下記リンク先から設定できますので、ご利用下さい。

更新を通知する

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


◯「カラダのバランスの整え方」セミナー参加者募集

NHK文化センター川越教室​にて、7月〜9月まで月1回開講しています。


7月22日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集


自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。




◯単行本、電子書籍版ともに発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2019-07-06 05:56 | 足の痛み