快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:腕の痛み( 22 )



40代男性のお客様Pさん。首の不調から左腕がしびれるようになり、病院を受診。リハビリにも通っていますとのこと。

天井を見上げる途中でしびれ感が増し、真上まで見上げることができません。

首(頸椎)そのものの治療は病院にお任せし、施術では「肩鎖関節(下図参照)」を中心に整えていきます。

肩鎖関節の下を、頸椎から腕に伸びる神経や血管が、トンネルをくぐるように通っています。
肩鎖関節の動きが悪くなると、その周囲の筋肉や靭帯の凝りにより、トンネル内に渋滞が起こってしまうのです。

肩鎖関節と連動が強い椎骨は頸椎3番。上部の頸椎です。


病院で治療中の頸椎は下部ですので3番とは離れており、3番は直接整えていきたいところですが、首を触られるのは不安なご様子でした。

そういうときには無理に触らずに施術を進められますのでご安心下さい。当ブログでときどきお話しする「椎骨の連動」を用いればよいのです。

腰椎4番→胸椎12番→胸椎8番→胸椎4番まで、頸椎以外の椎骨を4つおきに整えていくと、頸椎3番も連動して整い、肩鎖関節のトンネル渋滞も解消します。

また、下部頸椎を含め、脊柱全体の姿勢も正しくなります。

今回のPさんは「頸椎症性神経根症」との診断を受けたそうです。

原因として「加齢による」と言われることも多いようですが、具体的には猫背やスマホ姿勢など、悪姿勢を取り続けての加齢がまずいのです。

正しい姿勢を習慣にすることができれば、健康なままで歳を重ねることができます。

Pさんからは3回目の施術で「なんともなく、こんなに上まで見上げられたのは久しぶりです」と笑顔のコメントをいただきました。

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


自宅で軽くつまずいた拍子に、右膝をひねって痛めた50代女性のお客様Jさん。腫れたりはしなかったのですが、まだ微妙に違和感があるとのこと。

念のため病院での受診も薦めながら、やはり上記Pさんと同じく、直接膝には触らずに施術開始。

背骨を観せていただくと、均整法12種体型「回旋型(ねじれ型)」の特徴である、腰椎3番、胸椎11番、胸椎7番、胸椎3番に歪みがきれいに現れていました(ちなみに上記Pさんとは1つずつ番号がずれた現れ方です)。

ときどき施術させていただいているため、いつもと違う歪みがあればすぐに分かります。

これら、一時的に現れた回旋型の椎骨の歪み、特に腰椎3番を中心に整えていくと、膝には直接触らずに膝を整えることができます。
Pさんの頸椎3番の歪みと肩鎖関節が影響し合ったように、Jさんは膝の歪みと腰椎3番が影響し合いました。

その連動を用いれば、膝には直接触らなくても、施術を進めることができるのです。

「もうほとんど大丈夫と思っていましたが、膝ってこんなに軽いものだったのですね」と、笑顔でお帰りになりました。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(ねじれ型・泌尿器型)」「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


「身体均整法学園」東京校30年度「土日コース」「夜間コース」では、若干名の追加募集を行っています。学園事務局までお問い合わせ下さい。お会いできることを楽しみにしています。


昨年度受講説明会に参加して下さった方々のご感想はこちらです。




2)6月25日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)本日のブログ内にある「正しい姿勢」を習慣にできる、具体的な方法を書きました

『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg


4)もうピークはすぎたようですが、まだ辛そうな方をお見かけします。花粉症対策用に自律神経バランスを整えるには、体をねじりにくい側の足首に輪ゴムを巻いてみて下さい。場所は「照海(内くるぶしの下あたり)」がベストです。詳しくは下記の拙著36ページをご覧下さいね。



