人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

首の凝り〜ある日の施術より〜


30代男性。首の右側がいつも凝っている。右腕、肩まで痛くなることがあり、整形外科でレントゲンなどの検査を受けるも異常なし。

立った姿勢で、両方の肩に手を置かせていただくと、どちらかの肩が上がっている、下がっているというよりも、両肩、特に首の付け根付近が、下から押し上げられるように持ち上がり、パンパンに張っているという状態が目立っていました。

例えていうなら、首の付け根に、伏せたお椀が入っているような、ドーム型に感じられます。そのことで首がつまり、慢性的な凝りや痛みにつながっている様子。では、何が肩を押し上げ、ドーム型を作っているのでしょうか。

首の下には肋骨があり、その中に収まっているものといえば、肺や心臓。これらに負担がかかり過ぎて、体内から肋骨を押し上げ、押し広げている姿と考えることができます。

体表には、体内の臓器の様子が、場所ごとにはっきりと現れます。

不規則な食事や暴飲暴食、あるいは強いストレスなどの理由で、常に胃に負担をかけている方であれば、胃がある場所、みぞおちあたりが中から押し広げられ、ドーム型になっています。

最近よく耳にする「脳疲労」であれば、頭蓋骨全体がピーンと張りつめたようであるとか、女性で生理痛など婦人科系でお悩みであれば、骨盤自体がはち切れるように中から押し広げられ、パンパンに張っている方もいらっしゃいます。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(2008.10~開講中)

東京校(2009.4~開講)


話をもとに戻して、首の付け根にドームが感じられた場合、「タバコは吸われますか?」と伺うと、ほぼ間違いなく喫煙の習慣をお持ちです。

別の男性のお客様で、首の不調から、MRIでの検査まで受けられた方もいらっしゃいました。

その方も同じく喫煙歴が長く、均整の施術をきっかけに、意識して一日の本数を減らしたところ(本当は禁煙していただきたいのですが)、前のように、夜も寝られないような状況にはならなくなったとのことで、ドームも目立たなくなってきました。

施術としては、均整法の12種体型別に、肋骨型循環器型調整により、肺や心臓の疲れをとることで、首の下のドームを、ひとまず低くしていきます。

同時に、上記の男性の例からもお分かりのように、喫煙の習慣を改善していくことは、施術での変化を最大限に引き出すために、とても大切です。


※肋骨型、循環器型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所などをキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

by naotknet | 2009-02-28 20:40 | 首こり