快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

足の長さの違い


先日当院掲示板に次のようなご質問をいただきました。掲示板上にお返事させていただいたのですが、こちらのブログを読んで下さっているみな様にも役立つと思い、転載させていただきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2005/7/15 12:32 みね
はじめまして。
お聞きしたいことがあります。
以前からなんですが、右足と左足の長さが微妙に違うような気がしてます。
両足で立ってる時やズボンを両足同じ長さに詰めているのに左だけ長い気がします。
このような症状も治るのでしょうか?
教えてください。
宜しくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2005/7/15 22:43 みね様へ(その1)
こんにちは。ご質問ありがとうございました。足の長さの違いには、いろいろな意味があります。
仰向けに寝た状態で比べた場合に、その代表的な例を挙げてみると、
(1)足の骨の長さ自体が左右で違う:これは残念ながら均整法の施術では整えることができません。
(2)骨盤の歪み:股関節の位置が左右で違ってくるので、見かけ上、足の長短に差が出ることがあります。均整法の守備範囲です。
(3)自律神経の乱れ:骨盤の位置が正常でも、なおかつ右足が短く見えるとすると、右腰や右足の付け根付近の緊張により、やはり見かけ上、右足が短く見えることがあります。副交感神経が働き過ぎている場合によく起こります。ちなみに左足が短く見える場合は左腰の緊張から交感神経が働き過ぎていると均整法では考えます。どちらも均整法の守備範囲になります。(その2へ続きます)

2005/7/15 22:35 みね様へ(その2)
横座りの習慣などはございませんか?さらには、内臓の慢性的な疲れが骨盤の位置を変えたり(例えば肝臓の疲れであれば右の骨盤が内側に巻き込んだり等)、自律神経のバランスを乱したりもしますから、均整法では体の内外の状況をすべて視野に入れて施術を進めていきます。ご参考になりましたでしょうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上です。少し補足させていただきますと、(1)では、骨の長さ自体を伸ばすことはできませんが、現在の状態において、その方が本来持つ最善のバランスに整えていくことはできます。

(3)では、骨盤の位置が正常というのは、骨盤そのものに捻れなどの歪みがないという意味です。歪みがなく、左右が整った骨盤であっても、例えば右腰の筋肉が緊張して縮まることで、骨盤の右側を上に持ち上げる為、足も右足が上に引っ張られることになり、足先で比べた場合、見かけ上、右が短く見えるのです。

右腰の筋肉が緊張していて、その期間が長引いているとすれば、骨盤は正しいかたちでも、背骨の腰の部分(腰椎)に歪みがあることも考えられます。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-07-17 11:40 | 足の長さの違い

腰痛


慢性的な腰痛で、何度かぎっくり腰的な状態もご経験の方の中には、その前兆として、いつもとは違う、腰の重だるさなどを感じられることもあります。そのときの腰には様々な状態がありますが、ひとつの例としては、腰というよりお尻を上下に半分に分けたときの上の方、仙骨の上部の辺りが重だるい、うずく、置き所がない、などの違和感を訴えられる方が多いです。

そのようなときにみさせていただくと、お尻の上の違和感部分には張りがなく、へにゃっとしていることがよくあります。

お尻を上下に分けて上半分は副交感神経、下半分は交感神経のゾーンになりますから、上半分がへにゃっとしていて下半分が緊張しているということは、その方の交感神経が高ぶり、逆に副交感神経は働きが鈍っているとみることができます。要するに、からだ全体としては緊張状態が続いているのです。

ハードなお仕事などのストレスにより緊張した心と体は、その日のうちにリセット、リラックスさせるのがベストですが、それがうまくできずに毎日少しずつ積み重なっていった場合に、上記のような状態になります。

また、女性は交感神経で働く子宮卵巣などが働き過ぎている場合にもそのような状態になります。

このような場合には、腰そのものの施術よりも、交感神経の高ぶりを鎮めて全身の自律神経のバランスを取る施術により、お尻全体にふっくらと弾力が戻り、その上の腰も安定して収まってきます。

※こちらもどうぞご参考に。快風院 症状別体型紹介ページ『下半身の症状』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-07-14 10:20 | 腰痛