e0073240_10004077.jpg


[PR]
by naotknet | 2018-04-28 07:40 | 腕の痛み

60代女性のお客様Yさん。週何度かジムに通っていて、最近、腕のトレーニング中に右肘が痛むとのこと。

両手を前に伸ばして、踊りの‘きらきら星’のように手のひらを動かし、ねじっていただくと、右は内側へ、左は外側へねじるのが楽なご様子。

e0073240_12110307.jpg

立った姿勢での体の左右ねじり動作は、左にねじりやすくなっていました

合わせて考えると、肘を含む左右の腕は、体幹の左ねじれに沿った動きになっているということです。

e0073240_12145592.jpg


右肘が内側に、左肘が外側にねじれたまま、マシンやダンベルでトレーニングをしていたわけです。

この左右差が痛める原因のひとつでした。

そこでYさんには、体幹の左ねじれを整える「左回旋型」調整。きらきら星が左右同じ動きになりました。

同じく筋トレやランニングに励まれていて、最近、腕立て伏せのときに右手首が痛むとおっしゃる40代女性のお客様Kさん。

体幹はYさんと同じく左ねじれタイプでしたが、きらきら星はYさんとは逆の動きになっていました。

e0073240_11232170.jpg



なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

Kさんはきらきら星を体幹のねじれとは逆方向にねじることで、全体のバランスをとっているのです。

Yさんは、体幹もきらきら星も左ねじれです。そのかわりにYさんは、首(頸椎)を右にねじってバランスをとっていました。

e0073240_07335480.jpg

人によっては、骨盤を右にねじったり、膝を右にねじったり、様々なタイプがあります。
e0073240_08000261.jpg

逆方向にねじってバランスをとる部分で腰痛や膝痛も起こりやすいのです。

快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報



Kさんもきらきら星を両手ともに同じように動かせるように調整すると、手首の関節「橈尺関節(とうしゃくかんせつ。写真の赤丸」で起こっていた部分的なねじれが解消され、手をベッドについても大丈夫になりました。

e0073240_08020257.jpg

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


「身体均整法学園」東京校の来年度受講生募集説明会、3月17日が最終回でしたが、まだ若干名の追加募集を行っています。学園事務局までお問い合わせ下さい。4月にお会いできることを楽しみにしています。


昨年度説明会に参加して下さった方々のご感想はこちらです。




2)4月23日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)内臓疲労解消ウォーキングの本、好評発売中です。お客様からの施術後のご質問、「普段、何かしておくといいことはありますか?」から生まれた本です


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg


4)この時期、花粉症対策用に自律神経バランスを整えるには、体をねじりにくい側の足首に輪ゴムを巻いてみて下さい。場所は「照海(内くるぶしの下あたり)」がベストです。詳しくは下記の拙著36ページをご覧下さいね。



e0073240_10004077.jpg


[PR]
by naotknet | 2018-03-31 08:11 | 腕の痛み

40代男性のお客様Aさん。左肘と右腰が痛いとのこと。

ゴルフが趣味で、かなり熱心に取り組まれています。肘はそのせいかも……ともおっしゃっていました。

病院の受診も併用されつつのAさんには、全身のバランスから見て肘、腰どちらの不調にも「左肩甲骨の動きがポイントです」とお伝えさせていただきました。

施術ベッドの端に座った姿勢での、上半身の左右ねじり動作は、左にはねじりやすく、右にねじりにくくなっていました。

また、右にねじった際には、右腰にも響くそうです。

肩甲骨と肋骨の間に指を入れさせていただくと、右はすんなり入りますが、左の肩甲骨は肋骨にピタッと張り付いたようで、全然入りません。
バンザイの動作も、左はこの肩甲骨周りの硬さに邪魔されて、右と比べると上がりにくくなっています。

仰向け、うつ伏せで全身の調整をさせていただいたあと、再度座った姿勢で肩甲骨をチェック。

最初と比べて指がかなり入りやすく、バンザイの左右差もなくなってきました。

上半身を右にねじると、かなりねじりやすくなったものの、まだ右腰に響くそうです。

座った姿勢のまま、左肩甲骨を微調整。

再び右にねじると「あ、腰、楽です。肘もっ」とのことでしたので、この回の施術は終了です。

快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


なぜ左肩甲骨の調整で、肘や腰を解放することができるのでしょうか。

腕を動かすときには、肩関節や、肘関節、手首(手関節)が連動して動きます。

そのとき、肩甲骨も肋骨の上をすべるようにして連動します。

下図の水色が肩甲骨。さらに黄色の鎖骨も加わって連動します。


バンザイなど大きな動作になると、肩甲骨の動きを、より感じることができます。

これらの連動がスムーズであれば、たとえばゴルフのスイングでも「肩甲骨」「肩」「肘」「手首」それぞれが仕事を分担するため、どこか1ヶ所に負担が集中せず、スイング自体もよい動きになります。

