快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧



「背中が全体的に張っていて、きつくて……」と50代女性のお客様Uさん。

他に張っているところはないかと探してみると、右の前腕が左に比べてパンパンでした。

右手首の動きも固くなっていましたので整えていると、前腕の張りがとれ、さらに「背中が楽になってきましたー」と。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

手首のねじれにつられて、体幹もねじれていたからです。

Uさんは仕事柄、長時間のデスクワークが毎日続いています。

よって、手のひらを下に向けたままのパソコン作業が多くなります。
この状況では、手首から肘にかけての2本の骨(橈骨と尺骨)がクロスしたまま前腕全体が凝ってしまい、手首はねじれて動きが固くなってしまいます。

右利きのUさんは、左手首よりも右手首の内側へのねじれにつられて、体幹も同じ方向にねじりやすくなっていました。

e0073240_05401730.jpg

この姿勢により、背中全体の筋肉もねじれたまま過ごすことが多くなり、だんだんと凝って、きつくなってきたのでした。

ねじれたままの背中の張りを、そのまま直接触ってゆるめようとしても無理があります。

逆に背中のねじれさえリセットすることができれば、Uさんのように時間をかけることなく、一瞬で楽になるのです。

その鍵がUさんにとっては右手首でした。

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


『身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『全国の均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


もしも右手首を痛めた方の場合は、Uさんの流れとは逆に、体幹の左ねじれをリセットします。

30代女性のお客様Yさんは、二人目のお子さんが生まれたばかり。

子育てや家事をがんばってこなしているうちに、右手首を痛めたそうです。「長男も甘えん坊だからもう大変で……」とのことでした。

体幹のねじれを整えると、右前腕でクロスのまま固まった骨が解除され、右手首の動きもスムーズになりました。

子育て中の体幹のねじれによる肋骨の動きのわるさは、母乳の出具合にも影響します。

肋骨は骨盤とも連動しますので、産後の母乳の出具合が今ひとつの方は、体幹のねじれや骨盤の調整をお薦めします。

手軽に肋骨を整え、体幹のねじれをリセットするには、拙著『がんばらないストレッチ』内で「風邪ストレッチ」として紹介しているエクササイズがお薦めです。

「郄門(ゲキモン)」というツボを用いて、前腕から肋骨を整えるストレッチです。

張っている側の郄門を逆の手の親指で押さえながら10秒間、気持ちよく背伸びをしましょう。

忙しい1日のうちにたまったねじれリセットストレッチとして、どなた様もご活用下さい。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れてみて下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(ねじれ型)」「前後型」「左右型」「骨盤型」「肋骨型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


1)「身体均整法学園」平成31年度受講生募集説明会を毎月1回開催しています。詳細は「身体均整法学園」説明会ページをご覧下さい。私も担当の一人として毎回会場におりますので、学園のこと均整のこと、何でも聞いて下さいね。


2)11月26日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。


『がんばらないストレッチ』
(田川直樹著・主婦の友インフォス刊)

e0073240_07162709.jpg



4)電子書籍版も発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



5)気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



[PR]
by naotknet | 2018-11-10 06:35

「何日か前から首が、どの方向に動かしても痛くて……」と、40代女性Tさん、50代女性Dさん他数名のお客様。

まったく動かせないわけではありませんが、たとえば「右に向いたときがいちばん痛くてここまでしか向けなくて、左にも少し痛くて、上を見上げるとけっこう痛くて全然見上げられず、うなずいても少し痛くて……」というような状態。今の時期に多い不調です。

病院での検査に異常が見られないのであれば、原因は10月13日のブログ「季節による不調、よらない不調の見分け方(その1)」と同じく、自律神経からです。

少し引用します。

「(前略)『星状神経節を中心に、左首から肩にかけて、深いところからパンパンでした。

e0073240_07241352.jpg

(中略)楽になるのは星状神経節につながる、背骨の左右に沿って走る交感神経のライン(交感神経幹)が、全体的に整うからです。

e0073240_0104885.jpg

左右にある交感神経幹のうち、左側に反応が現れやすいのが今の時期。(後略)」

夏の間の疲れや仕事上のストレスが深まったりすれば、今回のTさんDさんのように、両側に反応が出ることもあります。

ご本人は急に動かせなくなった首に驚いて病院や均整院に駆け込まれますが、本当は急にではなく、ここ何ヶ月かの疲れがパンッ! とはじけた状態なのです。

そのため、暑から寒の季節への、自律神経の切り替わりがうまくいかなかったのでした。

施術が終わり皆様の、「助かりました。これがずっと続いたら、どうしようかと。ありがとうございました」と、ホッとしたご様子を見るとうれしいです。

快風院『均整日記』、おかげさまで14年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


『身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『全国の均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


毎年、季節の変わり目の同じ時期、同じ箇所に不調を起こす方は、仕事や家事他がご自身の許容量を超えていないか、見直す必要があるでしょう。

逆に、去年は首に不調を起こした方が、今年は大丈夫ということもあります。

30代女性Oさん。月に2回、メンテナンス施術にいらっしゃいます。

立った姿勢がここ最近、とてもスッとしていい感じです。

以前は猫背で巻き肩がとても目立っていました。

この巻き肩を作る原因のひとつが、上記の「星状神経節」。

ストレスにより星状神経節が常に緊張状態になると、肩をすぼめたような姿勢になり、長く続くと巻き肩、そして猫背につながります。

Oさんの状況の変化として大きかったのは、夏に入る前に転職されたこと。

転職となると、なれない環境の中、余計にストレスが大きくなり、猫背も巻き肩も強まるような気がします。

伺うと「以前の仕事は今に比べて楽だったけれど、あまり好きではありませんでした。今はハードだけれど、やりがいを感じていますっ」とのことでした。

確かに体は疲れているご様子でしたが、メンタル面での疲れが以前とは違ってとても少なく、やる気にあふれています。

そのため星状神経節をはじめ、交感神経がほどよく働き、姿勢にも反映しているのでしょう。


ところで均整施術によってどのように、自律神経の切り替え不調をリセットするのでしょうか?

知りたい方はちょうど今日、毎年文化の日に開催される台東区「みんなのひろば祭」均整法体験コーナーがお薦めです。

午前10時〜午後3時まで、会場は入谷南公園です。約15分の施術が1回300円で受けられます。ご興味ある方はぜひ体験にいらして下さいね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「回旋型(ねじれ型)」「前後型」「左右型」「骨盤型」「肋骨型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


1)「身体均整法学園」平成31年度受講生募集説明会を毎月1回開催しています。詳細は「身体均整法学園」説明会ページをご覧下さい。私も担当の一人として毎回会場におりますので、学園のこと均整のこと、何でも聞いて下さいね。

※11月は本日、午前10時から開催します。飛び込み参加可能ですので、直接会場にお越し下さい。


2)11月26日開催:均整センター「施術モデル」募集


3)自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。


『がんばらないストレッチ』
(田川直樹著・主婦の友インフォス刊)

e0073240_07162709.jpg



4)電子書籍版も発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



5)気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



[PR]
by naotknet | 2018-11-03 05:29 | 自律神経