人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2014年 11月 29日 ( 1 )



40代女性。バンザイの動作をすると左肩が痛い。

肩の調子の悪いときには、左右の肩のラインに差があります。片側が巻き込んでいたり、下がっていたり。今回の女性は左が上がっていました。

このかたちを整えるのが、均整師の仕事です。そうかといって、上がっている痛い側の肩を、直接ギューギュー押し下げたりはしません。

例えば痛くない側の肩が下がっていれば、それを上げる操作をすると、痛い側がシーソーのように下がり、左右の肩ラインがそろいます。

他の場所にある左右差を使うこともできます。今回の女性は坐骨に左右差がありました。
肩の痛みはお尻でとれる?〜ある日の施術より〜_e0073240_744022.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑より


仰向けで立てた両膝を持ち上げていくと、お尻の二つの山ラインがあります。

ちょっと無理やりですが、「UU 」こんなかたちだとすると、右の山が下がっていました。

「坐骨均整法」という操法(『身体均整法』 P.172掲載)を用いて右の坐骨を上げ、山のラインをそろえると、肩のラインもそろいました。体にはこのような性質があるのです。


別の40代男性も、痛む左肩が上がっていました。このときには、下がっている右肩でもなく、坐骨でもなく、整えるべきは心臓疲労でした。

左肩には心臓の、右肩には肝臓の調子が現れます。
肩の痛みはお尻でとれる?〜ある日の施術より〜_e0073240_714865.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑より


均整法12種体型「循環器型」調整で心臓疲労解消に持っていくと、左肩も穏やかに下がりました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

さらには、かたちや動きが外からの影響(姿勢の習慣etc.)か、中からの影響(内臓疲労)かを見分け、原因に応じた調整を進めることができます。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

【お知らせコーナー】

12月22日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


by naotknet | 2014-11-29 07:29 | 肩痛