ところが現代人の肩甲骨はデスクワークの過剰、運動不足などにより、すべる動きが硬く、Aさんのように肋骨に張り付いたまま、びくともしない方も多いです。

そのような状況でゴルフのスイングをすると、「肩甲骨」を除いて「肩」「肘」「手首」だけで仕事を分担せねばなりません。

Aさんの場合は肩甲骨が動かない分、肘の動きが過剰になって痛めたといえるのです。

右腰と左肩甲骨との関係は、以前(2017年8月12日)の記事にも登場した下図をご覧下さい。

e0073240_06064091.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

人の動作は歩行を始め、対角線の肩と腰(股関節)を結ぶラインの筋肉が連動すると、とてもパフォーマンスが上がります。

Aさんの場合は、左肩甲骨の硬さにはばまれ、歩行でいうと下図のラインがのびのび動けず、結果的に右腰の動きも固め、痛めてしまったのです。

施術後にこのことをAさんにお話しし、腰や肘を痛めないためにも、またゴルフのさらなる上達のためにもと、右股関節エクササイズをはじめ、全体の体使いをお話しさせていただきました。

拙著『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング』82〜86ページに、上図の対角線の動きについて、さらに詳しく書いています。

均整法ではさらに、この左肩甲骨の硬さがどこから来ているのか? までも深く探っていきます。

たとえば、Aさんのことではないですが、心臓疲労からも肩の動きは硬くなります。

e0073240_18002207.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

心臓と肩の関係について詳しくは、2016年7月23日の記事「夏に起こしやすい肩痛とは?」、また『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング』P.131「心臓疲労姿勢」をご参照下さい。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。


快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」「骨盤型(生殖器型)」「肋骨型(呼吸器型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


)東京校の来年度受講生募集説明会が始まっています。今月は本日1月13日(土)開催。私も担当の一人として毎回参加しています。説明会後は授業見学も可能です。次回は2月に開催します。下記リンク先より日程をご確認の上、ぜひいらして下さいね(平日夜間コース、土日コースともに、受講希望願書が届き始めました。4月にお会いできることを楽しみにしています)。

「身体均整法学園」東京校説明会日程


昨年度説明会に参加して下さった方々のご感想はこちらです。




2)1月22日開催:均整センター「施術モデル」募集



3)8月4日、内臓疲労解消ウォーキングの本が発売されました。施術後のお客様へのアドバイスをまとめ、生まれた本です


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg

4)輪ゴム均整の本、好評発売中です。発売から2ヶ月、増刷も決定しました。ご購入下さった皆様、ありがとうございます。より多くの皆様のお役に立ちますように。


e0073240_10004077.jpg



[PR]
by naotknet | 2018-01-13 07:32 | 腕の痛み

40代女性のお客様Nさん。何日か前、大きな会場にコンサートを観に行ったときに、立ったまま、上のほうの席から長時間ステージを見下ろす姿勢をとっていたところ、翌日から腰が痛くなったとのこと。


