人気ブログランキング |

快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2019年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧



40代女性のお客様Uさん。ふくらはぎが張って辛いとのこと。

「特に右が……」とおっしゃっていました。

触らせていただくと、確かに両方とも張っていて、右側がより強いです。

服の上から、おへその右下くらいのあたりのところを軽く押さえさせていただくと「うっ」と苦しそうです。

「そこはなんですか?」との問いに、「副腎(下図の赤丸、腎臓の上の黄色っぽい臓器)の疲れ度を表すツボです」とお答えしました。

おへその左右ななめ下のところには腎経ライン上の「中注(ちゅうちゅう)」というツボがあり、副腎疲労の反応が出やすいのです。

e0073240_12062583.jpg
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂

左も張っていましたが、やはり右が強く出ていました。


このような場合には、セルフケアでも活用できるような技を用いて施術をスタートします。

手軽にできる副腎疲労解消は、「足の小指回し」。

足の小指は漢方でいうところの「腎」に関わりが深く、うまく操作すると副腎疲労解消になります。

比べると、やはり右側が付け根から硬くなっていましたので、よく整えて柔らかくしてから、もう一度おへその下を押させていただくと「痛くない!」と。

「ふくらはぎもとても軽くなりました。これまで一生懸命揉んでいたのに……小指を回すだけでよかったんですねっ」

もちろん、その後は背中からも「胸椎11番」など、副腎疲労解消に大切なところをしっかり整えさせていただきました。

ふくらはぎは副腎疲労により張りやすいのです。詳しくは下記2014年6月14 日のブログをご覧下さい。


「おうちでもよく回して下さいね」とお伝えすると、「はい(主人に)伝えます」(=回してもらいます)と笑いながらおっしゃっていました。

快風院『均整日記』、おかげさまで15年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆

肝臓疲労から足がつりやすくなっている人も多いです。その場合は足の親指が硬くなっていますので、セルフケアとして親指回しをお薦めします。

すべての不調を均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れて下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(ねじれ型・泌尿器型)」「肋骨型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※当ブログ更新の通知を、下記リンク先から設定できますので、ご利用下さい。

更新を通知する

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


◯「カラダのバランスの整え方」セミナー参加者募集

NHK文化センター川越教室​にて、7月〜9月まで月1回開講しています。


8月26日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集


自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。




◯単行本、電子書籍版ともに発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2019-07-27 07:34 | 足の痛み | Comments(0)

40代男性のお客様Yさん。右腰からお尻、脚にかけて痛む。

病院では坐骨神経痛と診断され、仕事もしばらく休み、なんとか動けるようにはなったものの、まだまだ辛いです、とのこと。

以前に別の不調でご来院の際、施術をさせていただきました。

そのときと今回とで目立った違いは、まさに坐骨神経の名称とも関わる「坐骨」の状況でした。

左右の坐骨を結んだ線の高さに差ができていました。


腰が少し重いとか痛いであれば、骨盤には、たとえば仰向けに寝て膝を左右に倒したときに、どちらかがわずかに倒しにくいなど、ほんの少しの歪みしかありません。


下図のように坐骨の位置もそろっています。以前のYさんもそうでした。

坐骨の位置にまで差が出てきたということは、歪みが深まった状態。骨盤全体の「捻れ」だけだったところに、「左右の高さ」の差が加わったのです。

均整師の仕事は、この骨盤の歪みを中心に、全体のバランスを回復させることです。

痛んでいる骨盤や脚への直接施術は必要ありません。全体のバランス視点から観ると、必ず他との連動がありますから、そちらから整えていきます。

立った姿勢では、右肩が大きく下がっていました。


バンザイをしても右肩の動きが硬く、腕が上がりにくい状態。

痛くはないとのことでしたので、右肩の動きを整えて、左肩との高さもそろえると、連動して右の坐骨が引き上がりました。


施術後は「ほんの少し、楽になったような気がします」とのことでしたが、ここは坐骨のかたちがしっかり整ったので、施術は終了。

3週間後、再びご来院の際、「前回の施術の翌日からグングン調子がよくなって、もうなんともないです」と、うれしいコメントをいただきました。

全身のバランスが乱れたままだと、体は自身を治す流れに乗れません。

均整施術では、全身のバランスを無理なく整えて、体が自己治癒力を発揮できるようにすることを目標にします。

Yさんの骨盤には「捻れ」+「左右の高さ」の、ふたつの歪みが重なっていました。

さらに慢性化すると、坐骨同士の距離が近づくなど、歪みがどんどん重なっていくのです。

歪みがいくつも重なる前に、ぜひ均整施術でケアして下さいね。

快風院『均整日記』、おかげさまで15年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆

9ヶ月目に入るNHK文化センター川越教室「カラダのバランスの整え方」講座では、重なる前の歪みをひとつひとつ取り上げ、基礎からお伝えしています。

たとえば立った姿勢で体を前後曲げ、左右曲げ、左右ねじりと6つの方向に動かしてみて、いちばんやりにくかった、あるいはやりやすかったのはどれかを調べ、どう整えるかを勉強します。

Yさんの骨盤にふたつの歪みが重なっていたように、不調が深まるほど、これら全身の動きにも、歪みは重なります。

「前と右に曲げにくい」「後ろに反りやすいが、左にねじりにくい」などです。

講座では分かりやすくするために6動作から学びますが、均整法では全部で12動作あります。

これらがいくつも重なると、一見すると歪みがないように見えることも(下図の4参照)。


施術を何度か繰り返すうちに、重なっていた歪みが現れては消え、次の歪みへと進みます。

どんなに深まった、あるいは原因の分からない不調の方でも、歪みがたくさん重なっているととらえ、このようにひとつずつ丹念にほどいていくとよいのです。

すべての不調を均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れて下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(ねじれ型・泌尿器型)」「肋骨型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※当ブログ更新の通知を、下記リンク先から設定できますので、ご利用下さい。

更新を通知する

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


◯「カラダのバランスの整え方」セミナー参加者募集

NHK文化センター川越教室​にて、7月〜9月まで月1回開講しています。


7月22日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集


自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。




◯単行本、電子書籍版ともに発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2019-07-20 08:01 | 整体って?