寝違え


最近、寝違えやそれに似た症状でのご来院の方が増えています。寝ている間にばかりでなく、朝起きたときや日中、首を伸ばしたり回したりしたときに「ピキッ」とか。

体が元気なときなら、もちろんこういうことはありません。ギックリ腰もそうですが、首や腰が、あと1回引き金を引けば、いつでも「グキッ」「ピキッ」になりますよ〜という、土台ができあがっているときが要注意です。

その土台になるのが、内臓の疲れです。首の右側であれば腸、左側は肝臓の疲れが極まっている場合がこのところ多いです。

だんだん暑くなって、冷たい物をたくさんとったり、冷やし中華やスイカなどもお店に並ぶようになったり、また、暑いのと寒いのがごちゃまぜのこの時期でもありますから、エアコンの調節をどうしようか微妙で、つい冷やし過ぎてしまったりと、お腹の中まですっかり冷やされてしまう環境は充実しています。

施術としてはこの図の神経の流れに沿って疲れた内臓を特定して疲れや緊張を解いた後(例えば右側の寝違えで、腸の疲れがその土台になっているならば、まず腸の緊張を解きます)、痛くない範囲内から、徐々に首の動きをつけていきます。ちょっとでも動かすと痛い方には、無理に首は触りません。均整法では足の甲からの反射で首をゆるめていきます。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-07-07 12:05 | 寝違え

さらに病院での治療によって病気そのものを取り除くことができたあとも、引き続き胃に歪みが集中しない体型を維持するようにすれば、再び同じ病気を繰り返さないよう、予防にもつながりますし、もともと病気ではない方も、事前に自分はどの内臓に疲れが集中しやすいのかを知り、その歪みを常にとっておくことで、その後もずっと病気とは縁のない生活を送ることができます。

例えばタバコを吸ってもいないのに肺ガンになる方もいらっしゃる一方で、ヘビースモーカーであるにも関わらず、80歳、90歳と長生きしていらっしゃる方もいるのはなぜでしょうか。‘体質だから’と一言で済ませることもできるのですが、そのようなことも均整法12種体型の分類に当てはめることで事前に知ることができますから、もしも自分がタバコに弱い体型・体質だと分かれば、禁煙への動機付けにもなるかもしれません(ただし、強いと分かっても、今以上にがんばって吸うことはしないで下さいね)。

長々と書いてまいりましたが、覚えておいていただきたいのは、「病前」「病中」「病後」のうち、医学は主に「病中」を、整体、特に均整法では主に「病前」「病後」を担当するということ。さらに「病中」であっても、場合によっては病院の治療と併用することで自己回復力を高めたり、お薬で弱った体を元気にすることができます。そして医学でいうところの病気ではない状態なのに、なぜか痛い、苦しい、不調であるといった「病前」(=正常な各部分同士の連動のバランスが崩れている状態)が、いちばん整体の神秘さを発揮しやすい時期だということです。(終わり)

※ 今回「姿勢的」な視点から身体各部の連動の例を挙げましたが、他に「神経的」「血流的」な連動もあります。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-07-06 10:34 | 肩の痛み

いちばん整体の神秘さを発揮するのが難しいのは、この例でいうと、肩よりも胃の疲れがピークを超えてしまったときです。要するに胃に関する何らかの病気の状態です。

こうなると、まずは病院での診察・治療が最優先です。ではここまでくると整体の役目はまったくなくなってしまうのでしょうか?いえ、やはりまだここでも整体のやれることはあります。

胃の病気の方、あるいは胃が疲れやすい方は、整体の視点から観ると、やはり胃に歪みが集中しやすい体型をしています。病院での治療と並行して、整体の施術で胃を中心とした歪みの体型を常に解除しておくことで、やはり自己回復のスピードをあげることができます。(次回に続く)

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-06-29 09:18 | 肩の痛み

(前回の続き)改善にはいちばんよいこの機会を逃してそのまま放っておくと、肩への負担はピークを超え、肩の筋肉や靱帯そのものにも炎症が起こってくるかもしれません。俗に言う「四十肩・五十肩」の状態です。こうなると整体の神秘的さを発揮するのは難しくなります。

しかし、例えその状態になったとしても、同じ手順の施術で全身のバランスを取り直すことは、肩にいちばん負担のかかりやすくなっていたその人独自の姿勢を改善しますから、肩が位置的に楽になり、何もしないでいるよりも、自己回復は数倍のスピードで進行します。まだなんとか整体の神秘さを発揮できる範囲であることも多いです。(次回に続く)

※こちらもどうぞご参考に。快風院 症状別体型紹介ページ『四十肩・五十肩』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-06-23 11:33 | 肩の痛み

整体って神秘的?