このような場合、こわばった腰をなんとかしようとせず、前重心を支えすぎて疲れてしまった椎骨を整えるとよいのです。


前重心を支える椎骨を均整法では、頚椎4番、胸椎5番、腰椎1番、仙椎4番と考えます。

e0073240_08223349.png
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


これらの椎骨は連動しており、いずれかの動きが固まると、他の椎骨にも影響を与えます。逆に、固まった椎骨から連動させて、他の椎骨を整えることもできます。


Nさんの場合、辛い腰に近い腰椎1番や仙椎4番よりも、連動を用いて頚椎4番や胸椎5番から整えたほうが体にやさしく、全体のバランスを復活させることができました。


施術後、「コンサートでそんなことになるとは思わなかったので、今日予約しておいてよかったです」と喜んでいただけました。


Nさんの腰は、いわば肉体的疲労からです。


頭の疲れの場合にも、前重心や後重心を支え続ける姿勢から、腰に負担がかかることがあります。


何かに集中して頭を使いすぎているときには前重心姿勢に、頭が疲れすぎてしまうとアゴがあがり背中が丸まった、後重心姿勢になりやすいのです。


精神的ストレスの多い最近を過ごされた、40代女性Mさんは後者でした。加えて繁忙期のため、長時間のデスクワークにより、後重心姿勢に追い打ちがかかった様子。


後ろ重心を支える椎骨は、胸椎1番、胸椎9番、腰椎5番。

e0073240_08224703.png

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


やはり腰椎5番よりも、胸椎1番、胸椎9番から整えていきます。


快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆





ところで胸椎1番は、デスクワークによる腕の不調にも影響します。


腕の「手のひら側」全体を担当する椎骨が胸椎1番。


e0073240_08221239.png

かわいいフリー素材集 いらすとや


たとえばパソコン作業のときに、手のひらの、手首に近い部分(手根)を支えにしながら入力を続けていると、支え続けていた箇所を痛めることがあります。

e0073240_07420437.png
かわいいフリー素材集 いらすとや


この場合、手首だけ整えようとしてもなかなかうまくいきません。


手首の関節を担当している頚椎7番に加えて、腕の手のひら側担当の胸椎1番を整えるとよいのです。


その際、やはり連動を用いて腰椎5番→胸椎9番→胸椎1番、そして腕、手首へとせまっていくと、全身のバランスの乱れの、氷山の一角として現れた手首の歪みを、体にやさしく整えることができます。


ちなみに、腕の「手の甲側」は胸椎6番、「親指側」は胸椎3番……と、先週も登場した下図のような体の各部と各椎骨の相関は、他にもまだまだたくさんあります。

e0073240_07280746.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。


快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(泌尿器型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】



4月24日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集



[PR]
by naotknet | 2017-03-18 08:13 | 腕の痛み

60代女性Aさん。右手首の親指側が痛む。

40代女性Bさん。左手首の手の甲側が痛む。

手首を含め、腕の不調は「肩甲骨」が鍵のひとつ。肩甲骨の内側にコリコリが出ますから、それを整えるのです。

e0073240_07215766.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

Aさんは右内側の上のほう、Bさんは左の下のほうにコリコリがありました。

ただし、いつもお話しするように、全体とのつながりが大事です。さらにその前に病院での受診もお忘れなく。

Aさんはどうやら、家事による右手の使いすぎのようでした。

Bさんはというと、デスクワーク時のパソコン作業がひびいているものの、それだけではなさそうです。

施術をしながらお話を伺っていると、最近、職場のレイアウトチェンジがあったとのこと。

右横にとても気を遣わなければならない上司が移ってきて、常に右側からプレッシャーを受け、そのために左重心になっていたようでした。

左手首だけではなく、左腰、左肋骨、左足首など、左半身全体が固まっていました。

人は緊張して交感神経が働くと左重心になります。右側からのプレッシャーを感じ、なおさら左重心が強くなり続けていたのでしょう。

e0073240_07364784.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

手首から肩周りを整えることもできます。

50代女性Cさんは強度の肩こりでご来院。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

肩というよりも、胸から上がパンパンでした。たとえが失礼ですが、鳩やフクロウが胸を膨らませたときのような感じです。

e0073240_09271769.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

ストレス解消にタバコも吸われますので、肺疲労により肋骨が内側から押し上げられ、肩がきつかったのです。

e0073240_07524142.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

肋骨が押し上げられてふくらんだ分、シーソーのように骨盤が締まりすぎていました。

手首と骨盤が連動する性質(水平相関。下図参照)を用いて、両手首調整で骨盤を解放。いい意味で広げた骨盤に、肋骨をストンと落として差上げました。

e0073240_07553675.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。

本日(2016年11月12日)は「身体均整法学園」来年度生募集説明会です。来年3月まで毎月1回開催しますので、ご興味あればぜひ、ご参加下さいね。



※均整法では「回旋型」「左右型」「前後型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



11月28日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-11-12 08:34 | 腕の痛み

50代女性のお客様Aさん。ご来院の際、お友達についてのご相談を受けました。最近骨折され、病院に通院中とのこと。「均整法的に、何かできることはあるでしょうか?」

「はい、ここ胸椎2番は体内のカルシウムの状態が現れますので、骨折のときに歪みが出やすく、整えるとよいですよ」とお伝えしました。
位置を示すため、Aさんの胸椎2番を押さえると、左側がコリコリと硬くなっていました。

