人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年 06月 23日 ( 1 )



40代男性のお客様Nさん。「最近、疲れが抜けなくて……」とのこと

どんな不調であっても、施術の前には全身の姿勢や動きをチェックさせていただきます。

左肩が痛いのであれば、痛くない側の右肩と比べてどうなっているか。

左肩が巻き込んでいるかもしれませんし、上がっているかもしれません。

右腰が痛いのであれば、痛くない側の左腰と比べてどうなっているか。

骨盤の右側が上がっているかもしれませんし、前側がつまっているかもしれません。

さらに、他の部分の歪みとどのように連動しているかを全身から探っていきます。

Nさんの場合であれば、均整法視点からは、たとえば季禄部と呼ばれる、肋骨のお腹側「ハの字」をチェックします。


左右がきれいに、ほぼ同じ角度になっているかどうかをチェックするのです。

Nさんのハの字は、右側の角度が左に比べて急になっていました。「への字」です。

右側の肋骨内には肝臓が収まっていますので、肝臓疲労を表すことが多いです。


Nさんは定期的にいらしているので、いつもと違う歪みはよくわかります。

いつも、への字はそれほど目立っていなかったので、体の疲れを処理する肝臓自体の疲れかもと推測できるのです。

うつ伏せの状態で背中から、肝臓に関わりの深い椎骨、胸椎6番や腰椎2番などに出ていた歪みを整えた後、仰向けになっていただくと、への字はきれいにハの字になっていました。

季節柄の疲労の処理に肝臓が追われて、手一杯になっていたようです、とお伝えしました。

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


40代女性のお客様Uさんは、肩が痛い、腰も、膝も、指も……と、いくつもの不調にお悩みでした。

病院の受診も念頭に置きつつ、このようなとき均整施術では頭の疲れ(脳疲労)が、見逃せないチェックポイントのひとつです。

Uさんの頭をそっと触らせていただくと、仕事上のストレスから頭の前側がコチコチでした。

脳疲労も、先ほどのNさんのときと同じく、お腹の状態に現れることがあります。

頭のてっぺんをおへそに、後頭部を下腹に、おでこを上腹に合わせます。


すると、疲れていて凝っている側の頭に対応するお腹も張っているのです。

6月13日のフェイスブック投稿記事に、脳疲労を表す「おにぎり型」の頭のかたちについてお話ししました。

脳疲労、特に前頭葉の疲れが進むと、頭を上から見たとき、おでこが三角おにぎりの頂点の1つのようにとがってきます。

Uさんはのおでこはまさにこのかたちで、上腹がパンパンに張っていました。下腹は逆に力が抜けたようになっています。

うつ伏せの状態で背中から、腰椎1番を中心とする均整法12種体型「頭脳型」調整の後、お腹は上下ともによい弾力が戻り、おでこもゆるみました。

ちなみに冒頭のNさんの腰椎2番調整は「消化器型」調整にあたります。

腰椎1番と2番は下図のように、位置的にはひとつ違うだけですが、施術の意味合いは脳疲労調整と肝臓疲労調整、大きく分かれていくのです。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「頭脳型」「消化器型」「骨盤型」「肋骨型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


1)「身体均整法学園」平成31年度受講生募集説明会が8月から開始予定です。詳細はまたこちらのコーナーでお知らせ致します。


2)6月25日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)部位同士の連動を施術だけではなく、歩き方の中にも生かし、日常生活を通じて頭蓋骨他を整えることのできる本がこちらです『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

疲れが抜けないときには肋骨「◯の字」を整えます 〜ある日の施術より〜_e0073240_10000818.jpg


4)気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2018-06-23 08:04 | 疲れ