人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「シンプルな歪み」とそうでない歪み


【シンプルな歪み】
例えばもともと健康体である方が、仕事でたまたま右腕を使いすぎて痛めた結果、右肩が上がって見える等。

【シンプルでない歪み】
例えば長年の不摂生により脂肪肝ぎみになり、肝臓が右肩を下から押し上げるために右肩が上がって見える等。

どちらの場合も均整法でやるべきことは「観察・設計・調整・確認」です。均整法での施術の流れは、この四つの言葉で表されます。

【観察】
施術の最初に、例えば立った姿勢での、肩や骨盤の左右差がどうなっているかをよく観ること。その方のお悩みが右肩の痛みであれば、右肩と全体とが、どのようにバランスをとりあっているかなどを観ていきます。

【設計】
均整法では姿勢(体型・フォーム)を12種類に分けて考えます。フォーム3では右肩が上がる傾向があり、フォーム10では骨盤が開く傾向にあるなど、1〜12までのフォームにそれぞれ特徴があります。

各フォームには、それぞれに応じた調整法がありますので、お客様がどの体型にあてはまるか、もしくは、どれとどれの体型が混ざっているか(お悩みが慢性になればなるほど、体型がいくつも複雑に重なり合っていきます)などを細かく観察していくと、その結果に基づき、調整の手順が自然と設計されていきます。

【調整】
設計に沿って調整していきます。手技を用いて体型を整えることを、均整法では‘調整’と呼びます。

【確認】
最初に観察した体型で右肩が上がっていて、左の骨盤が下がっていて…などが、調整により、すべて整ったかどうかをチェックします。

シンプルな歪みであれば、この流れを1回の施術として、1〜数回繰り返すことで施術は完了するでしょう。

シンプルでない歪みの場合、「観察・設計・調整・確認」でひとまず整えた体は一時的なもので、そのままにしておくといずれ歪みが戻ることになります。

では、施術の意味はどこにあるのかというと、その方の歪みが戻らないために、日々どのような過ごし方をすればよいのかという、生活習慣の「設計」になるのです。

『各地の身体均整院』

肝臓で右肩を押し上げた体型が、施術によって整ったのなら、その方にとって施術を受けるよりも大切なのは、日常生活の中で、いかに肝臓に負担をかけすぎないようにするか、です。

体にいいことをしなければならないと、うすうす感じてはいても、例えば食事、睡眠、運動などのうち、何から手を付けていったらいいのか、さっぱり分からない方も多いと思います。

施術によって、自分の歪みが肝臓からなのか、心臓からなのか、あるいは胃からなのか、などが分かれば、今の自分に必要な方法だけを、無駄なく取り入れることができるのです。


※フォーム(体型)についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

by naotknet | 2008-05-31 09:05 | 整体って?