もちろんAさんに骨折はありません。何か別の理由かもと、本日ご来院の理由を伺うと、左腕をバンザイしようとすると、二の腕(上腕)が痛むとのことでした。

水平くらいのところで痛むようです。そっと触らせていただくと、右の二の腕と比べて凝っている箇所がありました。胸椎2番左側の凝りも、この辺りに関係がありそうです。

そう推測しながら仰向けになっていただくと、長い髪で隠れていてわからなかったのですが、右の目尻に絆創膏が。

伺うと、病院で「面疔(メンチョウ)」と言われた、とのこと。ちょっとしたできものができてしまったようです。

これで二の腕の凝りの原因が分かりました。二の腕には、できものや虫刺されその他、要するに体にとって毒になるものがある状態のときに反応の出やすいツボ「奪命(ダツメイ)」が位置しているのです。

奪命(ダツメイ)は、大腸経ラインのそばにありますが、ラインから少しはずれた「奇穴」と呼ばれるツボ。
もうひとつ、足にも同じように解毒(デトックス)に作用する「築賓(チクヒン)」というツボがあります。こちらは腎経ライン上に。
観させていただくと、右足の築賓に凝りがあり、押さえると「痛いですねーっ」と。

左腕と右足、ちょうど対角線の凝り同士で引っぱり合うかたちで、全体として体が捻れています。

築賓をメインに体の捻れをとる「回旋型(捻れ型)」調整により、お帰りになる頃には、上までバンザイができるようになりました。

ちなみに、胸椎2番はカルシウム吸収の他、デトックスとしても用いることができ、奪命との合せ技に最適です。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


身体均整法「講座集復刻版」をお持ちの方は、第6集の「救急均整操縦法」をご覧下さい。胸椎2番と奪命との合せ技が掲載されています。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。



※均整法では「回旋型」「左右型」「前後型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



11月28日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-10-29 08:23 | 腕の痛み

子育て中の30代女性。抱っこのとき、赤ちゃんを左手で下から支えることが多く、左手首を痛めた。

施術の際、仰向けからうつ伏せになるときなど、痛くてベッドに手をつくことができません。

別の50代女性は絵を描くお仕事。やはり手首を使いすぎたご様子で、左手首(左利きなのです)を痛めていました。

ペンや筆を持ってみると分かりますが、手のひらは下を向きます。抱っこでは手のひらが上を向きます。
e0073240_7254629.jpg

「無料イラスト かわいいフリー素材集 | いらすとや 」


それら同じポーズで毎日長時間、力を込め続けるため、手首の関節に歪みが生じるのです。

ベッドに手をつくときの手首の動きは「背屈(はいくつ)」といいます。背屈するための大事なポイントは2つ。

1つは、手のひらの中の細かな骨、特に手首付近の「有頭骨」が、「月状骨」「舟状骨」との間をなめらかに滑ること。歯車がうまく咬み合って回るような状態です。
e0073240_992012.gif

「iris-irisのフリーウェア」


もう1つは、これらの細かな骨全体が背屈の動きをするときに、橈骨と尺骨の間でやわらかく受け止めてもらえること。

橈骨と尺骨で作られる「橈尺関節(とうしゃくかんせつ)」が、普段から滑らかに動いていればOKです。
e0073240_9114384.jpg

「iris-irisのフリーウェア」


赤ちゃんを抱っこするときに手のひらが上を向くと、橈尺関節は「開いた」状態になります(下図の左)。言い換えれば、歯車が噛み合っていない状態。

噛み合っていないまま、周囲の筋肉や腱に負担をかけながら抱っこを続けた結果、橈尺関節が固まってしまいます。

逆にペンや筆を持つかたちは、どちらかというと橈尺関節が締まった状態に近いです(下図の右)。

歯車が噛み合っているとはいえ、それを回すことなく長時間、毎日描き続ければ、やはり固まります。
e0073240_9393263.jpg

ビジブル・ボディ『筋肉プレミアム』


手首を整えるためには、もちろん全身とのつながりが大切ですが、今回は、手首周辺だけにしぼってお話しします。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


有頭骨や月状骨、舟状骨のどれかが出っ張って硬くなっているからといって、それ1個だけを押し込んでもなかなか整いません。

このようなときは、先述の「橈尺関節」に注目します。

固まった橈尺関節がまず動くようになると、月状骨をはじめ、細かな骨全体が締め付けられたような、ロックのかかった状態が解除されるからです。

橈尺関節が滑らかに動くためには、橈骨と尺骨が、手のひらを上に向けたときにはおよそ平行、下に向けたときには上図のようにクロスになる必要があります(上図参照)。

ラインでいえば、前腕の中央。抱っこなど、手の使いすぎで腕がパンパンの方の前腕の中では、橈骨と尺骨がクロス、または平行の、どちらかに偏ったままで固まっているのです。