50代男性のお客様Dさん。右首から肩にかけての張りや凝りを感じるとのこと。

ときどきなるそうです。もうずいぶんと前からだそうで、ひどくなると頭痛につながることも、と。

触らせていただくと、左の首・肩周りに比べて、パンパンに張っていました。

右の首や肩の張りや凝りで多いのは、パソコンのマウス操作などでの、右腕の疲れからくる場合です。

右腕を整えていくと、首や肩も楽になります。

Dさんの右腕を整え始めましたが、右手首の芯の硬さがなかなかとれません。

こういうときにはしつこく追いかけずに、他の原因を探ります。

お腹を触らせていただくと、右の下腹部にも張りがありました。

大腸と小腸のつなぎ目は「回盲弁(下図の赤丸付近)」と呼ばれ、凝りが起きやすいのです。


手首と腸は、均整法視点からは、様々なルートでつながっています。たとえば大腸経ライン(下図参照)を通じて。

均整法独特の考え方として、下のイラストのような「水平相関」という流れもあります。同じ高さにある部位同士が連動するのです。
Dさんの回盲弁近く、右の骨盤の動きも硬くなっていました。

神経から観ると、迷走神経(下図参照)を通じて。

腸疲労が赤いラインを通じて右首に、さらにそこから右腕に伝わるのです。

これらのルートを用いて、Dさんの腸疲労解消施術を右首から肩、そして手首へと伝え、整えることができました。

快風院『均整日記』、おかげさまで15年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆

先日の「身体均整法学園」大阪校担当授業では、逆に手の人差し指から、大腸経ラインを通じて骨盤を整える技を実習しました(下記リンク内のブログの後半「月経痛」をご覧下さい)。


すべての不調を均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れて下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(ねじれ型・泌尿器型)」「肋骨型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※当ブログ更新の通知を、下記リンク先から設定できますので、ご利用下さい。

更新を通知する

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


◯「カラダのバランスの整え方」セミナー参加者募集

NHK文化センター川越教室​にて、7月〜9月まで月1回開講しています。


7月22日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集


自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。




◯単行本、電子書籍版ともに発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2019-07-13 07:58 | 肩こり

20代女性のお客様Mさん。右足首の外くるぶし側が痛い。

特に、朝起きてベッドから降りたときの一歩目が辛く、日中は痛くないこともあるそうです。

全体の姿勢は、前回記事(2019年6月29日)Fさんと似ていました。

ただ、巻き肩はありませんでした。

Fさんは右後ろ重心を、右肩を前に持っていくことでバランスをとっていました。


今回のMさんは右肩ではなく、右のかかとで、ギリギリのところで踏ん張ってバランスをとっていたのです。

e0073240_09424263.jpg

その持続的な疲れが足首に出た様子。

特に足首をひねったわけでもなく、病院での受診で異常がなければ、無意識に右足首にかかる体重を分散できるよう、全体の姿勢を整えていきます。

ポイントは、やはりFさんと同じく肝臓疲労調整でした。

e0073240_09460939.jpg

肝臓は「かわいいフリー素材集 いらすとや」さんより

その後、Fさんとは逆にねじれていた骨盤調整。

Fさんは右肩の巻き込みと同じ方向に、Mさんは右の足首に乗る方向に骨盤がねじれていました。

e0073240_09543025.jpg

ここからもお二人の、右足首にかかる負担の違いが分かります。

施術後のMさん、立って快調に足踏みをして下さいました。

快風院『均整日記』、おかげさまで15年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆

また、普段ストレッチをするときに、仰向けで右膝を胸につける動作がしにくかったのも、しやすくなったそうです。

右足首から右腰にかけて体重をかけ続けていたことで骨盤の右側も硬くなり、前に回転した状態でくせづき、膝を胸につける動きをじゃましていたのです。


健康のためにストレッチやヨガなどに取り組んでいる方。やりにくいポーズがあれば、全体の姿勢がかかわっていることも多いです。一度均整施術でチェックをしてみませんか? 

今日はこれから「身体均整法学園」 大阪校の担当授業へ。下記リンクは前回4月の授業風景です。


もうすぐ受講生の皆さんは卒業の時期。熱い2日間になりそうです。

すべての不調を均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、毎日の生活の中に取り入れて下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(ねじれ型・泌尿器型)」「肋骨型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。

※パソコンからご覧でしたら、あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります。

※当ブログ更新の通知を、下記リンク先から設定できますので、ご利用下さい。

更新を通知する

※施術のご予約・お問い合わせはこちらまで快風身体均整院メールフォーム


【お知らせコーナー】


◯「カラダのバランスの整え方」セミナー参加者募集

NHK文化センター川越教室​にて、7月〜9月まで月1回開講しています。


7月22日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集


自律神経バランスを整える手軽なストレッチの『がんばらないストレッチ』、発売中です。




◯単行本、電子書籍版ともに発売中です『夕刊フジ(産経新聞社発行)』公式サイト「zakzak」でも紹介されました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!』

(田川直樹著・さくら舎刊)

e0073240_10000818.jpg



気になる不調解消ポイントに輪ゴムを巻いて歩くことも、ぜひお試し下さいね。



by naotknet | 2019-07-06 05:56 | 足の痛み