人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019年 01月 12日 ( 1 )



40代女性のお客様Aさん。夜、寝ようとして布団に入ったとき、左肩甲骨内側の凝りが気になり、なかなか寝つけないとのこと。

もともと胃の調子がよくないとも伺い、今回の不調解消の手がかりになりました。

胃の調子は肩甲骨の内側、胸椎5〜7番の左側(下図赤丸)に出やすいのです。


ここの凝りをなんとか楽にしようと横を向いたりうつ伏せになったり、いろいろ姿勢を変えているうちに、ようやく眠れるのですとおっしゃっていました。

たとえば左足を上にして重ねる姿勢は、胃が楽になります。


右足を重ねると、肝臓が楽になります。

e0073240_16313111.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

年末年始に食べ過ぎたり飲み過ぎたりした人は、どちらかのポーズを無意識にとっていたかもしれません。

これらの姿勢を施術に応用すると、胃や肝臓をすばやく整えることができます。

Aさんには、左足を重ねた姿勢での施術をさせていただきました。

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


『身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『全国の均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


何年か前から、月に1度くらいのペースで定期的にいらして下さる40代女性のお客様Fさんも、初来院からしばらくは胃の調子が今ひとつでした。

仰向けで施術を受けているときに、着ているTシャツが上に上がってきて、襟が首すじにあたると、とても気になるご様子だったのをよく覚えています。

胃となんの関係が? と思われるかもしれませんね。

実は、胃と連動する筋肉が首すじにあるのです。「胸鎖乳突筋」といいます。


胃の不調や疲労によってこの筋肉が張り、そこにシャツの襟が触れて気になっていたのです。

他にもたとえば男性ならネクタイがとても苦痛だとすると、胃をはじめ、消化器系の内臓疲労があるかもしれません。

今ではFさん、施術中に襟があたっても気にならなくなりました。

他に胃や肝臓の調子を表す箇所として、肋骨「ハの字(下図の赤線)」のことを、このブログでよくお話しします。


Fさんはハの字が広すぎるタイプ。Aさんは狭すぎるタイプ。

その方にちょうどよいハの字型に落ち着かせていくのが、施術が成功したかどうかの目安のひとつになります。

Fさんは以前と比べて広すぎることがなくなり、Aさんは施術後にハの字がふわっとおだやかに広がりました。

また、貧血を起こしやすい人に、胃の弱い方が多く見られますので、普段から整えておくとよいでしょう。


ちょうど今、「身体均整法学園」で私が担当している授業「救急操縦法」で、そのしくみや調整法を勉強します。

学園ブログから、授業の様子を少しご紹介。



すべての不調や、そのときどきの体調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れて下さいね。


快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(ねじれ型)」「前後型」「左右型」「骨盤型」「肋骨型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


1)「身体均整法学園」平成31年度受講生募集説明会を毎月1回開催しています(今月は本日10時開催。飛び込み参加歓迎致します)詳細は「身体均整法学園」説明会ページをご覧下さい。私も担当の一人として毎回会場におりますので、学園のこと均整のこと、何でも聞いて下さいね。


2)1月28日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。




4)電子書籍版も発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



5)気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2019-01-12 06:13