パンパンになった前腕中央ラインをゆるめることが、橈尺関節の調整になります。

経絡ライン「心包経(下図参照)」に当てはめたり、前腕が左に捻じりやすければ、均整法12種体型「左回旋型」を用いて全身の連動として調整したり。
e0073240_8581475.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


……と、結局手首周辺から、全身の連動へとお話は展開してしまいます。

今回の30代女性は「左回旋型」調整により体幹の捻れが整い、橈尺関節が整うと、手のひらをベッドについて起き上がることができました。

もうお一人も、締め切りに向けて描き上げる手応えをつかんで下さったようです。

手首と全身の連動については、
「手首の痛み(ゴルフ編)」

「手首の痛みは猫背が原因?」
もご参照下さい。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「回旋型」「左右型」「前後型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

9月28日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-09-26 08:26 | 腕の痛み

40代女性。最近、右腕のバンザイが、動作の途中でひっかかり、挙げきれない。肩が痛いわけではない。

前回のブログに、胸椎3番は肺疲労の状況を表すとともに、肩の動きの支点にもなるとお話ししました。
e0073240_1132782.jpg

「iris-irisのフリーウェア」


今回の女性もご来院は8月初旬、今年の立秋(8/8)を越えて、すでに秋「肺」の季節。肺疲労を意識しながら観察を進めます。

胸椎3番の右側に、前回ブログの男性と同じく、やはり硬い凝りができていました。

同じ頃いらした別の女性(30代)は、親指つけ根が痛くなり、整形外科では腱鞘炎と診断されたそうです。

お子さんが生まれて間もなく、子育て中にまず右が痛くなり、かばっているうちに左もとのこと。

神経の流れとしては下頸椎を整えるのも大事ですが、ここでも漢方的に季節を意識するとよいでしょう。

抱っこしたり授乳したりしているうちに、どうしても肩が上がって巻き込んだ姿勢になりがち。胸の筋肉である大胸筋や小胸筋が常に縮こまり凝ってしまいます。

経絡ラインとしては、親指つけ根を通る肺経(下図参照)を常に縮めるかたちに。

よって、下頸椎を整えるとともに、胸の筋肉をゆるめ、神経ラインと肺経ライン、両方を解放する必要があるのです。
e0073240_1135281.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


先の40代女性はデスクに向かっての設計の仕事が毎日長時間に渡っており、後の30代女性は子育てによる肩の巻き込み姿勢。

施術では肺の入れ物である肋骨(胸郭)を自らの姿勢で歪めている状態に、季節の影響による肺疲労が重なったと観ます。

胸郭への施術を視野に入れつつ、胸椎3番を含む均整法12種体型「肋骨型(内界)」調整を選択しました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


今が冬の「腎」や、春の「肝」の季節なら、お二人ともまだ肩や手首はなんとか無事だったかもしれません。

腎は腰椎2番、肝は胸椎9番と、肩の支点である胸椎3番から大きく離れるからです。
e0073240_901095.gif

「iris-irisのフリーウェア」



日常生活上、偏った使い方を強いらなければならない箇所に、季節の影響により疲労した椎骨の位置が重なると、今回のような不調につながります。均整法で体へのダブルパンチを防ぎましょう。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※「内界」について:均整法では肋骨型、骨盤型など、体型を12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

8月24日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-08-22 07:53 | 腕の痛み

80代男性。ゴルフのスイングの最後に左手首が痛い。

スイングの一連の動きを真似してみると分かりやすいですが、右打ちの場合、左手首は下図のように、最後に外に捻る動き(「回外(かいがい)」。ドアノブを回すときの動き)になります。そのときに痛いという状況です。
e0073240_15211415.jpg

無料イラスト かわいいフリー素材集|いらすとや


立った姿勢で上半身を左右に捻ってみると、左には捻じりやすく、右に捻じりにくくなっていました。

腕でも足でも、また例えば「寝違え」などのように首でも、体のどこかに捻って痛い箇所があれば、ほとんどの場合、まず体幹にも捻じり動作の大きな左右差があります。

今回の男性であれば、均整法12種体型では、上半身を左に捻じりやすい「左回旋型(フォーム6)」に分類されます。

脊柱を中心にフォーム6調整を進めるうち、何か感じるものがあったのか、左手首を何度か捻じり「お、大丈夫そう」とのこと。

ここ何度かのご来院の際は、立った姿勢での体幹捻じりには、左右差がほとんどありませんでした。

ただ今回は、3日後に控えたコンペに向けて自宅練習に熱が入り、体幹捻じりの左右差がついてしまい、手首に影響が出た様子。間に合ってよかったです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


