人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

夏に足がつりやすい人の対策 〜ある日の施術より〜


40代女性のお客様Uさん。ふくらはぎが張って辛いとのこと。

「特に右が……」とおっしゃっていました。

触らせていただくと、確かに両方とも張っていて、右側がより強いです。

服の上から、おへその右下くらいのあたりのところを軽く押さえさせていただくと「うっ」と苦しそうです。

「そこはなんですか?」との問いに、「副腎(下図の赤丸、腎臓の上の黄色っぽい臓器)の疲れ度を表すツボです」とお答えしました。

おへその左右ななめ下のところには腎経ライン上の「中注(ちゅうちゅう)」というツボがあり、副腎疲労の反応が出やすいのです。

e0073240_12062583.jpg
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂

左も張っていましたが、やはり右が強く出ていました。


このような場合には、セルフケアでも活用できるような技を用いて施術をスタートします。

手軽にできる副腎疲労解消は、「足の小指回し」。

足の小指は漢方でいうところの「腎」に関わりが深く、うまく操作すると副腎疲労解消になります。

比べると、やはり右側が付け根から硬くなっていましたので、よく整えて柔らかくしてから、もう一度おへその下を押させていただくと「痛くない!」と。

「ふくらはぎもとても軽くなりました。これまで一生懸命揉んでいたのに……小指を回すだけでよかったんですねっ」

もちろん、その後は背中からも「胸椎11番」など、副腎疲労解消に大切なところをしっかり整えさせていただきました。

ふくらはぎは副腎疲労により張りやすいのです。詳しくは下記2014年6月14 日のブログをご覧下さい。


「おうちでもよく回して下さいね」とお伝えすると、「はい(主人に)伝えます」(=回してもらいます)と笑いながらおっしゃっていました。

快風院『均整日記』、おかげさまで15年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆

肝臓疲労から足がつりやすくなっている人も多いです。その場合は足の親指が硬くなっていますので、セルフケアとして親指回しをお薦めします。

すべての不調を均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れて下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(ねじれ型・泌尿器型)」「肋骨型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※当ブログ更新の通知を、下記リンク先から設定できますので、ご利用下さい。

更新を通知する

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


◯「カラダのバランスの整え方」セミナー参加者募集

NHK文化センター川越教室​にて、7月〜9月まで月1回開講しています。


8月26日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集


自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。




◯単行本、電子書籍版ともに発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2019-07-27 07:34 | 足の痛み | Comments(0)