人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

頭痛予防に、骨盤を整えてみませんか? 〜ある日の施術より〜


50代女性のお客様Yさん。慢性の頭痛をお持ちで、最近の体調を伺うと、ときどき右の後頭部が痛くなっていました、とのこと。

ちょうど前回(2019年9月7日)のブログに、「踵」「仙骨」「後頭骨」の連動と整え方について書きました。

Yさんにも、こちらの3つを中心に施術をさせていただきました

e0073240_09500149.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


均整法では、このような骨格視点の施術もあれば、下図のように頭と踵を結ぶ経絡ライン視点の施術もあります。


その方のタイプに応じて、より整いやすい施術方法を選ぶことができるのです。

再び骨格視点に戻り、Yさんの施術中のこと。後頭部をよく観せていただくと、右側が下がっていました。

後頭部にある後頭骨は、頭痛を起こしやすい側に回転し、頸椎との間がせまくなっていることが多いです。



上記の経絡ライン視点や、3つの骨視点で整えると、後頭骨も連動して7〜8割整いますから、残りを直接整えていきます。

快風院『均整日記』、おかげさまで15年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆

頭痛を起こしている最中の方がもしもご来院の際には、病院での受診もお勧めしながら、踵、仙骨からのみの施術。無理に後頭骨は触りません。

よってYさんのように、頭痛が起こっていないうちに後頭骨も直接整えておくと、よい頭痛予防になります。

ちょうど先日、フェイスブックに頭痛について投稿したところでした。よかったらお時間あるときにご覧下さい。

(フェイスブック投稿より)「9月8日(日)の毎日新聞に、「頭痛」についての記事が掲載されていました。『(頭痛は)大きく2種類に分けられますとのことで、一般的な慢性の頭痛1次性頭痛と、何らかの原因で頭痛が起こる、緊急を要する可能性のある2次性頭痛が紹介されていました。その上…続きを読む

べての不調を均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れて下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(ねじれ型・泌尿器型)」「肋骨型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※当ブログ更新の通知を、下記リンク先から設定できますので、ご利用下さい。

更新を通知する

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


「身体均整法学園」東京校の来年度受講生募集説明会を毎月1回開催していま詳細はこちら、「身体均整法学園ブログ」説明会日程をご覧下さい。私も担当の一人として毎回会場におりますので、学園のこと均整のこと、何でも聞いて下さいね。


◯「カラダのバランスの整え方」セミナー参加者募集

NHK文化センター川越教室​にて、7月〜9月まで月1回開講しています。


9月23日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集


自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。




◯単行本、電子書籍版ともに発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2019-09-14 07:24 | 頭痛