体幹の捻れは、手足を捻るときの痛みだけに影響するわけではありません。

ある50代男性は、ここ最近、立ったり歩いたりするときに左脚の外側が痛いとのこと。

上記の80代男性と同じく、全体としてフォーム6状態になっていました。

立った姿勢で上半身を左にどんどん捻っていくと、左脚の外側と右脚の内側に体重がかかっていくのが分かると思います。

日常、ここまで極端に体重のかけ方に差があるわけではありませんが、微妙な左右差は時間とともに積もります。

積もり積もって許容範囲を超えると、この男性のように、左脚外側、もしくは右脚内側の不調につながってくるのです。

具体的なフォーム6調整についても説明したいところですが、とても長くなりますので、ひとつの視点だけお話しを。

均整法では歪みを「頭脳型」「骨盤型」「回旋型」「左右型」など12種類、「12種体型」として分類しています。
e0073240_0233818.jpg

身体均整師会「12種体型シルエットチェック」より


例えば頭脳型では、故障のある椎骨は頭の方向へ、骨盤型では骨盤の方向へ向かって歪む傾向があります。

同様に回旋型では故障のある椎骨は捻れ、左右型では左右に倒れetc. 施術の際、これら、体型と同じ方向に歪んでいる椎骨を選びます。

すると、今回のお二人であれば、「捻れた椎骨」を探して調整箇所に選ぶと、左に捻じりやすくなっている全体の歪み「フォーム6」を、あちこち触ることなく、ピンポイントで整えることができるのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集
 6月22日開催分は、おかげさまで満員となりました。

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-06-13 06:33 | 腕の痛み

昨年12月6日の記事で、左肘の痛みについてお話ししました。今回は春の時期に多い、右肘の痛みについてです。

40代女性。2週間前から右肘が痛くて整形外科を受診。使いすぎによるものでしょうとのこと。

肘を中心に右腕全体を観させていただくと、右肩甲骨の動きの硬さがいちばん目立ちます。

下図は肩甲骨や肋骨を上から見たところ。このように肩甲骨(水色)は本来、肋骨(白色)の上をスルスル滑るように動きます。
e0073240_793770.jpg

「iris-irisのフリーウェア」



「肩甲胸郭関節」と呼ばれます。その関節が、張り付いたようにガッチリ固まっていました。

腕の動きは肩甲胸郭関節や肩関節、肘関節、手首(手関節)などがそれぞれ分担し合っています。

このうちのひとつの動きが悪くなり、他の関節への仕事割り当てが増えた状態で使いすぎると肘を痛めたり、四十肩になったりします。

少々使いすぎても調子の悪くならない人は、肩甲骨も含め、きちんと腕全体で仕事を振り分けているのです。

では、この時期に痛める肘が「右」に多いのはなぜでしょうか。

タイトルにすでに書いてありますが、漢方でいうところの「春は肝の季節」に関わるからです。

右肘は肝臓と隣り合わせるため、肝臓疲労の影響を受けやすいのです(下図参照)。
e0073240_7225465.jpg

「無料イラスト かわいいフリー素材集 | いらすとや 」



この「水平相関」という考え方は、冒頭に紹介した昨年12月6日の記事内で、左肘と膵臓をテーマに詳しくお話ししました。

今回の女性も、その前日にご来院の理容師さん(やはりここ最近右肘の痛みに気がついた40代男性)も、肝臓の凝りが強く、肝臓調整がそのまま肘調整となりました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで10年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


順調であれば、遅くとも次の季節の変わり目「立夏(今年は5月6日)」の前後には、状態は上向きになるでしょう。

季節が「肝」から「心」に移り、肝臓からの右肘への負担が差し引かれるからです。

季節をひとつ、あるいはふたつ以上またいでもなお不調の残る方。内臓疲労が広範囲に及んでいるかもしれません。

ぜひ均整施術で、日常生活のどこに改善ポイントをおけばいいのか、明らかにしてみて下さい。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

【お知らせコーナー】

3月23日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-03-14 07:15 | 腕の痛み