人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010年 07月 10日 ( 1 )



50代女性。目が疲れる。

目の疲れが慢性化している方は、首や肩が凝っていて、頚椎にも歪みのあることが多いです。

今回の女性は、7つある頚椎のうち、頭のほうから数えて2番目の「頚椎2番(C2)」が左に歪んでおり、それがまっすぐになった施術後、「先生、目がパッチリしました」とおっしゃっていました。

逆に、目の疲れが慢性化している方の目を先に整えると、C2の歪みが整う場合もあります。

では目の調整が先か、頚椎の調整が先かはどうやって決めるのでしょう?

歪みの状態で判断します。


歪みが強すぎると、そこを整えようと思っても強ばりすぎていて、何をやっても歯が立ちません。

頚椎とその周囲の首や肩の筋肉がガチガチでどうにもならないとき、頭の後ろ、目の真裏にあたる「脳空(のうくう)」というツボを使い、まず目を整えると、首や肩に触らなくても筋肉は弛み、頚椎は整います。

脳空だけでは調整できないほど疲れの進んだ目であれば、頚椎を先に整えます。

頚椎も目も無理であれば、全身の歪みを視野に入れ、骨盤、腰椎、胸椎と、下から順に整えていきます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

それでもまだ残るなら、次は肝臓、次は足首etc.と、目や頚椎と連動しやすい箇所を順番に整えていくうちに、いつの間にか頚椎もまっすぐに、左右で大きさの違っていた目も整っていきます。


※全身の歪みを均整法では12種類に分けて考えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

by naotknet | 2010-07-10 08:47 |