Mr.マリックさんがテレビに出てブームになった頃って、私が20歳くらいだったでしょうか。500円玉にタバコを通すとか、手の中の葉っぱがめだかになって、川に放すと泳いでいったり。

超能力とかUFOとか、不思議なこと神秘的なことが大好きでした(今でも)。本に載っていたUFO探知機も作った。。。いや、小学生だったので自作は無理で、父に頼んで作ってもらったこともあります。

「長年の痛みが一度の施術で改善」。整体にもこんな、一見神秘的な出来事があります。超魔術のようにタネはありません。ただし、条件はあります。何でもかんでも一度で、というわけではないのです。インパクトのあるエピソードだけが一人歩きして、「整体って不思議〜。」となることがあるのだと思います。

さてその条件ですが、医学的に見て「組織や器官(目、耳、肩、腰、手足、胃、肝臓、腸など)そのものには異常がない状態」であるということです。つまり、各部分そのものは病気やケガではない状態です。

「じゃ、何で痛いの?」となりますよね。それは、器官のひとつひとつには異常がなくても、連動して働くそれらを全体として眺めた場合に、その連動のバランスが崩れて起こることがあるからです。

肩と胃の連動を例に挙げてみましょう。胃が慢性的に疲れてくる(しかし胃炎とか、病気の状態ではありません)と、胃の真裏にあたる背中‘中胸背部(6/9分を参照して下さい)’のところが盛り上がり、見た目として猫背になってきます。

ちょっとその場にお立ちになって、猫背の姿勢を作ってみてください。その猫背のまま両腕をバンサイしてみましょう。次に背すじをきちんと伸ばして、もう一度バンザイしてみてください。どちらが挙げやすかったですか?背すじを伸ばした方が挙げやすかったと思います。

このように、胃の疲れで猫背になっている人の肩は、正常な姿勢の人よりもずっと動きを制限された中で日々活動しているのです。一見小さなことですが、それが毎日積み重なると、肩にとっては大きな負担となります。ここまでは肩そのものにはまだ異常はないですが、「横や後ろには挙がるけど、前にどうも挙がりにくいんだよな〜。」など、動きの違和感が出てきたり、場合によっては痛みにつながることもあります。

整体が神秘的に見えるのは、まさにこの時。正常な部分同士の、単なるバランスの崩れであるこの場合、胃の疲れを取って猫背を整える施術だけで、肩は再びよく動くようになります。(次回に続く)

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-06-17 12:02 | 肩の痛み

がんばり過ぎ


最近、がんばり過ぎて体調を崩している女性のお客様を施術させていただく機会が多いです。仕事や家庭、その他プライベートなどで気持ちも体も緊張する場面にたくさん遭遇しているのだと思います。

緊張するような場面では、ドキドキしたり冷や汗をかいたり体がこわばったりしながらも、がんばってそれを乗り切ります。自律神経で言えば、体は交感神経を働かせてその状況に対処している状態です。何かとっさのことが起こってもすぐに反応できるよう、体が常に準備しているのです。

その後、緊張の場面を乗り越えたとき、気持ちも体も切り替えてすっとリラックスできれば(交感神経の興奮を鎮められれば)問題はなく、体調を崩すこともないのですが、例えば仕事が終わって自宅に帰ってからも体の緊張を無意識に続けてしまう方、それが少しずつでも毎日積み重なっていくと、どうなるでしょうか。

体が緊張し、交感神経が興奮し続けていると、例えばそれとは逆の副交感神経で動いている胃はうまく働けず、ブレーキのかかった状態のままになりますから、そのまま続くと胃の不調につながることがあります(交感神経と副交感神経はシーソーのような関係にあるのです)。

