人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007年 02月 14日 ( 1 )



30代女性。肩が凝る。マッサージ店などでは左が凝っていますね〜といわれるが、凝った感じがしたり、痛かったりするのは右の肩なので、いつも不思議に思っていた。

両肩を同時に触らせていただくと、確かに左の肩から首にかけて、右よりもずっと硬いです。さらに、右の肩や首はどちらかというと、やわらか過ぎる感じもします。

ここで大事なのは、もっと下にある肩甲骨周辺、特に裏側を観ることです。触ってみると、左はなんともないのに、右の肩甲骨裏にとても硬く、押すと痛くて、指の入っていかない箇所がありました。

簡単にいえば、右の首や肩の筋肉はここに向けてひっぱりこまれ、びよーんと伸びきってしまっています。それが左肩と比べたとき、手触りとしてはやわらかく感じられ、ご本人の自覚としては痛みや凝った感じにつながる部分なのです。「何でやわらかいのに、凝った感じがするんだろう?」の答えがこれなのです。

右の肩甲骨裏の硬さ(肩甲下筋などの硬さ)は、位置的に肝臓にも近いことを視野に入れた施術をしていくと、よくほどけてきて、伸びきった右肩、首の筋肉(肩甲挙筋など)にもほどよい弾力が戻ってきます。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

『肝整.net』

by naotknet | 2007-02-14 16:28 | 肩こり