まだブレーキのかかり方が弱いうちなら、物を食べたりお酒を飲んだりして胃に動いてもらうことで副交感神経を刺激して、交感神経に鎮まってもらうという方法もあります。多くの方は無意識にこれをやっています。物を食べるとホッとしたりしますが、それは胃が動いて、リラックスの神経である副交感神経が働き出すという仕組みがあるからなのです。

ただし、その習慣が度を超えて常に食べ過ぎたり、残業が終わって帰宅した遅い時間に食べたりし続けると今度は、働きっぱなしの胃や肝臓といった消化器系の内臓が疲れ果て、その状態が主に副交感神経を経由して肩や腰、目などに現れたりします。

大きく分けるとこのふたつの状態が、慢性的な体の疲れにつながっている女性が多いのです。

5月19日分でもお話ししましたが、胃や肝臓の疲れ過ぎにより、それらを包んでいる肋骨が締まってきて、骨盤は逆に開いてくる傾向もありますから、体調のよさはそのまま見かけの美しさにもつながります。どうぞ無理なダイエットなどの方法で外見だけを変えようとせず、内臓から元気にして、体の内も外もきれいになって下さいね。

※こちらもどうぞご参考に。『均整法と美容』 『自律神経失調』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-06-14 13:26 | 自律神経

30代女性。立った姿勢では右肩下がりで、右骨盤(腸骨)下がり

右の肩が下がるということは、その下にある肋骨も下がり、その中に収まっている肝臓に疲れがあるのではないかという予想が立ちます。肝臓は静脈血の流れの重要な中継点(こちらの「血液循環図」をご参照下さい)であるため、施術においてとても大切なポイントです。

次に動作の確認では、上半身をねじる動作で右に比べて左にねじる方が圧倒的に楽。これは均整法でいうと汗や尿、便など、体から排出されるべきものが出にくいタイプと観ることができます(ちなみに右にねじるのが楽な場合は、逆に出がよすぎてしまい、下痢などに通じるタイプです)。

施術は肝臓調整+全身の左捻れを取る調整を中心に進めて行くことになります。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-06-10 12:17 | むくみ(浮腫)

毎年6月と10月に身体均整師会主催の全国講習会が行われます。全国の均整師達は学校を卒業後も、この年2回の講習会や、毎月の各支部研修会、その他いろいろな先生が主催する勉強会などを通じて、常に技術の向上に努めています。

今回も多くの均整の先輩、後輩、同期が集まりました。技術向上の他に、この同窓会的な面も大きな楽しみのひとつなのです。

今回東京開催だったので、うちにも同期をはじめ何人かに泊まってもらい、連日夜遅くまでみんなで飲んだり話したりして、楽しく有意義な時間を過ごしました。

その分睡眠時間は普段より大幅に減り、逆に食事やお酒の量は普段より増えるわけですが、そうなると均整師として気になるのが、みんなの背中。講習会会場へ向かう道々、見るとはなしにそれぞれの背中に目がいったとき、いちばん目立つのが中胸背部右側の張り具合でした。

e0073240_13535558.jpg


上の写真で私が押さえている部分がそうですが、この位置には肝臓が納まっています。暴飲(特にお酒)暴食、睡眠不足が肝臓を疲れさせるのはよく知られているところ。その影響が体の歪みとして現れる場合のポイントのひとつがこの中胸背部右側なのです。そのセオリー通り、みんなの中胸背部右側はパンパンに張っていました。ちなみにが疲れた場合は左側に出ます。

一時的な肝臓疲れであれば、少し休めば中胸背部の張りはもとに戻りますが、今回のような生活習慣が日常的になっている場合は肝臓の疲れが慢性的になって、張りもどんどん強くなって盛り上がり、見た目として猫背の姿勢にもなっていくなど、その影響は体にとって大きなものとなります(詳しくは『肝臓と整体の情報館』もご参照下さい)。

しかしそこは均整師集団。最終日の朝にはお互いの肝臓調整を施し、大阪、北海道へと、それぞれ元気に戻って行きました。また10月の広島で会いましょうね。

※写真は5日に開催された中野区スマイルまつり健康講座の様子です。多数のご来場ありがとうございました。なお、猫背についてはこちらも参考になさって下さいね。 快風院 症状別体型紹介ページ『猫背』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

# by naotknet | 2005-06-09 09:28 | 肝臓